小澤康祐×小保内祐一オンラインスクール.cobu(ドットコブ)

コブを低速でバランスよく滑るための「ストップ&ゴー」のストックワーク

小保内です。

はじめてのナイター撮影になりました^^

今回のテーマはストックワーク

・止める
・漕ぐ

この2つのストックワークを組み合わせて「ストップ&ゴー」と名付けました。

1回のストックワークで両方を行う事で、低速でかつスキーに置いていかれない安定したコブ滑りを補助します。

コブを低速で安定して滑りたい!という方はぜひこの「ストップ&ゴー」のストックワークを身につけてみてください!

ここから先は、会員限定コンテンツです

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員についてはこちらから

会員の方:会員ログイン / 会員でない方:無料会員登録

重心移動をスムーズに行うための内足抜重

小保内です。

群馬県の奥利根スノーパークにやってきました。

本当は昨日撮影して動画をアップ予定が、昨日は思わぬ吹雪で1日遅れてしまいました・・

ごめんなさいm(_ _)m

今回のテーマは「内足抜重」

昔から、内足を上げて外足一本で滑る練習はありますが、おそらくそれは外足でバランスをとることに重きを置いた練習ではなかったかと思います。

外足荷重はもちろん大事なのですが、内足を抜重することで、ターンの内側にバランスを崩す事について解説してみました。

外足でバランスを保持することを主眼にするのではなく、抜重した内足側にバランスを崩す事で重心移動を感じる練習になります。

もちろん内足に荷重するわけでもありません。

ぜひ緩斜面から試してみてください!

ここから先は、会員限定コンテンツです

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員についてはこちらから

会員の方:会員ログイン / 会員でない方:無料会員登録

コブでの安定感が増す!外傾姿勢を作る練習

小保内です。

3連休を終え、極寒の岩手高原でのレッスンも一段落しました。

本日の動画は前回の前傾とともに、安定感のあるコブ滑りの上で欠かせない

「外傾姿勢」

を作るための練習を行ってみました。

自分ではめちゃくちゃ外足、谷足に乗れているつもりでも、コブで安定しない方の多くの方が外傾が不足して内倒ぎみである。という事実

「結局、乗れてない。」

これ、結構残酷ですが、事実ですね。

インストラクターとしては、その瞬間は、お客様をがっかりさせないために、目先を変えたり、良い部分に視点を変えたりする場合が結構あります(笑)

なぜなら、1日その練習だけで終わってしまうからです。

ですから、自分自身でその事(結局乗れていない)を受け止め、改善するためのドリルトレーニングを行っていく必要があります。

ドリルトレーニングで大切なのは、普段使わないくらい身体を大きく使うこと。

断言しておきますが、恥ずかしがったり、失敗を恐れたり、下手な自分を隠したり、回りの目を気にしてたら絶対に身につきません!

それでは、これらの心構えも含めて、今回の動画をご覧ください。

ここから先は、会員限定コンテンツです

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員についてはこちらから

会員の方:会員ログイン / 会員でない方:無料会員登録

胸が空を向いたら負け・・コブの基本姿勢

小保内です。

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

例年通り、岩手で新年を迎えました。

私達のスクールの原点である岩手高原で新年を迎え、また今年一年も精一杯レッスンさせていただきたいと思っております!

新年一発目の動画は「基本姿勢」

これはシーズン序盤だから行うわけではなく、常に基本練習として取り入れてほしいと思います。

タイトルの通り、胸が空を向いたら負け!

コブ斜面を安定して滑るための大前提を斜滑降、そして連続ターン、上下動、前後動のあるパターンなど動きながら基本姿勢を崩さず滑れるか?

ということをテーマにお届けします。

約30分とちょっと長めの動画ですが、参考になれば幸いです。

途中兄弟で喧嘩してますが(笑)カメラマン初挑戦の弟もがんばってくれました。

ここから先は、会員限定コンテンツです

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員についてはこちらから

会員の方:会員ログイン / 会員でない方:無料会員登録

内倒を防ぐためのドリルトレーニング

こんにちは、小保内です。

本格的にシーズンインし、先週まで白馬五竜でレッスンさせて頂きました。

レッスンをしていて、コブでの失敗につながる問題点として多いのが、やはり後傾と内倒です。

今日の動画はその一つ内倒を防ぐためのドリルトレーニング動画です。

ドリルトレーニングの良いところは、頭で考える必要がないこと。

まずは頭で理解する。

これはもちろん大切なことですが、実際に滑りながら頭で考えていると動作が遅れる。

という大問題が発生します。

そのため、頭で理解したら、身体に覚え込ませるというステップが大切です。

その過程でドリルが非常に重要な役割を果たします。

以前紹介した後傾を防ぐドリルとともに、シーズン序盤にぜひ取り組んでみてください。

ここから先は、会員限定コンテンツです

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員についてはこちらから

会員の方:会員ログイン / 会員でない方:無料会員登録

ターンの素「直滑降&停止」が配信開始

こんにちは、小保内です。

DIRECTLINEコブスクール、小林秀人インストラクターの初作品

ターンの素「直滑降&停止」が本日より配信スタートしました。

これぞスキーの基本という「3要素+2」を素(もと)に、 大回り、小回り、横滑り、シュテムターン、もちろんコブも、 あらゆるターンを作り出していきます。

3要素とは、

・荷重
・角付
・回旋

そして+2は

・前傾
・外傾

であります。

これが、あらゆる 「ターンの素」 となります。

このターンの素さえあれば、様々なターンを作り出すことができ、 あらゆる斜面に応用が効きます。

コブが滑れずに悩んでいる方にはもちろん、 スキルアップができずに伸び悩んでいる方、 スランプに陥っている方、自分の滑りに迷いが生じている方、そんな方々が見直すべきポイントが詰まっております。

ぜひとも一家に一本、 ターンの素「直滑降&停止」を常備して頂ければ幸いです。

もちろん、小林コーチに質問できるサポート体制も整えています。

ダウンロード版ですので、スマホで持ち歩くことも可能です。

ターンの素「直滑降&停止」のご購入はこちら

12/29(火)までは先行販売として特別価格にてお届けしております。

滑りに迷ったらここに戻れ!「直滑降&停止」

こんにちは、小保内です。

シーズンインして週末と本日も白馬五竜でレッスンをさせていただきました。

昔からレッスンで最も大事にしているのが「直滑降&停止」です。

何度やっても、これにスキーの基本が詰まりまくっているとしか言いようがないのです。

これが正確にできれば、別にコブなんか怖くないのです。

コブが滑れないのは、これを疎かにしているか、できた気になって全くなってないか。

このどちらかであります。

流行り廃りに流されて、時に大事にされたり、時に無視されたり、基本というのはそういう宿命にある気がします。

ですから基本を重視するレッスンは、飽きられやすく、インストラクターは耐えられず枝葉のテクニックを提供したくなるのですが、今日紹介する動画を見て「やっぱこれなんだ!」と再認識したところです。

そんな私の「迷ったら戻る場所」が今回ご紹介する「直滑降&停止」です。

これを、DIRECTLINEコブスクール白樺校の小林さんが愚直にやってくれてます。

(性格も顔も愚直系です。(褒め言葉))

伸び悩んでいる方、年齢的に限界を感じている方、もう一度この動画の内容を見直してみてください。

スキーに必要なことが詰まっていますので、必ずやあなたの力になってくれるはずです。

ここから先は、会員限定コンテンツです

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員についてはこちらから

会員の方:会員ログイン / 会員でない方:無料会員登録