コブ初心者のための、最大8名までの週末グループコブレッスンはこちら

レッスンに参加できない方へ自主練用動画レッスンはこちら

何を練習するか?だけではなく、どうやって練習するか?奥利根スノーパーク・コブレッスン最終日

こんにちは、小保内です。

昨日で奥利根スノーパークでのコブレッスンが今シーズン最後となりました。

最終日の平日レッスンにご参加頂いた皆さんです^^

また冬に戻ったような寒さで、結局1日雪が柔らかくならず、非常に厳しい状況でしたが、最後までしっかり練習でき、皆さんコブを連続して滑りきることができましたね!

先日こちらで書いたとおり、本当は雪が柔らかくなってほしかったのですが、今回は雪が硬い状況でもコブに入っていきました。

そんな時(硬いバーンでのどうしても滑らなくてはいけない時)は、練習の仕方にも十分気をつけたいところです。

今回気をつけたのは、「コブを下から数える」です。

ゴールがあって、最後の1コブから上に2コブ3コブ・・・10コブ・・15コブと、ゴールに近いところから練習しはじめて、少しずつ上に距離を伸ばしていく、ということですね。

こうすることで安全に滑走距離を伸ばしていくことができます。

いきなりゴールの見えない上から突入して爆裂!を繰り返していると危ないですし、上達の近道になっているわけでもありません。

状況が難しい場合、何を練習するか?だけではなく、どうやって練習するか?という点も気をつけてみてくださいね^^

今シーズン、奥利根スノーパークでのコブレッスンにご参加頂いた皆さん、スキー場の皆さん、コラボして頂いたエフスタイルの木下校長、ありがとうございました!

奥利根スノーパークでのコブレッスンは最後になりましたが、シーズンはまだまだ続きます。

今も、次のレッスン会場である新潟県・赤倉温泉スキー場でこの記事を書いています^^

週末、赤倉温泉スキー場でのコブレッスンにご参加頂く皆さん、よろしくお願い致します!

日曜は満席ですが、土曜日は若干空きがありますので、ご希望の方はこちらからどうぞ^^

「この時期は雪が緩むまで待つ」が当たり前! 小保内祐一&雅行・コブレッスンin奥利根スノーパーク

週末の2日間、小保内兄弟によるコブレッスンを群馬県の奥利根スノーパークにて開催しました。

ご参加頂いた皆さんありがとうございました^^

土曜日にご参加の皆さんと^^

少人数でのレッスンとなり、滑る本数も多めで、みっちり練習できたのではないでしょうか?

参加者の半数以上が女性で、中には高校生の参加者も^^

様々な方が一緒になってコブを滑ろうとしている光景はいいですね〜。

ぜひ、どんどんスキー仲間になっていってほしいと思います。

 

こちらは、日曜日にご参加の皆さん^^

この時期特有の、朝はガリガリバーン、昼からはザクザク雪といった状況の中で最も気をつけてほしいことは!

ガリガリが緩むまで待つ!

これ、上手な方でも、こういう状況判断をしています。

ということで、午前中整地での動作確認をしながら、お昼休憩中にはすっかり雪も柔らかくなり、午後はコブで反復反復!

といった練習の流れでした。

よく質問でも頂くのですが、

「ガリガリの硬いコブが滑れません」

確かに、硬いコブも滑れた方がいいですが、”この時期は”緩むまで待つ!が当たり前かと思います。

昨日のゲレンデでも、朝一のガリガリ中にコブを滑っていて怪我をされてパトロールのお世話になっている方がいましたね・・(レッスンのお客様ではないですよ)

何もそんなに焦らなくても良いのです。

特に、3月はこういった状況変化が激しい時期ですので、練習の仕方にも十分気をつけてくださいね^^

 

さて、1月中旬から開催してきた奥利根スノーパークでのコブレッスンも間もなく終了・・

たくさんの方にご参加頂き本当にありがとうございました。

スキー場の方にも大変お世話になり、少し寂しいですが、奥利根スノーパークはまた来シーズンもたくさん来たいと思います^^

 

奥利根コブレッスンは間もなくラストですが、シーズンはまだまだ続きます!

今週末3/11,12(土,日)は小保内兄弟で新潟の赤倉温泉スキー場でのレッスンとなります。

3/12はすでに満席になってしまいましたが、3/11(土)のみ、若干空きがあります。

早い者勝ちですので、ご希望の方はこちらからどうぞ〜