.cobu動画コンテンツ

第1回『ズルドン=コブの基礎である』

こんにちは、小保内です。

今日アップさせていただく動画ですが、

「まずはここから!コブ攻略はじめの一歩」6日間無料メール講座でお届けしていた内容ですが、こちらの会員様ともシェアさせて頂きますね。

早速ですが、『ズルドン』って聞いたことありますか?

スキーをクルッと横に向けて横ずらし、コブにぶつかったら切り返しての繰り返しでコブを滑り降りる事です。

ズルズルとズレを多様することと、コブに「ドン」とぶつかることをイメージして誰かが作った言葉だと思います。

私が耳にする中で、多くの方が持っているズルドンに対するイメージは、

ズルドン=下手くそな滑り、低レベルな滑りという印象を持っている方が多いようです。

・ズルドンから脱却したい
・ズルドンしかできない
・あの人の滑りはズルドンだ
・ズルドンならできるのよ

しかし、ズルドンに対してこのようなネガティブなイメージを持つことは大間違いだと私は思います。

『ズルドン=コブの基礎である』

多くの方がズルドンをバカにして、ズルドンから早く脱却したいと考えます。
ところが多くの方がズルドンから脱却できないでいます。

なぜ、ズルドンを脱却できないのか?
それは、ズルドンがまだ完璧ではないからではないか?

という考えに基づいて、今回の動画を作らせて頂きました。

では、どこまでできれば「ズルドン完璧!」と胸を張って言えるかというと、、
これはあくまでも私の考えですが、

1)1ターンで止まれる
2)止まったところからズレ落ちることができる
3)コブにぶつかったら切返す事ができる
4)止まらずにズルズルドンを繰り返すことができる
5)ズルズル落ちる速度をコントロールできる
6)伸ばし切返と、曲げ切返を使い分けられる。
7)ズルズルの量をコントロールできる

などなど様々なチェックポイントがありますが、
まず1)の1ターンで止まれるかどうかについて、今回は動画を見ていきたいと思います。

以下の動画で、チェックポイントや失敗例の一部を見ることができます。

ここから先は、会員限定コンテンツです

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員についてはこちらから

会員の方:会員ログイン / 会員でない方:無料会員登録

スキーをズラさなくてもスピードコントロール可能!?ダイレクトライン入門編

こんにちは、小保内です。

今週もオンラインスクール.cobu、動画コンテンツをお届けします。

今回のテーマは「ダイレクトライン入門」になります。

ダイレクトラインというのは、コブにぶつかる前にズルズルとスキーがズレる時間がほぼ無い滑りですが、それなのにコブの力を利用してスピードコントロールを可能にするという特殊なラインどりです。

このダイレクトラインができるようになると、

・スキーをズラしにくい緩斜面の縦コブでコントロールが効く

・必要以上に雪面を削ろうとしなくてもスピードコントロールできるので覚えると疲れない

・コブの中で正しい曲げ伸ばしのタイミングが身に付く

といった利点があります。

ただし、コブにスキーのトップから入っていくため最初は恐怖心が大きいというデメリットがあります。

そこで今回、ダイレクトライン入門ということで、低速で安全に配慮したダイレクトラインの練習方法、最初のステップを動画に収録しましたので、ぜひご覧ください!

ここから先は、会員限定コンテンツです

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員についてはこちらから

会員の方:会員ログイン / 会員でない方:無料会員登録

会員登録せずにこの動画を購入

コブに対する恐怖が大きい方はまずこの滑り!縦コブで暴走してしまう方も要チェック!

こんにちは、小保内です。

今週も.cobu動画コンテンツをお届けします。

今日の動画は、コブ斜面の中で「これでもか!」というくらい左右のスペースを使った滑りになります。

▼左右を大きく使う10合目 サンプル動画(本編は約30分)

スタートからゴールまでタイムを計測した時、一番早いのはゴールまで一直線!ですね。

では、止まらずにもっとも遅くゴールするためにはどうすれば良いか?

それは左右の幅を目一杯使って斜面を降りていく事です。

これをコブに用いたのが今回紹介する滑りです。

この滑りには、

他にも以下のようなメリットがあります・・

ここから先は、会員限定コンテンツです

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員についてはこちらから

会員の方:会員ログイン / 会員でない方:無料会員登録

会員登録せずにこの動画を購入

もう周りの目を気にしない!あなたのペースで上達するための心構え

こんにちは、小保内です。

私のスキーの師匠「角皆優人」

角皆×小保内のコラボレッスンを開始させて頂いて数年が経ちました。

今回お届けする動画は、ある日の朝のミーティングで、角皆さんが見せてくれた紙芝居の様子を撮影したものです。

・スポーツはどのようにして上達していくものなのか?
・上達の曲線はどのように描かれていくものなのか?

これらを知っておくと今の自分を過不足なく自分で評価する事ができます。

すると、、

ここから先は、会員限定コンテンツです

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員についてはこちらから

会員の方:会員ログイン / 会員でない方:無料会員登録

狙った場所に思い通りにスキーをズラすために必要なこととは?

こんにちは、小保内です。

狙った場所に思い通りにスキーをズラしてコントトールするためには?

というコントロールしてコブを滑るために重要なポイントを動画でアップしました!

ズラそうとしてもスキーが前に進んでしまう・・

この時に、多くの方がやってしまっている大きな間違いとは?

これらをコブの2合目3合目を狙いながら解説していきます!

▼サンプル動画

▼本編は約26分の動画となっております。

コブ攻略の、基本中の基本をぜひ強固にしていきましょう!

ここから先は、会員限定コンテンツです

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員についてはこちらから

会員の方:会員ログイン / 会員でない方:無料会員登録

会員登録せずにこの動画を購入

コブ斜面初チャレンジにおすすめ「ブーツから当たる1合目」

こんにちは、小保内です。

今週お届けする動画は、「ブーツから当たる1合目」です。

1合目ってなんですか?という方はこちらのラインどりの説明をご覧ください。

これからいざコブに挑戦だ!という方が、まず最初に覚えたい滑りの一つです。

もうすでにコブを滑れる方にとっては、「こんな滑りもうできるぜ!」と思われる方もいるかと思いますが、ぜひ今一度お付き合い頂きご覧頂ければと思います。

特にズラしてコブに落ちていく時のスキーの角度は上手な方でも分かってない方が結構いらっしゃいます。

また、切り替え、抜重のタイミングなども、リズムよく滑っている時にも活かせる内容が含まれていますので、復習だと思ってぜひご覧ください!

▼サンプル動画

▼本編動画

本編は約40分の動画で解説しています。

小保内と一緒に滑っている感覚を楽しみながら学んでみてください。

ここから先は、会員限定コンテンツです

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員についてはこちらから

会員の方:会員ログイン / 会員でない方:無料会員登録

会員登録せずにこの動画を購入

曲げ切替とフットコンテイメント

こんにちは、小保内祐一です。

コブ斜面の滑り方動画コンテンツ.cobu

本日のテーマは、

「曲げ切替とフットコンテイメント 」

切替で遅れないためのフットコンテイメント

今回は、これを曲げ切替の中で行っていきましょう!

先日の中級クラスのレッスンでやってみたところ、見事に全員ができませんでした(T-T)

曲げ切替を繰り返していると、

どんどんお尻が下がって遅れてしまう・・
スキーだけが先に走ってしまう・・

という方はこのフットコンテイメントをぜひ練習してみてください。

▼サンプル

本編は約50分の動画となります。

私の後ろを滑っているつもりでご覧ください!

ここから先は、会員限定コンテンツです

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員についてはこちらから

会員の方:会員ログイン / 会員でない方:無料会員登録

会員登録せずにこの動画を購入