【重要】レッスン申込・オンラインレッスン申込後、メールが届かないというお客様へ  

満員になりました。

こんにちは。
小保内祐一です。
1/19,20に開催の群馬県奥利根スノーパークでの出張コブレッスン、満員となりましたので、募集を締め切りました。
ご予約頂いた皆さんありがとうございました。
当日お会いできるのを楽しみにしております^^
ただ、キャンセル待ちでの受付は引き続き行っておりますので、もしキャンセルが出た場合は予約順にご連絡を差し上げますね。
見逃した!という方も一応キャンセル待ちで予約をしておいてください。
もしかしたらチャンスがあるかもしれません。
奥利根・エフスタイル木下校長とのコラボレッスン

これを直さないと上達はできません!

こんばんは。
小保内雅行です。
突然ですが、自分の滑りって見た事ありますか?
友達にビデオ撮影してもらい、自分の滑りがどうなっているか確認した事ありますか?
これって実はすごく大事なんです。
あの人は出来てるのに、なんで自分にはできないんだろう?
しかも整地でのレベルは、同じか自分より上手くないのに・・・
それには必ずと言って原因があります。
ただ、その原因は自分の滑りを見るか、誰かに指摘してもらわないと直りません
私たちのレッスンを受講されるお客さんでも、そういう疑問を持っている方は沢山います。
整地では自分の方が上手いのに、コブに入ると出来なくなる
それは、滑りの中でどこか悪いクセがあるからです。
悪いクセがある限り、上達はできません。
でもそれは、自分で滑ってるだけでは気づきにくいです。
だから、自分の滑りを撮影してもらい自分のクセを見抜かないといけません。
自分の滑りを見ても、どこが悪い原因なのかわからない方は友達に指摘してもらうか、レッスンを受講するべきです。
■上級者参加禁止!はじめてのコブ
まずは、自分の悪いクセは無いか確認してみましょうね^^

ターンの時に、力を発揮してくれます!

こんばんは。
小保内雅行です。
ようやく私も、初滑りしました。
やっぱりスキーは楽しいです^^
ゆっくりとしたスピードで、一つ一つ確認しながら滑りました。
いきなり調子に乗ってスピード出して滑ると、怪我しちゃいますからね^^;
怪我なんかしたら今シーズン終了になっちゃうので、それは絶対避けたいですね。
さて、いつもなら初滑りは少しぎこちないんですが・・・
今シーズンは違いました!
しっかりと板に乗れて、踏む事もできました^^
それは、この道具を着けて滑ったからです!
やはりターンの時に、力を発揮してくれます^^

今シーズンも上達しないままでいいのですか?

こんばんは。
小保内雅行です。
今日のスキー場は生憎の雨でした(+_+)
さすがにスキー場は、雪だろうと思ったのですが残念です。
明日以降に期待ですね^^
さて、12月の3連休に岩手高原スノーパークで開催する2つのキャンプ。
■上級者参加禁止!はじめてのコブ
■小学生対象【ハの字脱却大作戦】
続々とお申込みありがとうございます^^
お申込みがまだな方はお早めに!
どちらのキャンプも、月に1度しか開催しません。
又、他の月にキャンプを開催しても同じ内容のレッスンになるとは限りませんからね。
なので、上達したい方は絶対に参加するべきです!
このチャンスを逃すと、今シーズンも上達しないままで終了するかもしれませんよ!

整地でもコブ斜面をイメージしながら練習しましょう!

こんばんは。
小保内雅行です。
明日、いよいよ岩手高原スノーパークがオープンします!
そして、私たちのスクールもそれに合わせて開校します。
まだ、少し雪が少なめなので全面滑走とはいきませんが、山頂から山麓まで滑れます^^
ただ、コブに関してはもう少し雪が降らないと出来ません。
それまでは、整地の練習に励みましょうね^^
整地でもコブをイメージしながら練習してください!
コブが滑れないのに、どのようにイメージすればいいのかはこちらで確認してくださいね^^

教え方を変えるだけで、子供はすぐに上達します!

こんばんは。
小保内雅行です。
オープンが刻一刻と迫っていて、ワクワクしてます!
今シーズンも、かわいい子供達に会えるのが楽しみです^^
$はじめてでもできる!コブ斜面の滑り方
さて、子供をハの字から板を揃えて滑らせるというのは正直かなり難しいです。
お父さん、お母さんなら経験あると思います。
厳しく教えれば、いじけたり。泣いたり・・・。
優しく教えれば、言う事聞かなかったり・・・。
どうしたらいいの!?って経験ありますよね^^
でも、自分が子供の時を思い出してください。
同じでしたよね^^
なんのスポーツでも言える事ですが、子供の上達ってのは早いんですよ!
大人とは違って^^;
でも、教え方を間違っているともちろん上達はしません。
大人と一緒で^^;
教え方一つ変えるだけで、子供はすぐに上達します。
今日は、多数ある教え方の中から一つ。
【初心者コース内の隅にある、深雪の中を足を揃えて滑らせてみてください。】
これだけです!
子供はメチャクチャ喜びますよ^^
そしていつの間にか・・・!?
あくまでこれは、上達する為の教え方の一つですからね。
ぜひ試してみてくださいね^^
■小学生以下対象【ハの字脱却大作戦】

しっかりとスキーをズラせていますか?

こんにちは。
小保内祐一です。
タイトル通り、板をしっかりとズラすことできますでしょうか?
さらには、そのズラシの量を思い通りにコントロールできていますでしょうか?
ただ単に、エッジに寄り掛かったターンでもなければ、ターン前半でのズラシでもなく、ターン後半でのズラシです。
ターン後半でのズラシ
これがスピードコントロールの基本となります。
これなくして、難度の高い斜面を滑ることは無理です。
基本中の基本ですので、もう一度見直してみましょうね^^