コブで上下動を使っても良いのだという事は目から鱗の想いでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、小保内雅行です。

2月に小保内兄弟による奥利根スノーパークでのレッスンにご参加頂いた、O様よりレッスンのご感想を頂きましたのでご紹介させて頂きます。

コブはズルドン系の滑りしか出来ませんでしたので、バンクターンやコブにぶつけてコントロールする滑り方を教われたのは非常に勉強になりました。

とりわけ上下動を使っても良いのだという事は目から鱗の想いでした。

動画を見る限りまだまだ課題がありますので、今後も練習していきたいと思います。

また機会がありましたらよろしくお願い致します。

O様、レッスンご参加ありがとうございました^^

コブの滑り方は、基本的にズルドン系とバンク系の滑りの2種類があります。

この2種類の滑り方は、両方覚えておきたいです。

そうすることで、あのコブが滑れないという事が無くなりますね^^

 

また、切り返しでの上下動(伸身)の動きは、低速でターンを連続して滑る事に適していると思います。

上下動(伸身)を行う事で、屈伸に比べて力も抜きやすく体も落とし込みやすいです。

ですので、最初は上下動(伸身)から練習することをお勧めしますよ!

 

ちなみに、なんで上下動(伸身)を使ってはいけないのか・・・?誰が言ってるんでしょうね(笑)

伸身にも屈伸にも、それぞれメリットがありますのでこちらも2種類覚えておきたいですね^^

 

奥利根スノーパークでのレッスンは、いよいよ今週末が今シーズン最後となります!

まだ空きもありますので、ぜひご参加ください。

ご参加の皆さん、楽しみましょうね~^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

動画:見て質問して自主練できる!コブ初心者のための動画マニュアル

通常のDVDとは違い、質問しながら自主練できるステップバイステップ動画をお届けします!普段雪上で行っているレッスンの内容をそのままに、

・階段1 「究極の低速」
・階段2 「シュテムターンでコブを滑ろう」
・階段3 「真っすぐラインとバンクライン」
・階段4 「コブを制覇する4つのラインと無数のバリエーション」
・階段5 「スピードメーターを広げる」

という5つのステップに分けられた動画を見て、質問しながら自主練習が可能になります。遠方でレッスンに参加できない方もぜひご活用ください!

動画マニュアルを見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA