コブ斜面では待つ!とにかく待つ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、高橋です。

先週末のグループレッスンにご参加頂いた方々からレッスンのご感想が届きましたので紹介させて頂きます。

1月13日にご参加頂いたS様より。

普段いかに無駄な動きばかりをしていたか… 今回のレッスンで痛感しました。

実際はとてもシンプルで、そこに色んな要素を加えていけば良いのだと学びました。

わかりやすく、楽しく、大満足の1日でした。

リピーターさんが多いのも納得! また宜しくお願い致します。 ありがとうございました。

S様ご参加ありがとうございました。

そうですね、無駄な力が入ってしまうと体の動きが悪くなり固まってしまう。

それが暴走の始まりですね(*´Д`)

しっかり脱力して素直に落ちて行ってあげるのが一番安全です!!

 

1月13日、14日の2日間ご参加頂いたF様より。

1/13.14と、2日間のレッスンありがとうございました。

今回のレッスンで、印象に残っている事は2つ。

1つは、皆さんの感想にあるように「待つ」です。 「待つ」…5合目に到着するまで待つ(我慢)など…。 初日は、その「待つ」が出来ずに暴走してしまいました。

私の感覚では、「待つ」がちゃんと出来れば、ニュートラルポジションをつくる事が出来る。コブの中で、ゆっくりとした感覚を得ることが出来ると。

もう1つは、「コブのリズムに合わせる」です。 自分のリズムで滑ろうとして、変な所で板に力を加え加速してしまい、最終的には発射というパターンになる。

コブに逆らわない事が大事であり、レッスンの最初で高橋さんが言われた「板の上に乗っているだけの感覚」の重要性を再認識しました。

また、5合目をトップから行くように滑った時の感覚。 トップ→ブーツ→テールとコブに当たる感覚は新鮮でした。 スムーズでした。

(一度しか、体感できませんでしたけど(-_-;)) もっと、練習して”覚醒”したいと思います。

やはり、レッスンは客観的にアドバイスを頂けるので楽しい。

F様ご参加ありがとうございました。

F様は昨年見事にズルドンから脱却されました。

その時もこの「待つ」事の重要さを理解して頂けた瞬間突然ズルドンから脱却したと思います。

皆さんもこの「待つ」、何もしない感覚が出てくるとすごくゆっくり滑っている様に感じますよ(#^^#)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

動画:コブ攻略の決定版!はじめてのコブから最新のダイレクトラインまで全てを網羅!

コブ攻略の決定版!


はじめてのコブから、正しいズルズルドン、そこからどういう考え方でズルズルドンからズルズルドン脱却へと繋げていくのか?


はじめてのコブから最新のダイレクトラインまでコブ攻略の全てを網羅!


STEP1:誰でもコブに入れるようになる!インスペライン編
STEP2:ズルズルドン脱却への第一歩!基本ライン編
STEP3:まもなくズルズルドン脱却!吸収動作編
STEP4:基礎系・モーグル系・最新のダイレクトラインまで!応用編
STEP5:ここまでくればあなたもズルドン脱却!脱ズルドン完成編


はじめてコブに挑戦する方、ズルズルドンから脱却できずに悩んでいる方、コブに悩めるすべての人ににお届けする動画です。


この動画の視聴はこちら

SNSでもご購読できます。