技術に集中するからコブが滑れるようになります。

F-style奥利根の木下校長とコラボして開催したレッスンにご参加頂いた女性のお客様から感想を頂きました。

自主申告の通り、【コブが大嫌い】で通し続けてきたスキー人生です。
それで苦労し続けてきました。
なのでここ5,6年は、渋々コブに入っています(笑)
他のスクールでもコブレッスンに入った事はありますが、小保内さんや木下さんのように、
あそこまで分解して、平易な言葉で、コブ初級者でも怖くないライン取りや身体の使い方、理論を教示頂いたのは初めてでした。
私はかなり【状況】を選ぶ方でして、日曜日の様な固いコブは特に大嫌いでレッスンでなければ、絶対に入らないと自信があるほど、嫌いだし何をどうすればいいのかが分からなかったんです。
でも昨日、ラインの下半分から滑りだす、という状況で1月の二日間と先週末の2日間で教えて頂いた事をみっちりと練習(意識づけ)する事が出来ました。
私は、コブの溝に入りたくないのです。
それは怖いから。
なんで怖いのか言えば、板が動かす事が出来ないお陰でどんどんスピードが出ちゃうから。
板だけ走って身体は遅れる、という”自分で板をコントロール出来ない状況”。
それが怖い。
でも今回はそれをモノの見事に理論と滑りで解説して頂きました。
どこでどうやって、何をすればいいのか。
怖くない(身体に優しい←これ結構私には大事)ライン、つまり板をどこに通せばいいのかを、そしてそれはどうやって身体を使えば出来るのかと。
それを嫌と言うほど見せて頂いて、自分の中でイメージ出きそれを実践するにはどのように身体を使えばいいのかの意識付けも出来るようになったと思います。

怖いものを無理やり進んでいくと非常に危険です。

怪我にもつながりやすくなります。

大事なのは、技術に集中することです。

滑れるか滑れないかは気持ちの問題ではないですね。

さらに、ただ単に集中するだけではなく、自分が今やるべきことに集中する。

駄目なら違うポイントに集中してみる。

集中しすぎてかなり疲れたことと思います^^

その変わり、大きなキッカケを掴むことができた素晴らしい滑りでした!

週末グループコブレッスン

平日マンツーコブレッスン

上達しても細かなステップを踏む

昨年、奥利根スノーパーク(群馬県)で、2週にわけて計4日間にわたり開催した出張レッスンにご参加頂いたお客様から感想を頂きました。

コブ斜面での技術にワンパターンさを感じていたので、新しい感覚を求めて4日間、参加してみました。コブスクールへの入校は初めてでした。
結果は、満足です。
レッスン内容に不満があれば、4日間も参加したいと思えません。
基礎的な部分を分解して練習するのは理解のためには効果的なことですし、実際、そういう課題はうまくできないので練習する必要がありますし、私が知らないことや意識すべきことがいっぱい含まれているはずですから、私はそういう練習は好きです。
自分の現状をベースにして(もしくは打破して)、新しい考え方、イメージ、技術が理解でき、体感できたときに、上達するのだと思います。
上手くいってないときはたいてい、何かが足りないか、イメージが間違っているか、イメージが間違いではないがやりたいことと異なっているか、ということだと思います。

とても技術レベルの高いお客様でしたが、しっかりと基礎を見直し、細かなステップ踏んでいらっしゃいます。
それこそが、まさに上達の秘訣ですね^^

週末グループコブレッスン

平日マンツーコブレッスン

スクール参加前によくある質問

小保内です。
初めてスクールに参加するのって、結構勇気がいりますよね^^
スクール参加前によく頂く質問をまとめて、随時更新しておりますので参考になさってみてください。
【技術レベルに関するよくある質問】

Q.私の技術レベルで参加して大丈夫でしょうか?
A.コブ斜面のレッスン参加に必要な技術レベルの目安は、整地でゆっくりと中回りができて安全に止まることができることです。また、コブ斜面がまったくの未経験でも安心してご参加頂けます。
Q.レッスンについていけなかったらと思うと不安です。
A.基本的にレッスンは一番技術レベルの低い方に合わせて進めていきます。(もちろん口には出しませんが^^)また、レベル差がありすぎる場合にはインストラクターを追加してクラス分けを行って進めていきます。
Q.一人で参加される方はいるのでしょうか?
A.レッスンに参加されるほとんどの方がお一人で参加されています。
Q.1級検定対策になりますか?
A.事前にその旨をお伝え頂ければそのことを踏まえレッスンをさせて頂いております。

【道具に関するよくある質問】

Q.自分が今持っているスキー板で大丈夫でしょうか?
A.スキー板はなんでも構いません。形状や長さにより若干の滑りやすさの違いはありますが、身に着ける技術は同じですので、今お持ちの乗りなれたスキー板でご参加ください。

【料金やキャンセルに関するよくある質問】

Q.予約していたのに突然参加できなくなりました。キャンセル料は発生しますか?
A.レッスン開催日7日前以降のキャンセルにはキャンセル料が発生します。詳しくはキャンセルポリシーをご覧ください。
Q.リフト券は自分で用意するんですか?
A.はい、リフト券は参加費とは別に必要となります。
Q.料金のお支払いは当日でしょうか?
A.お支払は全て事前支払となっております。銀行振込、クレジット決済(MasterCard,VISA,AMEX,JCB,paypal)が可能です。
ただし、岩手高原常設スクールに関しては当日現金でのお支払が可能です。
Q.悪天候でも開催されるでしょうか?
A.リフトの運行が中止にならない限りは実施致します。また、レッスン開始後にリフトが運行停止した場合、レッスンの進行状況により一部返金の対応をさせて頂いております。

ご質問はこちらより受け付けております。
ご不明な点はお気兼ねなくご質問ください。

出張レッスンについて

小保内です。

岩手県での常設スクールのほかに、各地のスキー場で出張レッスンも企画開催しております。

これまで以下のスキー場で出張でレッスンを開催してきました。

・函館七飯スノーパーク(北海道)
・安比高原(岩手県)
・奥中山高原(岩手県)
・八幡平リゾート下倉(岩手県)
・夏油高原(岩手県)
・スプリングバレー泉高原(宮城県)
・黒伏高原ジャングルジャングル(山形県)
・奥利根スノーパーク(群馬県)
・白樺湖ロイヤルヒル(長野県)

主に土日を使い、一定のテーマに絞ったレッスンを2日間にわたり開催しています。

2013シーズンも各地のスキー場で出張レッスンを行っていきます。

出張レッスンのお申し込みは、企画次第随時公開する形になります。
このブログでのお知らせしますので、どうぞお見逃しなく!

今年はもう少し西の方にも出向いてみたいなと思っております^^

開催場所については、希望の多い場所を候補にしていきたいと思っておりますので、ご希望のある方はぜひご要望をお寄せください。

あなたのホームゲレンデにお邪魔するかもしれません^^

出張レッスン開催のご要望はメールフォームからお寄せください。
【メルマガ:もうコブから逃げない!6日間無料で学ぶ上達の秘訣】
携帯からメルマガ登録をされる方はこちら

キッズレッスンについて

小保内です。

僕たちの常設スクールでは、大人はもちろん、小学生以下を対象にしたコブレッスンも行っています。

参加可能な技術レベルの目安は、

一人でリフトの乗り降りができて初心者ゲレンデをハの字で滑ることができること

そうです。
このくらい滑れれば、つまらない整地を永遠に連れまわされるだけのレッスンにお子様を預ける必要はありません。

コブに入り、ジャンプ台に入り、ゲレンデの地形を利用し、子供達が飽きずに最高に楽しんで頂きながら、さらに上達してしまう。

子供達のレッスンではこれをテーマに行っています。

ゲレンデでよく見かけるキッズレッスンを見てずっと疑問に思っていました。

子供達つまらなそうだな、と。
寒いだろうな、と。

大人向けのコブレッスンとは違い「楽しむ=上達」に重点をおいてレッスンしています。
もちろん安全第一なのは当たり前。

また、参加してくれた子供達に一斉に特定の技術を教えるといったことは行いません。
子供の場合、同じように見えても技術レベルの差は激しいです。
そして、大人に比べて言葉で言われても理解しずらいわけです。

だから無駄なんです。

滑りの中で上達の近道を進んでもらうために個々に対してポイントを押さえたアドバイスを行っていく形です。

しっかりとインストラクターの滑りを見てもらい、真似てもらい、スポット的にアドバイスを繰り出す。

そんなレッスンを小学生以下はリフト券が無料の岩手高原スノーパークで、シーズン中は毎日レッスンを行っております。
【メルマガ:もうコブから逃げない!6日間無料で学ぶ上達の秘訣】携帯からメルマガ登録をされる方はこちら