.cobu会員限定

スキーに必要なのは動体視力ではなく周辺視である

こんにちは、小保内です。

今週の.cobu動画をお届けします。

公開済の動画一覧はこちら

今回のテーマは目です。

個人的な話なのですが、昨シーズン、妙にスピードに弱くなった感じ「目の衰えではないか?」と、ふと思いました。

スピードを上げて滑ろうと思うと、なんとなく目が追いついていかないような気がして怖さを感じたのです。

きっと動体視力の衰えだ!

スポーツといえば動体視力

そんなイメージもあり、小澤トレーナーに相談したところ、「動体視力は関係ないです」との答えをズバッと頂いてしまいました(笑)

今回はそんな、「目」に関するお話をしていただきましたので、ぜひご覧頂き、普段の生活から注意してみてください。

※無料会員登録の後に、有料会員にアップでグレードしていただくことで動画をご覧頂けます。

ここから先は、会員限定コンテンツです

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員についてはこちらから

会員の方:会員ログイン / 会員でない方:無料会員登録

会員登録せずにこの動画を購入

コブを安定して滑るための体幹トレーニング

こんにちは、小保内です。

今週2本目の.cobu動画になります。

公開済の動画一覧はこちら

今回のテーマは「コブを安定して滑るための体幹トレーニング」

シンプルですが、スキー特にコブ斜面を安定して滑る上で欠かせないトレーニングです。

ただ腹筋を鍛えるのではなく、スキーの動きをイメージしながらできるトレーニングですので、ぜひ取り組んでみてください。

※無料会員登録の後に、有料会員にアップでグレードしていただくことで動画をご覧頂けます。

ここから先は、会員限定コンテンツです

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員についてはこちらから

会員の方:会員ログイン / 会員でない方:無料会員登録

会員登録せずにこの動画を購入

足裏の使い方で体の向きをコントロールする方法

こんにちは、小保内です。

今週の.cobu動画をお届けします。

今週のテーマは「足裏の使い方で体の向きをコントロールする方法」

スキーでターンをする時、行きたい方向を向いているのに外スキーが上手く回ってくれない。

こんな経験ないでしょうか?

特に非常に狭い間隔で1ターンを仕上げなくてはいけないコブ斜面において、思い通りにスキーが回ってくれない・・というのは致命的です。

そういった時の足裏の使い方について、小澤トレーナーに動画を撮影して頂きました。

足裏の使い方と体の向きの連動について、理解して頂き、実際にご自宅でご自身の身体を動かしてみてください。

スキーの回旋に役立ってくること間違いなしです。

それでは、本編の動画は以下でご覧ください。

※無料会員登録の後に、有料会員にアップでグレードしていただくことで動画をご覧頂けます。

ここから先は、会員限定コンテンツです

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員についてはこちらから

会員の方:会員ログイン / 会員でない方:無料会員登録

会員登録せずにこの動画を購入

35%OFF【.cobu会員限定】3次元回旋でコブの滑りをアップグレード・高橋正二のコブ斜面レベルアップ講座

コブ斜面の滑りをアップグレードさせる「3次元回旋」とは?
コブの攻略に必須な横回旋、そして多くの方が使えていない縦回旋。

この2つをマスターし、さらに3次元的な回旋身につけ、躍動感と安定感が両立した滑りを手に入れます!

今回の動画では、

・順ひねりと逆ひねり
・逆ひねりタイミングの使い分け
・スキーの抜けを向上させるテールの使い方
・後傾しながら止まる方法
・縦回旋を身に付けるドリルトレーニング

などのポイントを抑えながら、横回旋一辺倒(=ズルドン)コブの滑りをアップデートさせていきます。

ここから先は、会員限定コンテンツです

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員についてはこちらから

会員の方:会員ログイン / 会員でない方:無料会員登録

ガチガチに力んで滑ってしまう方へ・コブで飛ばされないためのドリル

こんにちは、小保内です。

今週の.cobu動画は、先週の地面反力の話に続いて

地面反力をマイナスにするためのドリルトレーニングをお届けします。

地面反力をマイナスにすると

コブに飛ばされなくなります
コブに弾かれなくなります

そのためにはどういう動作を身に付けなくてはいけないか?

それは、今回のドリルトレーニングを行っていただく事です。

同時に、いつもガチガチに力んで滑っている方には、脱力の仕方も身につくかと思います。

短いですが、なぜコブで弾かれるのか?に対する明確な答えが収録された動画です。

ぜひご覧ください。

ここから先は、会員限定コンテンツです

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員についてはこちらから

会員の方:会員ログイン / 会員でない方:無料会員登録

会員登録せずにこの動画を購入

コブ斜面を最速で滑る方法を地面反力から考える

こんにちは、小保内です。

今週の.cobu動画をお届け致します。

今回のテーマは「地面反力」です。

凸凹のコブ斜面を最も早く滑る方法とは?

また、どうすればスピードが遅くなるか?

これらを地面反力というキーワードをもとに考えていきます。

今回はコブ斜面における地面反力というものを頭で理解するための動画になっております。

ぜひご覧ください。

ここから先は、会員限定コンテンツです

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員についてはこちらから

会員の方:会員ログイン / 会員でない方:無料会員登録

会員登録せずにこの動画を購入

ストックの可能性

こんにちは、小保内です。

今週の.cobu動画は小澤トレーナーに、ストックの可能性についてお話をしてもらいました。

今回は、「コブでストックはこう使うのが正しい」というお話ではなく!

こんな突き方をしたらこんな力が加わるよ

であったり、

ストックを脚と考えた時にどんなからだの使い方ができるか?

といった可能性について語って頂きました。

低速なのに、スキーを丸く回して滑るためのヒントにもなるかな〜と思います。

そして、これは個人的な意見ですが、スキーヤーの多くが「これが正しい」ということで、それを身につけようとするのですが、自分の頭で考えて可能性を探ってみると、今回のようにストックひとつをとっても、シルエットとしてのストックワークではなく、滑りによってストックの使い方を変える!

なんて事に繋がってくると思います^^

そんな事を考えるのもスキーを楽しくするひとつの要素かな?と思いますので、正しい正しくないの視点ではなく、ちょっとした研究のつもりでご覧頂ければと思います。

*今回の動画は無料会員の方でもご覧頂けます。

ここから先は、会員限定コンテンツです

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。会員についてはこちらから

会員の方:会員ログイン / 会員でない方:無料会員登録