コブ斜面を最後まで破綻せず滑り切る事が出来るようになりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは、小保内雅行です。

2月に奥利根スノーパークでのコブレッスンにご参加頂いた、I様よりレッスンの感想を頂きましたので紹介させて頂きます。

本日はレッスンありがとうございました。

コブレッスンを受けたのは初めてで今まで多くの人に教わりましたがなかなか身に付かず2・3ターンで破綻するのが常でした、本日のレッスンで滑りのポイントと私の滑りの欠点を指摘して頂き修正点をアドバイスして頂いたところなんとか最後まで破綻せず滑り切る事が出来るようになりました。

まだまだコブ斜面の滑りには苦手意識が抜けませんがレッスンで教わった事を復習して上手く滑れる様になりたいと思います。

I様、レッスンご参加ありがとうございました!

人にはそれぞれ欠点はあります。

それは、皆が同じわけではないですよね~

上手い人等の滑りを見て真似してみるけど、出来ないというときは自分の欠点に気づいていないのかもしれません。

 

例えば・・・

ターン時にストックを付いた逆の手が遅れている。滑りながら下を見すぎている。スキーを回旋する時に山側のスキーに早く乗りすぎている。ターン時に体が内側に倒れすぎている。などなど

 

それぞれ違う欠点がある場合が多いです。

まずは、その欠点を指摘してもらい修正する必要があります。

その欠点を修正しないまま、同じことをしようとしても上手くはいきませんね。

レッスンでは、その欠点も指摘しながら進めていきますので滑れるようになった!という事も多くあります。

皆さんは自分の欠点に気づいてますか?

まずは、その欠点を修正していきましょうね^^

 

また、レッスンで良くあるのが滑りながら首をかしげる事。

それでは、軸がぶれてしまいますよ~笑

それはやめましょうね^^

今回のレッスンでは、バンクターンでの低速をやらせて頂きましたがこちらのブログで書いたようにコブのどこを通るのかではなく、どこを狙っていくのかを考えると通る場所も分かりやすいですよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

動画:見て質問して自主練できる!コブ初心者のための動画マニュアル

通常のDVDとは違い、質問しながら自主練できるステップバイステップ動画をお届けします!普段雪上で行っているレッスンの内容をそのままに、

・階段1 「究極の低速」
・階段2 「シュテムターンでコブを滑ろう」
・階段3 「真っすぐラインとバンクライン」
・階段4 「コブを制覇する4つのラインと無数のバリエーション」
・階段5 「スピードメーターを広げる」

という5つのステップに分けられた動画を見て、質問しながら自主練習が可能になります。遠方でレッスンに参加できない方もぜひご活用ください!

動画マニュアルを見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA