全く恐怖感がなくなり、コブ滑りが楽しくなりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、小保内雅行です。

2月にマンツーマンレッスンを受講してくれた、S様よりレッスンの感想を頂きましたので紹介させて頂きます。

初めてレッスンを受けましたが、大感激でした。

今までコブへの恐怖感があり,全く普段の滑りができなく、じたばたして、情け無かったでしたが、2時間のレッスン終了後は、全く恐怖感がなくなり、コブ滑りが楽しくなりました。

コブへの侵入角度と、ターンポイントそれと、ストックワークがこれ程、滑りに影響することを、実感しました。

先生のシンプルで、的確な指導で、よく理解できたし、実践できました。

又、ズラシの練習の後、整地でのターンが楽になり、物凄く滑らかになりました。

コブ滑りを、もっと練習すれば、整地での滑りが、上達すると確信しました。

是非、又、先生のレッスンを受けてみたいと思います。 大変ありがとうございました。

S様、ご参加ありがとうございました!

2時間のマンツーマンレッスンでしたが、このレッスンでは特にストックワークを中心にレッスンさせて頂きました。

自分が切り返したい場所に来た時に、どこにストックを付けばいいのか?

切り返したい場所で下方向に行きたいなら、ストックは開いて付く!

そうすることで、体も下方向を向き体を落とし込みやすくなります。

 

そして、ストックを付くのも大事ですが逆の手も大事ですね^^

逆の手が遅れては、体の遅れの原因になります。

逆の手も遅れないように気を付けたいですね^^

 

また、私のレッスンでは横ズラシも多く練習します。

横ズラシは、コブだけじゃ無くスキーをする上で必要な事です。

ズラシが出来ないとスピードコントロールは出来ないですからね~

 

自分でズラシを自由自在に出来るようになると、この動画のようにコブも滑れるようになりますよ^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

動画:見て質問して自主練できる!コブ初心者のための動画マニュアル

通常のDVDとは違い、質問しながら自主練できるステップバイステップ動画をお届けします!普段雪上で行っているレッスンの内容をそのままに、

・階段1 「究極の低速」
・階段2 「シュテムターンでコブを滑ろう」
・階段3 「真っすぐラインとバンクライン」
・階段4 「コブを制覇する4つのラインと無数のバリエーション」
・階段5 「スピードメーターを広げる」

という5つのステップに分けられた動画を見て、質問しながら自主練習が可能になります。遠方でレッスンに参加できない方もぜひご活用ください!

動画マニュアルを見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*