最新動画・スキーを思い通りに動かすためのピボット操作を配信開始しました!

インストラクター及び研修生を募集しています

【12/22~24】2つのキャンプのご予約を開始しました。

こんにちは。
小保内祐一です。
今日、岩手高原の状況を見てきましたが、この時期にしてはものすごい量の雪が降っておりますので、15日オープンは確実だと思われます。
12月中旬でこのコンディションはかなり久しぶりではないでしょうか。
さて、昨日お伝えしていた通り、12/22~24の3連休を使って2つのレッスンを岩手高原で開催します。
そのシーズンはじめの2つのレッスンが、たった今より予約開始となりました。
まずひとつ目は、
■「はじめてのコブ」
これまでまったくコブ斜面を滑ったことの無い方と、チャレンジはしてみるんだけど、すぐに失敗してしまう。といったコブ初心者だけに絞ったレッスンになります。
初めての方に安心してご参加頂くために、すでにコブはガンガン滑れますよという方のご参加は禁止させて頂きます。ゴメンナサイ。。
あなたの本当の技術力を丸裸にさせてくれるのがコブ斜面です。
ぜひ今年こそコブを攻略して本当の上達を手に入れてください。
シーズン初めが有効です。
詳細はこちら
もうひとつは子供向けで毎年人気のキャンプ
■ハの字脱却大作戦
文字通り、まだハの字でしか滑れない小学生を対象にしたレッスンです。
技術を教え込むことではなく、たった一つのある遊びで、子供たちはハの字ってとっても窮屈なんだという事に気づき、自らハの字をやめようと思います。
足を揃えることは難しいことではありません。
揃える必要性のあるシチュエーションを作ってあげることが大事なんですよね。
ほとんどの方がその事に気が付かず、必死にテクニックを教えこもうとしています。
それでは、子供たちは絶対に理解できませんし、遊びに行ったスキー場でインストラクターに説教されたんじゃ子供達もたまったもんじゃありません。
小学生のお子様のいるお父さんお母さんは要チェックです。
詳細はこちら

最強のスキーヤーとは

こんにちは。
小保内祐一です。
どんな斜面でもどんな状況でも、自分の思う通りのスピードでターンを描き、止まりたいと思った時にいつでも安全に止まれる。
みなさん、状況を選ばずこの事ができるでしょうか?
これは整地だけ滑っていては身に付きません。
コブのように、自分の本質的な技術が丸裸になる状況で練習しないと身についてこないものです。
整地で恰好をつけて滑っているよりも、グジャグジャにバランスを崩しながらでも不整地でショートターンの練習をした方が、強くなります。
状況判断、リカバリー能力が愕然と変わってきます。
もちろん整地も大事です。ですがコブも必要です。
逆に、コブばっかり滑って整地で練習しない方。これも微妙です。
好き嫌いはあると思いますが、今シーズンは状況を選ばず滑りたいですね^^

盛岡は凄い雪です。。

こんにちは。
小保内祐一です。
盛岡はもの凄い勢いで雪が降ってますね。
夏油高原はかなりコンディションがよさそうです。
安比もオープンしましたし、このまま降り続けばオープンコースもどんどん拡大していくでしょうね。
岩手に来て6年経ちましたが、今年はまとまった降雪が早そうです。
私たちが常設でスクールをしている岩手高原もモサモサのようですね^^
スクールは、オープン日から同時に開校しますが、
12月22、23、24日の3連休にシーズン初めのキャンプを2つ開催することが決定しました!
1.はじめてのコブ
その名の通り、これまでまったくコブに入ったことの無い方や、入ってもすぐに失敗してしまう方だけに特化した、コブ初心者にテーマを絞ったレッスンです。体力に自信の無い女性や年配の方でも安心してはいって頂ける内容です。
整地から始まり、1コブづつ止まりながらコブに入るための基本を学んで頂きます。
1.ハの字脱却大作戦
こちらは小学生を対象にした子供向けのレッスンで、文字通り昨年までハの字で滑っていた小学生に、ハの字を卒業して頂き、足を揃えて滑れるようになる毎年大人気のキャンプです。
いずれもシーズン初めですし、
1日単位の参加でいこうと思っております。
参加予約開始は明日9日、18:00からとなります。
このブログでもご案内しますので、楽しみに待っていてください。

コブの何処を見るかも重要です。

こんにちは。
小保内祐一です。
昨日、ゆっくり滑るならまずは1コブ先を見よう。
と書きましたが、
果たして1コブ先の何処を見ればいいのでしょうか?
そもそも斜面によってコブの形ってバラバラですよね。
急斜面に行けば大きく横を向いたコブがあったり、緩斜面には縦の溝のようなコブもあります。
まず、コブを見たとき一番目につくところは何処でしょうか?
それは、一番溝の深い部分ではないでしょうか。
溝が深いと、「あ~溝が深いな~」ってぼんやり思いますよね。
この時点で、皆さんの意識は深い溝の部分に集中しちゃってます。
おそらく視線もその深い部分を捉えているでしょう。
すると、どうなるか?
嫌だな~と思っている深い部分に吸い込まれていってしまいます(笑)
いや、笑いごとではないです。
しかし、やはり深い部分や、際立った場所が目立ちますので、
意図的にそこから意識と視線を外していかなくてはいけません。
行きたくないところを見ない。
行きたいところに視線を送り意識を集中させてみてください。

コブの見た目に騙されていませんか?

こんにちは。
小保内祐一です。
コブ斜面の上に立った時を想像してみてください。
$はじめてでもできる!コブ斜面の滑り方
上から見ると、コブの表面(おもて)しか見えていないのがわかるでしょうか?
多くの方がこの見え方に騙されて失敗してしまいます。
多くの方が、無意識のうちにその見えている部分で何かをしてしまいます。
例えばスピードコントロール、減速です。
具体的に言うと、表面では瞬間的に力を入れてはいけません。
この見えている表面でブレーキをかけようとしてはいけません。
ここでは、すでに次のコブへ向かう意識が必要です。
スピードをコントロールするのはもっと前の段階で、実際にコブの表面に到着した時には次のコブに意識がないとタイミングが遅いということになります。
そこで、タイミングが遅れないために「下を見るな、前を見ろ」とよく言いますよね。
何故前を見る必要があるかというと、次のコブ(ターン)に進入するタイミングが遅れないためです。
では、どのくらい前を見ればいいかというと、
ゆっくり滑る場合はぼんやりと前を見ていてはいけません。
まずは一コブ先を見るようにしましょう。
自分が右側のコブにいる時は、次の左コブを見ている。
左側のコブに到着した時は、次の右コブを見ている。
ぜひ気を付けてみてくださいね。

2013シーズン・週末キャンプスケジュール

小保内祐一です。
今シーズンの週末を使ったキャンプのスケジュールをまとめておきます。
※岩手高原及び、出張のレッスンもまとめて掲載しております。
現在のところ、1月までの予定が決まっております。
ご希望のレッスンは早めにチェックしておいてくださいね。
12/5現在
・12/22~24 (初心者限定)はじめてのコブ
【場所】岩手県岩手高原 【対象】一般
【担当】小保内祐一・雅行 【定員】各日16名
※近日予約開始
・12/22~24 ハの字脱却大作戦
【場所】岩手県岩手高原 【対象】小学生
【担当】小保内雅行・他数名 【定員】各日16名
※近日予約開始
・1/5~6 (初心者限定)はじめてのコブ
【場所】岩手県岩手高原 【対象】一般
【担当】小保内祐一・雅行 【定員】各日16名
※近日予約開始
・1/12~14 ハの字脱却大作戦
【場所】岩手県岩手高原 【対象】小学生
【担当】小保内雅行・他数名 【定員】各日16名
※12/15予約開始
・1/12~14 ハの字脱却大作戦
【場所】長野県白樺湖ロイヤルヒル 【対象】小学生
【担当】小保内祐一 【定員】各日8名
※12/15予約開始
・1/19,20 (木下×小保内)コブキャンプ
【場所】群馬県奥利根スノーパーク 【対象】一般
【担当】小保内祐一・木下桂一 【定員】各日16名
※12/15予約開始
・1/26,27 (小保内×小保内)コブキャンプ
【場所】宮城県スプリングバレー泉高原 【対象】一般
【担当】小保内祐一・雅行 【定員】各日16名
※12/15予約開始

夏油高原、かなり雪降ってそうです。

小保内祐一です。
今週末あたりから、東北でもオープンするスキー場が増えそうですね。
夏油高原のライブカメラ▼

かなりいい感じで降っていそうですね^^
週末はパウダーが期待できるかもしれません!
初すべりの方は、こちらの事に十分気を付けて滑ってくださいね。