コブの滑り方は独学で行き詰まっていたので、非常に助かりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、小保内雅行です。

2月にマンツーマンレッスンを受講して頂いた、M様よりレッスンの感想を頂きましたので紹介させて頂きます。

今までは、いかにしっかり減速するかに力を入れていましたが、滑れない原因を分析していただき、努力していた部分が寧ろ正反対だったことに気づかされました。

レッスン後、早めの吸収を練習していたら、よい副作用なのか、苦手なラインコブも出来るようになっていました。独学で行き詰まっていたので、非常に助かりました。

ありがとうございました。

M様、レッスンご参加ありがとうございました!

既に、リズムを上げて滑る練習をしているお客様でしたのでこのレッスンでは、屈伸抜重と吸収のタイミングを中心にレッスンさせて頂きました。

低速や少しリズムを上げるくらいだと、コブからの衝撃も少ないので吸収動作は必要なくコブにしっかり当たる事を意識します。

が、スピードが上がるにつれてコブからの衝撃が強くなってきますので吸収動作が必要となってきます。

 

その吸収動作のタイミングが遅くならないように。

遅くなりすぎると、コブからの衝撃を受けてしまいますのでタイミングを早く!と言っても中々難しいので。

この時は、ズレを無視してコブに当たる時の吸収動作のタイミングだけを考えさせてみました。

そうすることで、ナイスなタイミングで吸収を行う事が出来ましたね^^

 

スピードをを上げようとしているのに、ズレの部分ばかり考えていると逆にスピードを抑えすぎてしまうことが多いです。

なので、最初はスピードを上げようと思うならズレは無視してコブのどこに向かうかと吸収動作の部分だけを考えて入ってみるといいですよ^^

それが出来てから、ズレを考えてみてくださいね~

 

さて、今シーズンもあっという間に3月後半を迎えて残りシーズンも少なくなってきましたね。

今シーズンは、どこのスキー場も雪解けも早くシーズンが早く終了なんて事も考えられますので、今のうちに沢山滑りましょうね^^

 

かぐらスキー場でのレッスンは、4/14(日)までで終了となります!

 

それ以降は、混みすぎてレッスンどころじゃなくなりますので(笑)

残り3週間程ですが、今シーズンも皆さんにお会いできるのを楽しみにしております^^

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

動画:見て質問して自主練できる!コブ初心者のための動画マニュアル

通常のDVDとは違い、質問しながら自主練できるステップバイステップ動画をお届けします!普段雪上で行っているレッスンの内容をそのままに、

・階段1 「究極の低速」
・階段2 「シュテムターンでコブを滑ろう」
・階段3 「真っすぐラインとバンクライン」
・階段4 「コブを制覇する4つのラインと無数のバリエーション」
・階段5 「スピードメーターを広げる」

という5つのステップに分けられた動画を見て、質問しながら自主練習が可能になります。遠方でレッスンに参加できない方もぜひご活用ください!

動画マニュアルを見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*