実践コブ斜面の滑り方

コブ斜面初チャレンジにおすすめ「ブーツから当たる1合目」

こんにちは、小保内です。

今週お届けする動画は、「ブーツから当たる1合目」です。

1合目ってなんですか?という方はこちらのラインどりの説明をご覧ください。

これからいざコブに挑戦だ!という方が、まず最初に覚えたい滑りの一つです。

もうすでにコブを滑れる方にとっては、「こんな滑りもうできるぜ!」と思われる方もいるかと思いますが、ぜひ今一度お付き合い頂きご覧頂ければと思います。

特にズラしてコブに落ちていく時のスキーの角度は上手な方でも分かってない方が結構いらっしゃいます。

また、切り替え、抜重のタイミングなども、リズムよく滑っている時にも活かせる内容が含まれていますので、復習だと思ってぜひご覧ください!

今週の動画の視聴はこちら(本編約40分)

 

▼サンプル動画はこちら

曲げ切替とフットコンテイメント

こんにちは、小保内祐一です。

コブ斜面の滑り方動画コンテンツ.cobu

本日のテーマは、

「曲げ切替とフットコンテイメント 」

切替し部分でどうしても遅れてしまう。スキーにおいていかれてしまう。

それを解決するのがフットコンテイメントになります。

前回の伸ばし切替でのフットコンテイメント に引き続き、今回は曲げ切替でブーツを引いてくる動きを練習していきます。

私の後ろを滑っているつもりでご覧ください。

▼サンプル(本編は約50分)

本編をご覧になりたい方はこちらからご覧ください。

伸ばし切替とフットコンテイメント

今回の動画は、伸ばし切替をテーマにお届けします。

コブ=曲げ切替

という考えは根強いですが、私はまずは伸ばし切替でのコブ練習をおすすめしています。
なぜなら、重心の移動を感じやすく、何よりも楽にコブをこなす事ができるからです。

また、この動画の中で紹介している切替でブーツを引く動き、上体よりもブーツが後ろにある位置関係を作る事(フットコンテイメント)を習得していただけると、切替でスキーに置いていかれるということがなくなります。

荷重抜重のメリハリと共に、ぜひ身につけてください!

▼サンプル動画(本編約50分)

本編のご視聴はこちら

コブ斜面・ラインどりのすべて

こんにちは、小保内です。

コブ斜面のラインどり

よく聞く言葉ですよね。

このラインという言葉に非常に疑問を感じておりまして、特にコブで発射してしまう方には、ラインで通り道をイメージするということをおすすめしていません。

では、ラインどりではなく、どのようにイメージするかというと、

『ポイント打ち』

になります。

コブの壁を山に例えて、壁の出口付近を1合目、壁の入り口付近を10合目というように目印を付けます。

この図では、左の壁だけにポイントを打ってますが、実際は次の右の壁にもこのポイントを打ちます。

ズルドンで滑りたいなら、2合目とか3合目を狙い、バンクっぽく滑りたいなら8合目とかを狙います。

・左の2合目から右の2合目
・左の8合目から右の8合目

といったように、点から点へ移動するイメージで滑ります。

点は大きな点で大体の目印で構いません。

あくまでも壁から壁への移動として点のイメージを持つ事が大事です。

ゆっくり滑る場合は、この狙ったポイントに対して谷足のブーツがぶつかるイメージで滑っていきます。

これを線でイメージすると、まるでその線をなぞらなくてはいけないような気持ちになりやすく、ズレを思い通りに発生させられなかったり、コブから受ける力を感じられなく暴走する。発射するということに繋がりやすい。

コブのラインを作成するときにショートポールを立ててコブを作っていく光景を見た事がある方もいるかと思います。

あのイメージをコブが大きくなっても持ち続けることが大切です。

このポイント打ちも含め、ラインどりの全てを紹介!ということで本日こちらで動画をアップしましたので、こちらもぜひご覧ください。

減速の最優先操作「スキーを横に向ける」

スキーを横に向ける

スキーを横に向けることができなければ斜面が続く限り止まる事はできません。

スピードを抑えるために必要な最優先事項「スキーを横に向ける」練習を行っていきます。

これができなければ、危ないのでコブには近づいてはいけません。

この動画を見る