最新動画・スキーを思い通りに動かすためのピボット操作を配信開始しました!

レッスン開催スキー場の早割リフト券の販売について

インストラクター及び研修生を募集しています

つま先で踏ん張るイメージを持つようにします。

小保内祐一です。
運動する前に気を付けたい姿勢について以前書きまして、たくさんの方からメッセージを頂きました。
私は、丸一週間、体を動かしている事もあれば、逆に1週間PCに向かい続ける時もあるという、かなり珍しいタイプの仕事だと思います。
おそらく、きっと皆さんはもっと偏っているんでしょうかね?
姿勢が体に及ぼす影響は非常に大きいのですが、
以前書いたように日本人の多くは重心がかかと寄りであると言われています。
そこで、つま先により多くの意識を与えてあげて、
つま先で踏ん張るイメージを日頃から持つようにします。
これで、姿勢が改善されるだけでなく、スキーで言うと、
ターンをスムーズに始動できるかに、もろに直結してきます。
つま先で踏ん張る、つま先寄りで立つ、ふと気が付いた時に意識をしてみてください。
日頃の意識が大きな変化となって現れますからね^^
ちなみに、このつま先で踏ん張るを強制的に助けてくれるアイテムがあります。

たった5分から、たった10分に変えるだけ!

こんばんは、小保内雅行です。
野球が好きな私は今、日本シリーズ見てます^^
野球はやっぱり面白いです。
ちなみにサッカーも大好きです^^
さて、好きな番組を見ながら筋トレやストレッチを最近しています。
今日で3日坊主ではなくなりました^^;
4日目に突入です!
だって、たった5分でいいんですから!
でも、5分じゃ物足りなくなってきました・・・^^;
明日からは10分にしてみようかと思います^^
自分のペースで徐々に鍛えていきましょうね!
レッスンに参加できない方は以下のオンラインレッスンをご利用ください。オフのイメトレにもお勧めです^^

◆はじめてのコブ・オンライン
コブ初心者のための、自主練用動画をステップバイステップでお届けします。
◆もうコブから逃げない!6日間無料で学ぶメールレッスン
6日間無料で学ぶ!コブの滑り方無料メールレッスン

日本一早くスキー場がオープンしました

小保内祐一です。
10月19日から、静岡県にあるYeti(イエティ)が、屋外のスキー場としては日本一早くオープンしました。
東北地方はまだまだ先ですが、岩手の夏油高原スキー場なんかは、11月末にドカ雪でいきなり新雪150cmみたいな可能性もあるスキー場です。
オープンの速さで言えば、自然雪頼みの東北よりも、人工降雪の設備が整っている岐阜県周辺から西日本の方が早いですね。
しかし、
いくら早くオープンするからといって、焦って滑りに行くほどでもないなと思っています。
幅の狭い人工雪のコースに、もの凄い人数が滑っているわけですから、初滑りはとにかく自分のペースでゆっくり滑りたい自分にとっては、あまりいい環境とは言えないですからね。。
コースは荒れますし、接触事故の可能性も高くなりますので自重します。
それよりは、あと1か月~2か月はじっくりと時間をかけて、滑れる体に整えていきたいところです。
それでも、どうしても滑りたくなっちゃう!という方はシーズン初めですし、十分気を付けて楽しんでくださいね^^
ちなみに今日は、息子のサッカーに一緒に出掛けて、体を動かしてきたいと思います。
息子は、サッカー、空手、スイミングの3つにスクールに通っているので、家にいるときは私が送り迎えの当番です。
その合間を使ってちょうどいいトレーニング時間ができています^^
これから冬に向けて、1日の中で30分なり1時間、どこかで時間を作りたいですね。

DVD見て、滑り方を真似したが上達しない人

こんにちは、小保内雅行です。
岩手の山々ではようやく、紅葉が始まってきました。
今は八幡平が見ごろになってますね^^
気分転換に行ってみたいですね!
ちなみに、私はもう何年も紅葉見に行ってないです^^;
気分転換はやっぱり必要だと思います。
スキーでも一緒です。
同じ事を何回も何回も繰り返すのもいいですが、ちょっと違う事をやってみる!
というのも必要だと思います。
ちょっと違う事といっても、上達に結びつかない事では無く、もちろん上達する為にです!
だって、同じ事の繰り返しだと飽きるじゃないですか^^
これは私だけ・・・?^^
もちろん同じ事を繰り返すのが、悪いわけじゃありません。
それが一番いいです。
が、もっと重要な事があります。
ただ、同じことを繰り返してるけど上達しない
って方も多いと思います。
実際、私達のレッスンを受講されたお客さんの中にもいました。
上手い方のDVDを見て、練習を繰り返したが上達しない。
真似しようとしてみたが、出来ない・・・。
などなど
それはなぜか?
形を真似るのではなく、本質を理解していないといけないですね^^
【メルマガ:もうコブから逃げない!6日間無料で学ぶ上達の秘訣】
携帯からメルマガ登録をされる方はこちら

運動前のアップについて

小保内祐一です。
今日はなんとか雨は止んでくれましたので、外で思いっきり体を動かしたいと思います。
といってもゴリゴリとトレーニングをするわけではありません^^
いつも、子供が学校から帰ってきたら、一緒にプールに行ったり、サッカーをしたり、といった感じです。
僕の息子は空手をやっていて、近くの体育館に週2回~3回送っていくのですが、練習時間が1時間半ほどあります。
その時間を使って、30分ほどジョギングなど有酸素運動をし、道場で一緒にストレッチ(柔軟体操)をして、ロビーで筋トレをする(笑)
こんな感じで、空いた時間を使って、自分に無理のないように継続しています。
さて、今日はそのストレッチに着目してみます。
ストレッチの重要性については、弟が前に記事にしてくれていました。
一言でストレッチと言いますが、大きく分けても2つあるのはご存でしょうか?
・動的ストレッチ(運動前)
・静的ストレッチ(運動後)
動的ストレッチとは、よく言う”アップ”ですね。
普段、走ったり、筋トレをする前には必ず行います。
もちろんスキーをする前もです。
スキー場にご来場される方を見ていて、これを怠る方が非常に多いのが気になります。
運動前のストレッチの目的は、
筋肉に対し、酸素を送って起動させることです。
つまり、ストレッチをせずに運動を始めるということは、筋肉が準備ができていない状態で運動を開始するということです。
これは非常に危険です。
突然激しく動き出す。
絶対にやめましょう。
アップで気を付けてほしいのは、リズムよくひとつの筋肉を3秒くらい伸ばしていくことです。
リズムよくってのがポイントですね。
皆さんも運動前のアップ、必ず習慣にしてくださいね^^

30分もいらない!たった5分、自宅で出来る筋トレ法

こんばんは、小保内雅行です。
弟の私は、岩手にいます^^
明日の最低気温は・・・4℃とか。
雪降るのも直ぐそこまで来てますね^^
さて、兄(小保内祐一)が腹筋について書いてました。
それを見て、自分も焦ってます^^;
というのも、自分もお腹が・・・たるんでる!!!
完全に、運動不足&ビール飲み過ぎです^^
いつもこの時期になると、焦り始めるんですよね。
それで、一気に運動したり、筋トレを始めてしまう。
でも、それでは続かない・・・
こういう方、多いと思います。
シーズンまで後、2ヶ月程あります。
一気に始めるのではなく、徐々に鍛えて行きましょうね!
たった5分!自宅で出来る筋トレ法
【メルマガ:もうコブから逃げない!6日間無料で学ぶ上達の秘訣】
携帯からメルマガ登録をされる方はこちら

所要時間5分、家で鍛える腹筋

小保内祐一です。
長野に来ています。
場所は安曇野市と白馬村の中間くらいなのですが、今日はどんよりした雲に覆われてあいにくの天候です。
北アルプスを眺めながらゆっくりとランニングをしようかと思ったのですが、今日はお預けです。
最高に気持ちいいんですけどね^^
今日は、その代りに室内プールに行った後に自宅で軽く筋トレをしようと思っています。
筋トレといえば、
スキーでも非常に重要な役割果たす「腹筋」が代表的ですね。
筋トレの代名詞と言ってもいいのではないでしょうか。
冬までにはしっかりと割れた腹筋を手に入れるべく、僕も日々腹筋トレーニングをしています。
つまり、今はちょっとたるんでいるということです^^
そんな私がやっている腹筋の方法、「膝すりすり」を紹介してみます。
自宅で簡単に、5分もあればできてしまいますので、お風呂に入る前にやっています。
【基本姿勢】
1)あお向けに寝ます。
2)両ひざを立てます。(ひざの曲げ角90°くらいが目安)
3)両手を伸ばして、体の上に置きます。
【運動】
1)両ひざの皿をめがけて、両手の指先がひざに触れるまで上体をゆっくりと起こします。
(ももを手のひらで擦っていくような感じで上げます)
2)指先がひざに触れたら、手のひら(なるべく指先から手首付近まで)を広く使って膝をすりすりします。
すると、上体も同時に動くはずです。
このすりすりを繰り返すだけです。
注意点はゆっくりと動くことです。
しっかりと自分の鍛えたい部分に意識を集中してゆっくりとしたスピードで行うこと。
最初は、回数はあまり気にせず、好きなところまで追い込んでみてください。
ちなみに僕は、かなりゆっくりと10回×3セット
このくらいを目安にしています。
この腹筋をする時、こちらの事にも気を付けてくださいね~