コブ斜面をどう見たら良いかも分からず、ただ茫然と眺めているだけでしたが、見える景色が変わりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、小保内雅行です。

2月に奥利根スノーパークでのレッスンにご参加頂いた、I様よりレッスンの感想を頂きましたので紹介させて頂きます。

とっても分かりやすいレッスンでした。

昨日まではコブ斜面をどう見たら良いかも分からず、ただ茫然と眺めているだけでしたが、見える景色が変わりました。

ネットを検索すれば様々な動画もありますが、やっぱり生がいいですね!

シーズンも終盤ですがトレーニングを重ねて、まだ見たことのない景色を見たいと思っています!!

I様、ご参加ありがとうございました!

コブ斜面を見たときに、意外と皆さん狭く見てる事が多いですね。

特に、溝ばかり見てそこを滑らないといけないみたいな感じになっている方が多く感じます。

ラインコブであっても、コブのスペースをもう少し広く見てあげましょう!

 

そうすることで、横のスペースを使ったバンクターンでの低速滑り。

横のスペースが無ければ、下のスペースを使ったズルドンでの低速滑り。

が可能になってきます!

 

ちなみに、コブの形によって横のスペースが使えなかったり、下のスペースが使えなかったり様々です。

ですので、滑り方としては2種類の滑りを覚えておくことで滑れないコブが無くなってきますよ^^

 

現在は、かぐらスキー場でレッスンを行っていますが横のスペースを使って低速で滑るスペースが無いコブが多いので下のスペースを使用したズルドンでの低速滑りを徹底的に行っています!

テーマは、「ズルドンを極める!」

ゆっくりが出来たらリズムアップも行いながら進めていますよ^^

 

ズルドンの滑りはこちらの動画を参考にしてみてくださいね!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*