オフシーズンのイメージ作りに!動画レッスンはこちら

一気に上達しようと思ってませんか?

こんばんは、小保内です。
iPhone5最高です^^
軽いし、薄いし、何よりネット接続が早い!
使いやすいです^^
ですが・・・
バックアップを失敗しまして・・・
復元もしてみましたがダメでした。。。
全員の連絡先が消えたのです(+_+)
ショックです。。。
これから、コツコツとみんなに連絡先を聞いて入力作業しなくてはいけないんです。
少し大変ですが、コツコツ頑張ります^^;
コツコツ頑張れば、大変だった日々が笑い話になっている事でしょうね^^
スキーでも一緒ですね!
コツコツと頑張れば必ず結果は出ます。
ですが、皆一気に上達しようと思うからダメなんです。
1回聞いただけ、やっただけで直ぐに上達するわけないですからね^^
コツコツと練習に励む事が大事なんです!
【メルマガ:もうコブから逃げない!6日間無料で学ぶ上達の秘訣】
携帯からメルマガ登録をされる方はこちら

パウダー滑る時「ターンできなくて、真っ直ぐ下に直滑降しちゃうんです」って経験ありませんか?

こんにちは、小保内です。
今日の岩手は一気に気温が下がった感じです。
私は完全に間違った格好をしています。
Tシャツにハーフパンツ。
真夏スタイルです^^
昨日までは、問題なかったんですけど・・・
パソコンを打つ手が少し震えてます。。。
しっかり天気予報で気温を確認しておくべきでした(+_+)
いつもは確認するんですけど、今日に限って見逃してました。
みなさんは天気予報は見ますか?
私は結構確認します。
特に冬ですね^^
明日は雪が降るのか?
晴れるのか?
気温はどれくらい?
って、前日の夜にいつも確認します。
だって、滑るなら雪が降った朝一がいいじゃないですか^^
フワフワのパウダーを朝一にいただく。
最高ですよね~
でも、パウダー滑るの苦手って人結構いるんですよね^^
「ターンできなくて、真っ直ぐ下に直滑降しちゃうんです」
なんでなんでしょう?
それは、足で無理にターンしようとしたり、体の使い方が出来てないからですね。
コブ斜面を滑る時も一緒ですね^^
【メルマガ:もうコブから逃げない!6日間無料で学ぶ上達の秘訣】
携帯からメルマガ登録をされる方はこちら

パウダー滑る時「ターンできなくて、真っ直ぐ下に直滑降しちゃうんです」って経

こんにちは、小保内です。
今日の岩手は一気に気温が下がった感じです。
私は完全に間違った格好をしています。
Tシャツにハーフパンツ。
真夏スタイルです^^
昨日までは、問題なかったんですけど・・・
パソコンを打つ手が少し震えてます。。。
しっかり天気予報で気温を確認しておくべきでした(+_+)
いつもは確認するんですけど、今日に限って見逃してました。
みなさんは天気予報は見ますか?
私は結構確認します。
特に冬ですね^^
明日は雪が降るのか?
晴れるのか?
気温はどれくらい?
って、前日の夜にいつも確認します。
だって、滑るなら雪が降った朝一がいいじゃないですか^^
フワフワのパウダーを朝一にいただく。
最高ですよね~
でも、パウダー滑るの苦手って人結構いるんですよね^^
「ターンできなくて、真っ直ぐ下に直滑降しちゃうんです」
なんでなんでしょう?
それは、足で無理にターンしようとしたり、体の使い方が
出来てないから
ですね。
コブ斜面を滑る時も一緒ですね^^
【メルマガ:もうコブから逃げない!6日間無料で学ぶ上達の秘訣】
携帯
からメルマガ登録をされる方はこちら

スキー板を変えたら、コブ斜面を滑れるようになるのか?

こんばんは、小保内です。
本日、新しい携帯が明日届きます!
って連絡が入りました。
そう、iPhone5です^^
今まで、私はかなり古い携帯を使っていて携帯ショップのスタッフにさえビックリされたんです。
いやいや、あなたの会社で扱ってる携帯でしょ!って言いたくなりましたけど^^
新しい物や、自分が楽しみにしていた物が手に入る瞬間ってテンション上がりますよね!
私も今、テンションアゲアゲでブログ書いてます^^
テンションが上がるって、人それぞれ違うと思います。
皆さんは何でテンション上がります?
スポーツしてる時?
お酒飲んでる時?←私はコレもあります^^
彼氏・彼女と一緒に過ごしてる時?
夫婦で旅行行った時?
人それぞれですよね^^
何をするにしても、人それぞれだと思うんですよ。
何かを買う時、選ぶ時。
スキーの板を選ぶ時、ブーツやウエアを選ぶ時だって人それぞれ。
自分の好きな、気に入った道具を選べばいいんですよ!
誰かに言われたからじゃなくて、自分で好きな道具を選べばいいんですよ。
道具を良いもの揃えたって自分の滑りは変わらないんですから^^
そろそろ冬の道具選びしないといけないですね!
ちなみに、コブ斜面滑るのに道具は関係ないです。
良く言われるんですよ。
カービングの板なんですけど、コブ斜面滑れますか?ってね。
返す言葉はただ一つです。
カービングの板でも問題なくコブ斜面は滑れますよってね^^
【メルマガ:もうコブから逃げない!6日間無料で学ぶ上達の秘訣】
携帯からメルマガ登録をされる方はこちら

レッスンではコブの滑り方を知って欲しいと思っています。

昨年、宮城県のスプリングバレー泉高原で開催したレッスンにご参加頂いた女性のお客様から感想を頂きました。

やっぱり間違いを指摘して頂いて習うのは大切ですね。
久しぶりに頭が三角になりつつも、楽しかったです。
滑らかに何事もないように滑る先生を後ろからみて滑ると、滑れそうな気がするのに…
ん~~~~~いつもフラットでハテナが出るのは…どうしたものか…。

コブを滑るにはまずは頭でしっかりと理解することが大切ですね。
レッスン中に即効果がでる方もいれば、その後ジワジワと効果がでて上達してくる方もいらっしゃいます。
どちらにしても大事なのは、しっかりと理解して練習するということです。
そうすると必ず上達します。
レッスン中に上達できるのはもちろん嬉しいことですが、個人差がありますので、レッスンで一番得てほしいのは滑れるようになるための知識。プラスしてそれを実践してみる場です。
やみくもに数をこなしても上達は遠のくばかりです^^
レッスンにご参加頂いた方には、いつでもメールで質問くださいね!って伝えています。
メールで質問するのはいつでもタダですので、ぜひ活用してくださいね^^
レッスンに参加したことの無い方からも技術的な質問は常に受け付けております。
お気兼ねなくご質問くださいね。
メールでの質問はこちら

技術に集中するからコブが滑れるようになります。

F-style奥利根の木下校長とコラボして開催したレッスンにご参加頂いた女性のお客様から感想を頂きました。

自主申告の通り、【コブが大嫌い】で通し続けてきたスキー人生です。
それで苦労し続けてきました。
なのでここ5,6年は、渋々コブに入っています(笑)
他のスクールでもコブレッスンに入った事はありますが、小保内さんや木下さんのように、
あそこまで分解して、平易な言葉で、コブ初級者でも怖くないライン取りや身体の使い方、理論を教示頂いたのは初めてでした。
私はかなり【状況】を選ぶ方でして、日曜日の様な固いコブは特に大嫌いでレッスンでなければ、絶対に入らないと自信があるほど、嫌いだし何をどうすればいいのかが分からなかったんです。
でも昨日、ラインの下半分から滑りだす、という状況で1月の二日間と先週末の2日間で教えて頂いた事をみっちりと練習(意識づけ)する事が出来ました。
私は、コブの溝に入りたくないのです。
それは怖いから。
なんで怖いのか言えば、板が動かす事が出来ないお陰でどんどんスピードが出ちゃうから。
板だけ走って身体は遅れる、という”自分で板をコントロール出来ない状況”。
それが怖い。
でも今回はそれをモノの見事に理論と滑りで解説して頂きました。
どこでどうやって、何をすればいいのか。
怖くない(身体に優しい←これ結構私には大事)ライン、つまり板をどこに通せばいいのかを、そしてそれはどうやって身体を使えば出来るのかと。
それを嫌と言うほど見せて頂いて、自分の中でイメージ出きそれを実践するにはどのように身体を使えばいいのかの意識付けも出来るようになったと思います。

怖いものを無理やり進んでいくと非常に危険です。
怪我にもつながりやすくなります。
大事なのは、技術に集中することです。
滑れるか滑れないかは気持ちの問題ではないですね。
さらに、ただ単に集中するだけではなく、自分が今やるべきことに集中する。
駄目なら違うポイントに集中してみる。
集中しすぎてかなり疲れたことと思います^^
その変わり、大きなキッカケを掴むことができた素晴らしい滑りでした!

上達しても細かなステップを踏む

昨年、奥利根スノーパーク(群馬県)で、2週にわけて計4日間にわたり開催した出張レッスンにご参加頂いたお客様から感想を頂きました。

コブ斜面での技術にワンパターンさを感じていたので、新しい感覚を求めて4日間、参加してみました。コブスクールへの入校は初めてでした。
結果は、満足です。
レッスン内容に不満があれば、4日間も参加したいと思えません。
基礎的な部分を分解して練習するのは理解のためには効果的なことですし、実際、そういう課題はうまくできないので練習する必要がありますし、私が知らないことや意識すべきことがいっぱい含まれているはずですから、私はそういう練習は好きです。
自分の現状をベースにして(もしくは打破して)、新しい考え方、イメージ、技術が理解でき、体感できたときに、上達するのだと思います。
上手くいってないときはたいてい、何かが足りないか、イメージが間違っているか、イメージが間違いではないがやりたいことと異なっているか、ということだと思います。

とても技術レベルの高いお客様でしたが、しっかりと基礎を見直し、細かなステップ踏んでいらっしゃいます。
それこそが、まさに上達の秘訣ですね^^