コブでの2大失敗パターンを解消する!自宅でできるエクササイズ動画

コブの何処を見るかも重要です。

こんにちは。
小保内祐一です。
昨日、ゆっくり滑るならまずは1コブ先を見よう。
と書きましたが、
果たして1コブ先の何処を見ればいいのでしょうか?
そもそも斜面によってコブの形ってバラバラですよね。
急斜面に行けば大きく横を向いたコブがあったり、緩斜面には縦の溝のようなコブもあります。
まず、コブを見たとき一番目につくところは何処でしょうか?
それは、一番溝の深い部分ではないでしょうか。
溝が深いと、「あ~溝が深いな~」ってぼんやり思いますよね。
この時点で、皆さんの意識は深い溝の部分に集中しちゃってます。
おそらく視線もその深い部分を捉えているでしょう。
すると、どうなるか?
嫌だな~と思っている深い部分に吸い込まれていってしまいます(笑)
いや、笑いごとではないです。
しかし、やはり深い部分や、際立った場所が目立ちますので、
意図的にそこから意識と視線を外していかなくてはいけません。
行きたくないところを見ない。
行きたいところに視線を送り意識を集中させてみてください。

コブの見た目に騙されていませんか?

こんにちは。
小保内祐一です。
コブ斜面の上に立った時を想像してみてください。
$はじめてでもできる!コブ斜面の滑り方
上から見ると、コブの表面(おもて)しか見えていないのがわかるでしょうか?
多くの方がこの見え方に騙されて失敗してしまいます。
多くの方が、無意識のうちにその見えている部分で何かをしてしまいます。
例えばスピードコントロール、減速です。
具体的に言うと、表面では瞬間的に力を入れてはいけません。
この見えている表面でブレーキをかけようとしてはいけません。
ここでは、すでに次のコブへ向かう意識が必要です。
スピードをコントロールするのはもっと前の段階で、実際にコブの表面に到着した時には次のコブに意識がないとタイミングが遅いということになります。
そこで、タイミングが遅れないために「下を見るな、前を見ろ」とよく言いますよね。
何故前を見る必要があるかというと、次のコブ(ターン)に進入するタイミングが遅れないためです。
では、どのくらい前を見ればいいかというと、
ゆっくり滑る場合はぼんやりと前を見ていてはいけません。
まずは一コブ先を見るようにしましょう。
自分が右側のコブにいる時は、次の左コブを見ている。
左側のコブに到着した時は、次の右コブを見ている。
ぜひ気を付けてみてくださいね。

2013シーズン・週末キャンプスケジュール

小保内祐一です。
今シーズンの週末を使ったキャンプのスケジュールをまとめておきます。
※岩手高原及び、出張のレッスンもまとめて掲載しております。
現在のところ、1月までの予定が決まっております。
ご希望のレッスンは早めにチェックしておいてくださいね。
12/5現在
・12/22~24 (初心者限定)はじめてのコブ
【場所】岩手県岩手高原 【対象】一般
【担当】小保内祐一・雅行 【定員】各日16名
※近日予約開始
・12/22~24 ハの字脱却大作戦
【場所】岩手県岩手高原 【対象】小学生
【担当】小保内雅行・他数名 【定員】各日16名
※近日予約開始
・1/5~6 (初心者限定)はじめてのコブ
【場所】岩手県岩手高原 【対象】一般
【担当】小保内祐一・雅行 【定員】各日16名
※近日予約開始
・1/12~14 ハの字脱却大作戦
【場所】岩手県岩手高原 【対象】小学生
【担当】小保内雅行・他数名 【定員】各日16名
※12/15予約開始
・1/12~14 ハの字脱却大作戦
【場所】長野県白樺湖ロイヤルヒル 【対象】小学生
【担当】小保内祐一 【定員】各日8名
※12/15予約開始
・1/19,20 (木下×小保内)コブキャンプ
【場所】群馬県奥利根スノーパーク 【対象】一般
【担当】小保内祐一・木下桂一 【定員】各日16名
※12/15予約開始
・1/26,27 (小保内×小保内)コブキャンプ
【場所】宮城県スプリングバレー泉高原 【対象】一般
【担当】小保内祐一・雅行 【定員】各日16名
※12/15予約開始

夏油高原、かなり雪降ってそうです。

小保内祐一です。
今週末あたりから、東北でもオープンするスキー場が増えそうですね。
夏油高原のライブカメラ▼

かなりいい感じで降っていそうですね^^
週末はパウダーが期待できるかもしれません!
初すべりの方は、こちらの事に十分気を付けて滑ってくださいね。

アレの対処法

小保内祐一です。
最近、初すべり完了のメッセージをたくさん頂いてます。
各地でスキー場が続々とオープンしてますからね。
今シーズン初だからゆっくりと、ほどほどに滑ろうと思っていても、溜りにたまった滑りたい欲求が一気に爆発しますので、なかなか抑えられません^^
僕も間もなくそうなると思います。
そして、初すべりで思わず滑りすぎてしまったら、必ずと言っていいほど襲ってくる筋肉痛。。
そんな時の対処法はこちらです。

自分の技術が上がるのは間違いありません。

こんばんは。
小保内雅行です。
オフトレ施設の片づけもようやく終了。
完全に筋肉痛ですが^^;
シーズン前に、体はボロボロです(+_+)
その前に、まだタイヤも交換してません。
明日、スキー場に行く事になったのですが無事に行けるか心配です^^;
岩手でまだタイヤ交換してないという方は、なかなかいないのではないでしょうか(笑)
さて、私のシーズンインも迫ってきてます!
その前に、スクールスタッフをまだまだ募集しています。
未経験者でも資格が無くても全然問題ないです^^
また、級をもってなくても大丈夫です。
中級斜面の整地を滑る事ができれば誰でも出来ますよ^^
スクールスタッフをやる事によって、自分の技術もかなりレベルアップする事間違いありません!
少しでも興味ある方は、ご連絡くださいね^^

小保内のFacebook

こんにちは。
小保内祐一です。
皆さん、フェイスブックはされてますか?
私も、弟も、フェイスブックを通じてたくさんのスキーヤーと知り合うことができ、実際にお会いすることができ、色々な情報交換をすることができています。
こういった繋がりというのも、上達を早めるためのひとつかなと思います。
皆さんもぜひ活用してくださいね。
今シーズンは、今まで一緒に滑ったことの無い方とも雪上でご一緒できそうです。
スキーの楽しみがまた一つ増えました^^
以下が僕たちのフェイスブックです。
ぜひ、友達申請してくださいね^^
・小保内祐一のフェイスブック
http://www.facebook.com/yuichi.obonai
・小保内雅行のフェイスブック
http://www.facebook.com/masayuki.obonai