.cobu動画コンテンツ

スキーの回旋が苦手な方へ!腹斜筋の使い方

こんにちは、小保内です。

今週の.cobu動画をお届けします。

今回は回旋が苦手な方へお届けする動画です。

回旋を行うためには、股関節の内旋、外旋・・といった事は多くの方がご存知かと思います。

つまり、回旋が苦手な方は股関節を使えていない!

ということになりますが、「先生!じゃあどうやったら使えるようになるのか教えてくださいよ!」

といった声が聞こえてきたりします^^

今回の動画は、その肝心な股関節が使えるために”腹斜筋”に注目した体の使い方になります。

参考になれば幸いですm(_ _)m

※無料会員登録の後に、有料会員にアップでグレードして頂くか、単品でご購入(500円〜)して頂くと動画をご覧頂けます。

ここから先は、会員限定コンテンツです

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員についてはこちらから

会員の方:会員ログイン / 会員でない方:無料会員登録

会員登録せずにこの動画を購入

首の傾きがターンに与える影響を考える

こんにちは、小保内です。

今週の.cobu動画をお届けします。

今回のテーマは首の傾き

ターンの内側に首を傾けると内倒するというのは想像しやすいと思います。

では、反対に首を傾けるとどうなるか?というと、脇腹や骨盤の高さにまで影響を与え、ターン時の安定した体の使い方につながります。

以前紹介した背骨のうねりのトレーニングと一緒に取り組んでみてください!

※無料会員登録の後に、有料会員にアップでグレードして頂くか、単品でご購入(500円〜)して頂くと動画をご覧頂けます。

ここから先は、会員限定コンテンツです

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員についてはこちらから

会員の方:会員ログイン / 会員でない方:無料会員登録

会員登録せずにこの動画を購入

本当の前傾姿勢を手に入れるトレーニング

こんにちは、小保内です。

前々回の「胸郭の前傾」

前回の「ストックの基準」

から、シリーズっぽくなりましたが、今回のテーマは、

「骨盤と胸郭を前傾させるトレーニング」

になります。

トレーニングといってもちょっとした重り一つでできる簡単なものです。

骨盤を前傾させるのと同時に、胸郭を前傾させるられるか?

本当の前傾姿勢としてめちゃくちゃ大事なわけですが、

(骨盤を一生懸命立てようとして、妙に背中が反っている人見ますよね)

この2つを両立するためのご自宅でできるトレーニングです。

知識として持つだけでなく、実際のスキーに活かせるようご自身の体を使えるようにして頂ければと思います!

※無料会員登録の後に、有料会員にアップでグレードして頂くか、単品でご購入(500円〜)して頂くと動画をご覧頂けます。

ここから先は、会員限定コンテンツです

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員についてはこちらから

会員の方:会員ログイン / 会員でない方:無料会員登録

会員登録せずにこの動画を購入

ストックの構えはこれで決まり!肩甲骨のゼロポジション

こんにちは、小保内です。

今週の.cobu動画は、前回の胸郭の前傾と関連して、ストックの構えの基準を作っていきます。

今回の動画をご覧になると、「ストックはどう構えるのが正しいのか?」が明確になります。

おそらく、これでもうストックの構えはあーだこーだ言う必要はなくなります。

私自身、この撮影のあとに、アルペンレーサーやモーグル選手の滑りを見て、理にかなった構え方とそうでない構えがわかったと同時に「シルエットうんぬんという話は2度とするまい!」と心に決めました笑

人間から肩甲骨が無くならない限り、ストックはどう構えるのが正しくて、そしてどういう使い方がNGなのか?はこれで決定といっていい動画になっていると思います。

今回の動画は「ぜひ参考に!」ではなく、必ず知っておいてくださいね!

※無料会員登録の後に、有料会員にアップでグレードして頂くか、単品でご購入(500円〜)して頂くと動画をご覧頂けます。

ここから先は、会員限定コンテンツです

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員についてはこちらから

会員の方:会員ログイン / 会員でない方:無料会員登録

会員登録せずにこの動画を購入

骨盤前傾の落とし穴!スキーにおいていかれないための胸郭の前傾

こんにちは、小保内です。

今週の.cobu動画をお届けします。

公開済の動画一覧はこちら

滑り出しの姿勢として、骨盤の前傾については、もはやよく言われている事ですが、今回は骨盤の前傾だけではなく、胸郭の前傾をテーマに動画を撮影してきました。

骨盤を前傾させたがために胸が空を向いてしまうような背中が反りすぎのパターンは意外にも多く見かけます。

ぜひ骨盤の前傾とともに、胸郭の前傾を知る事で、正しい前傾姿勢を身につけてみてください。

簡単なエクササイズも紹介していますので、どうぞご覧ください。

※無料会員登録の後に、有料会員にアップでグレードして頂くか、単品でご購入(500円〜)して頂くと動画をご覧頂けます。

ここから先は、会員限定コンテンツです

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員についてはこちらから

会員の方:会員ログイン / 会員でない方:無料会員登録

会員登録せずにこの動画を購入

スキーで上半身と下半身の連動を高める”背骨のうねり”トレーニング

こんにちは、小保内です。

今週の.cobu動画をお届けします。

公開済の動画一覧はこちら

今回は上半身と下半身の連動性を高めるトレーニングをご紹介します。

「背骨をうねらせる」がキーワードになる今回のトレーニングですが、動画の中で小澤さんが言っているように、いわゆる運動能力そのものに関わる動作です。

今回のトレーニングで、脇腹、骨盤、股関節の連動性を高め、ご自身の本来の運動能力を呼び覚ましてみてください。

※無料会員登録の後に、有料会員にアップでグレードしていただくことで動画をご覧頂けます。

ここから先は、会員限定コンテンツです

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員についてはこちらから

会員の方:会員ログイン / 会員でない方:無料会員登録

会員登録せずにこの動画を購入

スキーに必要なのは動体視力ではなく周辺視である

こんにちは、小保内です。

今週の.cobu動画をお届けします。

公開済の動画一覧はこちら

今回のテーマは目です。

個人的な話なのですが、昨シーズン、妙にスピードに弱くなった感じ「目の衰えではないか?」と、ふと思いました。

スピードを上げて滑ろうと思うと、なんとなく目が追いついていかないような気がして怖さを感じたのです。

きっと動体視力の衰えだ!

スポーツといえば動体視力

そんなイメージもあり、小澤トレーナーに相談したところ、「動体視力は関係ないです」との答えをズバッと頂いてしまいました(笑)

今回はそんな、「目」に関するお話をしていただきましたので、ぜひご覧頂き、普段の生活から注意してみてください。

※無料会員登録の後に、有料会員にアップでグレードしていただくことで動画をご覧頂けます。

ここから先は、会員限定コンテンツです

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員についてはこちらから

会員の方:会員ログイン / 会員でない方:無料会員登録

会員登録せずにこの動画を購入