スピードコントロールができるようになればコブ斜面を避けたり、気合いを入れたりしなくてよいので本当にほっとします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、小保内雅行です。

2月に岩手高原にてコブレッスンを受講してくれた渡邉様よりレッスンのご感想を頂きましたのでご紹介させて頂きます。

自分が考えていたラインとは全く違っていて少々あっけにとられました。
今後の上達のステップもイメージできないので時間を作って
続けて参加したいと思います。

習った事を左右同じように実施する事を意識していたにもかかわらず、
映像では確かに苦手足の方が乗れていないのがよくわかります。

スピードコントロールができるようになればコブ斜面を避けたり、気合いを入れたりしなくてよいので本当にほっとします。

渡邉様、レッスンご参加ありがとうございました!

コブを上手く滑っている人があのラインを滑っていたから、そこを滑らなきゃいけない。

でも、そこのラインっていきなり滑れますか?

そこを滑ってスピードが上がったり、1コブ2コブで発射してないですか?

コブを滑るラインに決まりはないですし、1箇所だけでもありません。

コブは滑り方でも滑るラインは違いますし、たくさんありますよ^^

 

どこを通るかを考えるより、どこをズラせるか?に考えを変えてみましょう!

と、レッスンでもお伝えしています。

スライドターン(ずるずるドン)はコブの裏側をズラしますし、バンクターンではコブの側面をズラします。

それ以外にも、バンクターンよりさらに外をズラせるコブもありますし、ズラす場所は様々です。

 

コブでは溝ばっかりを見て吸い込まれる方が多いですが、ズラせる場所が様々分かるとコブでの視野も広がってきますよ^^

 

また、ズラしがしっかり行えるとスピードコントロールが出来、気合も必要なく滑る事が出来ますね^^

もちろんコブでは、気合だけでは滑れませんよ~

岩手高原での週末グループレッスンで私が担当するのは、3/18,19,20の3連休が最終回となります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

動画:スキーを思い通りに動かすためのピボット操作

コブ斜面を安定して滑るための大前提であり必須事項!
「スキーを思い通りに操作できるか?」
をテーマにしたコブ攻略最新動画レッスン。


今回の動画で紹介している操作ができれば、


・コブの細かさで悩むことがなくなります。
・ズレを自在に使ってスピードをコントロールできます。
・エッジが噛んで発射!という失敗をしづらくなります。
・ライン取りを自らのコントロール下で変化させられます。
・バンクターンで発射しなくなります。


DVDで見ても、オンラインで見ても、ダウンロードして見てもOK!
無制限で質問できるサポート体制も整えています!


この動画レッスンで、ぜひ安定したコブ斜面での滑りを身につけてください!


この動画の詳細はこちら

SNSでもご購読できます。

LINEでもインストラクターとやりとりできるようになりました!以下の友だち追加ボタンをクリックすると友だち追加されます。

友だち追加

コメントを残す

*

CAPTCHA