最新動画・スキーを思い通りに動かすためのピボット操作を配信開始しました!

インストラクター及び研修生を募集しています

まずは恐怖心をなくして降りられることが重要で、それをしっかりと指導してくれるこのレッスンは、私にとって大きなターニングポイントとなりました。

こんにちは、小保内雅行です。

1月に奥利根スノーパークでのコブレッスンにご参加頂いた、安納順一様よりレッスンの感想を頂きましたので紹介させて頂きます。

連続した二日間、初級コースに参加しました。

初日は以前から苦手だった、安定した横滑り、それも真下方向への横滑りを徹底的に指導されました。

特に苦手だった右回り、つまり左の外向傾を即座に指摘され、常にそれを意識する一日。その夜の下半身の筋肉痛といったらww 午後には中急斜面を使った連続横滑りとプロペラターンの練習。これは翌日のためのコブ内での動作、そしてそのためのコブ作りへの布石でもあります。

通常、他のレッスンではすでに出来上がった深くえぐれたコブに恐怖感を抱えて飛び込むことが多いですが、この二日間のレッスンに参加すると、自分たちの横滑りからコブが出来上がっていくプロセスをリアルに体験することができます。

これが初心者にはとても貴重な体験であり、どうしてコブができるのか、どこを滑るのが効率的なコブの攻略法なのかが身をもって、そしてある意味科学的に体験できます。

レッスンの最後にはビデオでその日の成果を録画してくださいます。あんなに苦手だった真下方向の横滑りが、かなり綺麗に仕上がっている!とても感動しました。

そして2日目のレッスン。この日からの参加者もいらっしゃるので前日とかぶる部分も当然ありますが、私のようなコブ恐怖症初心者にとっては逆に有難い復習レッスンです。 そして気づきました。昼休みに急斜面で小回りを試したところ、驚くほど安定したエッジングが!しっかりと板に乗れているというのはこういうことかと!! 徹底的な横滑りの効果が明確に滑りに反映されてました!恥ずかしながら少し自分に酔ってしまいましたw

もちろんレッスンでは自分たちが作ったコブに入り、ズルどんで至極ゆっくりと滑り落ちる方法を反復練習します。いままであやふやだったコブ内でのラインどりもしっかりと指導され、結局のところ真下方向の横滑りとプロペラターンの連続であることを身をもって体験できました。

さまざまなビデオを見てわかった気になっていましたが、このレッスンでは「どこを滑ると板を下手にたわませずに安定させられるか」を丁寧に指導してくれます。

コブの超初心者にとって重要なのは「スピードを落とす」こと、そしてそのためラインどりです。綺麗さはぶっちゃけ求めてません。まずは恐怖心をなくして降りられることが重要で、それをしっかりと指導してくれるこのレッスンは、私にとって大きなターニングポイントとなりました。

ちなみに私は50歳。48で2級を取得して、今年は1級に挑戦しようと考えているものですが、コブの滑り方が全くわからず、当該レッスンに藁にもすがる思いで参加しました。

結果、大正解です。反復レッスンによって横滑りも得意になり、その影響でターン、特に小回りにも大きな安定感が出ました。 コブだけでなく、「何か安定感が足りない」「他のレッスンでポジションや荷重を指摘されるけどどこを直したら良いかいまいちわからない」方にもオススメのレッスンです。

小保内さん、丁寧なレッスンを本当にありがとうございました‼︎次回は中級レッスンに参加できるよう、ホームで精進してきます!

安納様、レッスンご参加ありがとうございました!

安納様は2日間連続で参加していただきましたが、2日目の滑りは初日に比べて別人のように整地もコブも安定して滑れてましたね^^

ズラしもかなり安定してできていましたが、安納様はスキー操作がしっかり出来ていました!

 

ズラしてスピードコントロールも大事ですが、スキーをしっかり操作できるか?がコブでは重要です。

皆さんも、切り返しでしっかりとスキー操作できていますか?

これが出来れば、かなり楽に滑る事が可能になってきますよ^^

 

さて、今週末より一度東北へ戻ります。

今週末は宮城県・スプリングバレー(初級クラス空きあり)で、その次の週末は岩手県・岩手高原スノーパーク(初級・中級共に空きあり)でレッスンを開催します!

その後、再び2/6(水)より奥利根スノーパークで3月中旬頃までレッスン行います!

ぜひ、ご参加ください^^

小保内雅行グループレッスンスケジュールはこちらから

今回のレッスンで新しいコラボ開催決定!!

こんにちは、高橋です。

2月の9日、10日、11日に開催する小保内コーチとのコラボレッスンにご参加される皆様にイベントのご案内です。

今回のレッスンで新しいコラボ開催決定!!

普段2日連続でご参加頂いた方を見ていると、大体の方が2日目に体中が痛いです!!

なんてことをよく聞きます(笑)

と、いう訳で今回は平針カイロいとう施術院さんとコラボ致します!!

 

内容としては、2月10日のレッスン後希望される方に20分程度悶絶整体体験。(延長も可能)

次の日の朝、もしくは昼に整体を受けられた方へのフォローケア。

レッスン中に整体を受けられる方の動きをチェックしレッスン後のケアに繋げて翌日成果を見るという流れになります。

金額は2,160円 これは激安プランですね(#^^#)

場所は白樺湖ロイヤルホテルの客室になります。

 

私も何度か伊藤先生に施術して頂いておりますが、とにかく体が軽くなりよく動きます!!

先日もあるお客様に先生今日はものすごい動きですね!!なんて言われたくらいです(≧▽≦)

悶絶整体を受ける度に感謝感激です!!

 

悶絶整体後の私と小保内コーチ、真ん中が伊藤先生です。

 

ご希望の方はコブスクール受付時にご予約をお願い致します。

もちろん10日のみのお客様や他宿泊施設をご利用の方も施術は可能です。

平針カイロいとう施術院さんのホームページはこちらからご覧いただけます。

皆様のご参加をお待ちしておりますm(__)m

2月9日、10日、11日のコラボレッスンの予約状況はこちらからご確認下さい。

昨シーズンには得られなかった”なにか掴んだ”って感じがしました。

こんばんは、小保内雅行です。

年末に岩手高原スノーパークでレッスンを受講してくれた、Y様よりご感想を頂きましたのでご紹介させて頂きます。

コブは嫌いです(笑)。

そんなこと言ってるとスキーの楽しさの3分の1位を損してスキーしてる気がして、楽しく華麗に滑る秘策を学ぼうとレッスンを受講しました。

コブ攻略、その初心者としての入り方を、入口と真ん中とズルドンでの出口を狙って行く3パターンで実践して教わりました。

習得したと言えるほどではまだまだいたりませんが、昨シーズンには得られなかった”なにか掴んだ‼️”って感じがしました。

少人数だったこともあって、いっぱい滑れたし、人目を気にすることもなく上手くいかなくても恥ずかしくなく、レッスンを受けられたのもよかったのかなぁ。

ビデオ録りの時に、初日の2本目(後姿)と二日目、我ながらなかなか素直に滑れたと思いました。 ただ、切り替えを急いだ時は、スタンスが広くて内足を上げて回してしまう癖がはっきり写っています。

不整地で両足をもう少しくっ付けて滑るように・・・特に、両足をくっつけた状態で身体をその真上に乗せて切り替えられるようにしなければ。

ストックの位置も目線も傾きもコマネチラインも大切。 横移動を長く取れなかった時、強引に切り替えてしまうのが課題ですね。 次の機会まで、今回教わったことを復習しつつ自主練します。

またよろしくお願いいたします。 ありがとうございました🎵

 

Y様、ご参加ありがとうございました!

2日間連続でご参加頂いたY様ですが、2日目は私が担当させて頂きました。

その日の参加者は、緩斜面の縦コブで暴走してしまう。という感じでしたので、コブの高い所を狙って待つ!ただそれだけです(笑)

ターン弧とか綺麗さとか一切気にしません。

ただ、コブの高い所を狙って待つ!シンプルです^^

 

皆さんも切り返しを焦って足だけのターンになってませんか?

それでは、暴走してしまいますよ~

 

まずは、10コブある中で1コブだけでも待てるように。

それが出来たら、次は2コブ!3コブ!と増やしていけるといいですね^^

いきなり10コブ全て完璧になんて考えてはいけませんよ~

皆さんもぜひ、コブの高い所で待つ!挑戦してみてくださいね^^

 

小保内雅行レッスンスケジュールはこちらから

 

 

コブ斜面を安定して滑るために一番最初に確認すべき事とは?

こんにちは、小保内です。

コブを安定して滑るための練習というと何を一番最初に思い浮かべるでしょうか?

実際のレッスンでも聞いたりするのですが、答えの多くが「ひねり、外向傾姿勢」「ズラシ」の二つです。

どちらもコブを滑る上では必要な事ですね^^

でも、私の場合、この二つの練習の前にやるべき事があると思っています。

それは、

『スキーを回旋させる』

ことです。

ひねりの練習でもなく、ズラシの練習でもなく、スキーの面にのって、クルクルとスキーを思い通りに回せるかどうか?という事です。

最初は、体がローテーションしようがストックに寄りかかろうが、まずは、スキーを回す感覚を掴む!という意味でおすすめしたいと思います。

上達しよう!と真剣に取り組んでいる方に多いのですが、形にこだわりすぎ!というケースが少なくありません。

「コブを滑るときは正面を向いてなきゃいけないんですよね」

「ローテーションしたらダメなんですよね」

こういった特にひねりに対する『形のこだわりがスキーの動きに制限をかけてしまってないか?』

この事をもう一度考えてほしいなと、雪上でレッスンしながら思うことが最近とても多いです。

また、上手な方のお話は、相手が思い通りにスキーを操作できることが前提になっている場合もありますので注意したいですね^^;

コブを滑る上で、色々大事な要素はあるけれど、、まず等速で安定して滑りたいならスキーの回旋をもう一度見直してほしいと思います。

そんな思いで作った動画が12月に配信開始したこちらです。

 

本日一日の進歩は ウソのようです。

こんにちは、高橋です。

 

先週末のグループレッスンにご参加頂いたH様よりご感想が届きましたので紹介させていただきます。

 

本日は本当にありがとうございました。
これまで整地ではそこそこ滑れても、
コブになると全く歯が立たずに、無理やり
2、3ターン回って破綻していたのですが、
おかげさまで何とかスピードをコントロール
しながら20ターン以上連続して下りてこれる
ようになりました。
動画で見るとまだまだきれいとは言い難いですが、
これまでのことを考えると、本日一日の進歩は
ウソのようです。
56歳にしてコブが楽しくなれそうで、次のスキー
旅行のことを考えているところです。
ありがとうございました。
 
H様レッスンご参加ありがとうございました。
2,3ターンで発射!!
よく聞きますよね(*_*;
なぜ発射してしまうんでしょうか?
 
答えは簡単ですね(#^^#)
発射してしまう場所を発射してしまう体勢で滑っているからですね!!
たったそれだけのことで20ターン以上は簡単に滑って来れますよ(≧▽≦)
 

 
 

 
 
 
 
 
 

新年あけましておめでとうございます。

小保内です。

新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

昨日まで岩手で新年のレッスンをさせて頂いて、今日は山形でこのメルマガを書いてます。

年末年始の岩手高原では本当に素晴らしいコンディションで滑ることができました。

今年のレッスンは、中級クラス、上級クラスのレッスンを増やしています。

もちろん今までと同じく初級クラスはたくさん行っていきますが、インストラクター2名体制、3名体制の日程を増やしてクラスを増やしています。

昨日の岩手高原でのレッスンも中級クラスのレッスンでしたが、上手なお客さんだったので、どんどんスピードを上げたり、ズレを減らすように進めていきました。

最初にゆっくり滑れることはもちろん大事ですが、ゆっくりが安定したら、やはりスピードアップなどにも挑戦していきたいですね^^

私自身も、今まで低速でレッスンすることが多かったので、体が低速の動きに慣れすぎてしまうところでした・・

このままではいかんいかんと、ちょっと危機感を覚えた年末年始岩手の旅でした。

皆さんと一緒にステップアップしていけるように、私ももう一度自分のレベルアップも図っていこうと思っています。

今週末から本拠地の群馬奥利根、長野白樺湖でそれぞれレッスンがはじまります。
各地でお会い出来る皆さん、どうぞよろしくお願い致します!

群馬県奥利根スノーパークでのコブレッスンの詳細はこちら

長野県白樺湖ロイヤルヒルでのコブレッスンの詳細はこちら

1日で積雪1m!1/5から奥利根で問題なくレッスン開始できます!

こんにちは、小保内雅行です。

1/5からレッスンを開始する、奥利根スノーパークですが昨日1日での積雪が1mも降ったそうです!

雪不足が心配でしたが、これで問題なく1/5から奥利根でレッスン開始できます^^

今日から全面滑走可能で、ゲレンデコンディションも問題なさそうです。

奥利根でレッスンご参加の皆さん、よろしくお願いします!

 

小保内雅行グループレッスン詳細・ご予約はこちらから

小保内雅行マンツーマンレッスンスケジュールはこちらから