1コブもターン出来なかった自分が嘘のようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、小保内雅行です。

1月に奥利根スノーパークでのコブレッスンにご参加頂いた、岩間様よりレッスンの感想を頂きましたので紹介させて頂きます。

1コブもターン出来なかった自分が嘘のようです。

小保内兄弟レッスン3年連続で今年は奥利根で参加させて頂きました。

レッスン中にアドバイスして頂いたことを(谷足の踵側に荷重、ストックの位置、 外側の膝が内倒しない、コブの出口まで待つ等)あらためて送って頂いた、ビデオを 見て、大変参考になりました。

特に今回参考になったのは、猫背と前倒は違うと言うことです。

以上の事を、念頭に残りのシーズン練習に励みたいと思います。

又、2日間レッスンで同じクラスを受講された皆様、有意義な時間を共有出来、嬉しかったです。

今後、何処かのレッスンで会った時はよろしくお願いします。 又、来年も参加したいと思います。 2日間どうもありがとうございました。

岩間様、レッスンご参加ありがとうございました^^

岩間様は3年連続でご参加頂き、毎シーズン事に上達しているのに私たちも驚いています!

 

今シーズンは特に、安定したズラシに切り返しが昨シーズンとは全然違っていましたね^^

かなり滑りも安定してきたので、この回のレッスンでは体の傾きを中心にお話をさせて頂きました。

前傾はコブだけじゃ無く、整地を滑っているときも必ず必要になってきます。

その前傾ですが、猫背(背中が丸くなる)になるのではなく斜面に対して少しおヘソを突き出すようなイメージを持たせて傾きを意識してもらいました。

直ぐに修正するのは難しいですが、少しづつ意識をして改善して頂ければと思います^^

来シーズンお会いした時には、前傾が直っている事を楽しみにしています(笑)

初級クラスではこの前傾についてもお話しますが、まずはこちらの内容をしっかり覚えてからその辺りも意識していきたいですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

動画:スキーを思い通りに動かすためのピボット操作

コブ斜面を安定して滑るための大前提であり必須事項!
「スキーを思い通りに操作できるか?」
をテーマにしたコブ攻略最新動画レッスン。


今回の動画で紹介している操作ができれば、


・コブの細かさで悩むことがなくなります。
・ズレを自在に使ってスピードをコントロールできます。
・エッジが噛んで発射!という失敗をしづらくなります。
・ライン取りを自らのコントロール下で変化させられます。
・バンクターンで発射しなくなります。


DVDで見ても、オンラインで見ても、ダウンロードして見てもOK!
無制限で質問できるサポート体制も整えています!


この動画レッスンで、ぜひ安定したコブ斜面での滑りを身につけてください!


この動画の詳細はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA