GW5/6までと、5/6以降のレッスン予定について  

各日残り数名です。

こんばんは。
小保内雅行です。
みなさん、正月休みは満喫したでしょうか?
私はずっとスキーです^^
さて、正月休みが終わって間もないですが、嬉しい事に今週末は3連休がやってきます!
この3連休、私たちは子供のレッスンを開催します。
【会場:岩手高原/白樺湖】小学生対象・遊びゴコロ満載の「ハの字脱却大作戦」
毎回大人気のキッズレッスンですが、今回は長野県白樺湖ロイヤルヒルと岩手県岩手高原スノーパークの2会場で同時開催です。
既に、満員になっている日もあります。
子供をハの字から脱却させたい、お父さん・お母さんはぜひこの機会にお申込みください。
ただし、各日残り数名となっておりますのでご予約はお早めにお願いしますね。
【会場:岩手高原/白樺湖】小学生対象・遊びゴコロ満載の「ハの字脱却大作戦」

整地の感覚でコブに入るとスピード早すぎです。

こんにちは。
小保内祐一です。
多くの方が、まずはコブをゆっくり滑りたいと言ってレッスンに参加してくださいます。
レッスンでは必ず整地から練習していきます。
そこで、
「まず整地で普段の滑りでゆっくり滑ってみましょう」
とレッスンが始まっていくのですが、
ほぼ100%の確率で、スピード早すぎです。
その感じでコブに入ったら一発で飛ばされます。

というくらい、スピード慣れし過ぎちゃってるんですね。
ゲレンデを滑っている方を見回しても速い方が多いです。
時には、1ターンずつ止まるくらいのイメージで整地を滑ってみましょう。
スピードが無い分、ターンの切り替えしが難しくなります。
1日の中で数本でいいので、整地で止まるくらい超ゆっくり滑ってみてください。
自分の技術が丸裸にされますよ。

今年もよろしくお願いします^^

あけましておめでとうございます。
小保内です。
岩手は新年早々大雪です^^
昨晩から今日の夕方まで、軽く50cmは積もりましたね。
さて、新年一発目のコブキャンプが今週末に迫っています。
【1/5,6岩手高原】はじめてのコブレッスン
今は、当日に向けて練習用のコブを作ったり、レッスンの組み立てをもう一度見直したりと準備しています。
2日間ともほぼ満員状態ですが、定員をオーバーした場合は、インストラクターを増員しますので、どしどしご予約ください。
【1/5,6岩手高原】はじめてのコブレッスン
このレッスン1日で目指すのは、超低速を維持してコブ連続10ターンです!

今年は例年以上に雪上に立って、自分自身の技術向上と共に、レッスンスキルの向上に努めていきます。
それでは、本年もよろしくお願い致します!

既にカウントダウンが始まっています!

こんばんは。
小保内雅行です。
今年も、あと2日で終了。
早いものです^^;
今年のカウントダウンはどこでしようか考えてます^^
家でテレビを見ながらカウントダウン。
これが一番ですかね^^
お酒を飲みながら。
と言いたい所ですが、ここ3年くらいのカウントダウンは夢の中です^^;
さて、こちらは既にカウントダウンが始まっています!
■上級者参加禁止!はじめてのコブ
■小学生以下対象【ハの字脱却大作戦】
両キャンプ、定員の半数を切っています。
お急ぎご予約ください!

完全にピタッと止まれますか?

こんばんは。
小保内です。
天候にも恵まれた3連休、岩手高原でのコブレッスンに参加頂いたみなさんありがとうございました^^
はじめてでもできる!コブ斜面の滑り方
上級者は参加禁止という事で、みなさんコブ初めてや挑戦してみるけど直ぐに弾かれたり、スピードが出てしまうというお客さん。
どうしたら、コブを自分でコントロールしながら滑れるのか?
というのを、整地から学んで頂きました。
今までも何回も言っているように、最強のスキーヤーは【どんな斜面でも思い通りにターンができて、安全に止まれる】だと考えています。
どんな斜面でもという事は、もちろんコブ斜面でもですね^^
1コブづつ止まるんですよ!
完全にピタッと。
皆さんはできますか?
出来ないなら、それはコブの滑り方を分かってません。
でも滑れるよ。
という方は、スピードでごまかしたり、体がバラバラになってカッコ悪く滑ってるはずです。
自分ではカッコよく滑ってるつもりでも、他の人が見たら実は・・・(笑)
ってなってる可能性大です。
それでは、絶対に上達しません!
断言します!!!
まずは、こちらで学んでください。
それでも、出来ない方は1月にも開催するレッスンに参加してみてください^^
■上級者参加禁止!はじめてのコブ

上達するのはあなた自身です。

こんにちは。
小保内祐一です。
レッスンって上達への最短距離を進むためのものですが、レッスンを受ける前に必ず確認しておいてほしいことがあります。
それは、
道具の確認ではありません。
技術レベルでもありません。
上達するのはあくまでも自分自身
という心構えを確認しておいて欲しいです。
たまに、自分の上達をすべてインストラクターに委ねていらっしゃる方がいます。
「上達させてくれ」
というスタンスですね^^
はっきり言って、この心構えでは、上達するものもしません。
インストラクターとしてお客様を全力で上達へ導くのは当然であり、大前提ですが、あくまでも上達するのはお客様自身です。
上達させてくれ状態だと、絶対に上達しません。
それを上達させるのがインストラクターの仕事だと言う方もいるかもしれませんが、僕はそうは思いません。
レッスン内容を吸収して、上達するのはあくまでもお客様自身です。
でないと、その場限りで自分の身にならないからです。
私たちのスクールには、この事をご理解頂いた上でご参加くださいね。

◆はじめてのコブ・オンライン
コブ初心者のための、自主練用動画をステップバイステップでお届けします。
◆もうコブから逃げない!6日間無料で学ぶメールレッスン
6日間無料で学ぶ!コブの滑り方無料メールレッスン

登らせてあげます。

こんにちは。
小保内祐一です。
子供向けのレッスンで「ハの字脱却」をテーマにしたレッスンを開催してます。
色々な遊びを駆使してハの字脱却へと導くのですが、その中のひとつ誰でも教えられることがあります。
それは、小さな山に登らせることです。
そもそも足を揃えて滑ることは難しいことではないのに、なぜハの字がとれないのかというと、スピードを抑えたいと思うからですよね。
そこで、勝手にスピードを落とせる状況で滑らせることが近道になります。
登りは、勝手にスピードが落ちますよね。
目印を決めて登らせてあげてください。
子供たちはハの字じゃ登れない。
と、勝手に気づいて、足を揃えて一生懸命こいで滑ってきてくれます。
こんなちっぽけな事から、ハの字を脱却するキッカケになってきます。
遊びを入れてあげた方が、ただ滑ってるよりも楽しいですしね^^
逆にハの字を脱却するのために絶対にしてはいけないのは、子供が「スピードを抑えたい」と思う斜面に連れていかないことです。
お子さんと一緒に滑るときにちょっと試してみてください。