初めてコブを下まで滑ることが出来て嬉しかったです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは、小保内雅行です。

4月にかぐらスキー場でのマンツーマンレッスンにご参加頂いた、T様よりレッスンのご感想を頂きましたのでご紹介させて頂きます!

今日はコブレッスンお世話になりました。

先生がおっしゃるように整地で出来ないことはコブでも出来ないんですね~😰

今日は形はともかく、初めてコブを下まで滑ることが出来て嬉しかったです😊

ゆっくり滑ることで恐怖心がなくなり、これからはコブを嫌がらずに入れそうです。

分かりやすいアドバイスありがとうございました。

最後の滑りの動画も今の自分を見ることができて良かったです。

欲を言えば、腰が回らずに上体がフォールラインを向ければ良かったな~(ストック前ですね🎵)、きちんと溝まで落ちて切り替えが出来るように練習しようと思います。

あと、力まないこと!腰が外れないこと!言い出せばキリがないくらい出てきますね😅

今日がコブの始まりでそのきっかけを作って下さり、感謝してます。 楽しい1日をありがとうございました。

T様、レッスンご参加ありがとうございました!

コブが今まで全く滑れなったT様ですが、今回のレッスンでは10コブも20コブも滑り降りる事が出来ましたね^^

 

まず始めは、綺麗に滑ろうと考えるのではなくバラバラでもいいので大げさに動きを行い体に覚えさせるという事が大事と考えています。

その動きを体で覚えたら、綺麗さを求めていけばいいんです。

スキーの動かし、体の動きはバラバラでも積極的に動かしていきたいですね^^

また、レッスンでは特に手の位置をかなり意識させながらレッスンを行っています。

今までレッスンを行ってきた中でこの手の位置を変えるだけで、ポジションも良くなりスキーの操作・体の動きが良くなるというお客様が多いです。

特に切り返し時のストックを付いた逆の手です!

この逆の手を意識させるだけでも、切り返しがスムーズになります

皆さんもストック付いた逆の手がどこにあるか、気にしてみてくださいね^^

 

さて、私がかぐらスキー場でのレッスンを行うのも残り少なくなってきました!

まだ数名空きもありますので、ぜひご検討ください^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

動画:見て質問して自主練できる!コブ初心者のための動画マニュアル

通常のDVDとは違い、質問しながら自主練できるステップバイステップ動画をお届けします!普段雪上で行っているレッスンの内容をそのままに、

・階段1 「究極の低速」
・階段2 「シュテムターンでコブを滑ろう」
・階段3 「真っすぐラインとバンクライン」
・階段4 「コブを制覇する4つのラインと無数のバリエーション」
・階段5 「スピードメーターを広げる」

という5つのステップに分けられた動画を見て、質問しながら自主練習が可能になります。遠方でレッスンに参加できない方もぜひご活用ください!

動画マニュアルを見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*