コブへの恐怖心が抜けず力だけで滑ってましたが、レッスンのお蔭で考え方が変わりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは、小保内雅行です。

1月3連休に奥利根スノーパークでのコブレッスンにご参加頂いた、お客様よりレッスンの感想を頂いていましたのでご紹介させて頂きます。

 

富岡様

こぶの出口の位置がなんとなくわかってきたと感じています。

次の日にここを意識して練習すると、破綻なくこぶを滑って降りてこれるようになってきました。

奥利根のこぶは一か所だったので、違うこぶでも出口がわかるか試してみたいと思います。ありがとうございました。

この日は、下方向へのズラシに切り返しは早くという流れでレッスンさせていただきました。

良く言われる、ズルズルドンという滑りですね^^

それをより低速で滑るにはコブのどこを狙っていくのか?

最初から深い溝に吸い込まれては、失敗しやすいのでコブの出口を狙うように。

そうすることで、低速でよりスキーの回旋もしやすくなります。

今後も出口を狙って安定して滑れるように練習に励んでくださいね~

 

Y様

雅行先生 14日はお世話になりました。 いろいろお話しも出来て楽しかったです。ありがとうございました。

しかし課題がたくさん残ったレッスンでした。前に乗り過ぎないポジショニング、ルート選び、次の通り道への目線、そしてなんと言っても左脚に乗り込めない事。

14日はの夜は不甲斐なさにがっかりして早々に不貞寝しました。 昨シーズンから何も成長していませんでした…

これからはとにかく左脚に乗れるよう練習します。 特効薬は無いかと思いますが、何かいい練習方法が有りましたら御教授願います。

この日は、コブの入口からコブに進入していく方法でレッスンさせて頂きました。

Y様は左脚が苦手で、右ターンの際に失敗することが多かったのですが左脚側が苦手という方は今までレッスンしてきた中で非常に多い気がします。私もその一人ですが(笑)

私も右ターンが上手く行かずに悩み続けていました。今もかなり意識しないと失敗することもあります(笑)

それでも今、良くなってきた方法がシュテムターンです。

切り返しでハの字を入れるわけですが、極端に足を上げてスキーを下方向に向けてそのスキーに1本足で乗り込む。

これをひたすら練習して大分左脚の苦手がなくなってきました。

ぜひ練習に取り入れてみてください^^もちろん緩斜面で。

 

O様

レッスンありがとうございました。最終目標は、コブを安全に滑るためですが、整地の課題も色々指摘していただけたので日々の自主練習目標が立てやすいレッスン内容でした。

このレッスンに入ると、悪雪や急斜面なども安全にゆっくり滑ることができるスキルを、身につけることができるとおもいました。

基礎スキーのスクールでは教えていただけない内容と思います。

また、機会がありましたらよろしくお願いいたします。

コブを安全にゆっくりと滑る。

まずは、ここですよね^^その為にはどうするのか?

ゆっくり滑りたい時は、斜面に対してスキーをなるべく横に向ける事。ズレを多く多用する事。

スキーを早く回旋させ、スキーが横を向いている時間を長くとる事。

まずは、この辺りをしっかり覚えていきたいですね^^

綺麗さなんて最初から求めてはいけません!

まずは、体で覚えるまでスキーのスタンスを広くとっても良いし切り返しでハの字が入っても大丈夫。

まずは体で覚える事が大事で、それが出来てから綺麗さを求めていけばいいんです。

まずは、体にしっかり覚えこませる事。これを最初は大事にしていきましょう^^

 

T様

レッスンではお世話になりました。

コブへの恐怖心が抜けず力だけで滑ってましたが、レッスンのお蔭で考え方が変わりました。

短い時間でしたが他の受講生の方とも仲良くさせていただき、楽しくレッスンを受けることが出来ました。有難うございました。

恐怖心は誰にでもあることですね。

その恐怖心についてお客さんとお話ししたりするのですが、コブに当たるとスピードが出そうで怖いなんてお話を良く聞きます。

でも、それは逆です。

コブにしっかり当たる事で、スピードは抑えられます。

両方の脚でしっかりコブに当たる事で、スピードは落ちます。

良くあるのが、ズレてコブに谷足だけ当たり次の切り返しに入ってしまう事。

そうすると、山側のスキーがズレている斜面に対してエッジがかかった状態で切り返しに入ろうとているので、スキーはエッジがかかった方向に進んで思うようにいかないパターンが多いです。

コブには、しっかりと両足で当たる(乗っかる)ように意識してみてください。

ゆっくり滑っている時は、コブからの衝撃も少ないので吸収動作なんていりません。

逆にしっかりとコブに当たりましょう!(乗っかってみましょう)

そうする事でもスピードは落ちますので、ぜひ皆さんも意識してみてくださいね^^

 

皆さん、レッスンご参加ありがとうございました!

基本的に私は、初級クラスを担当することが多いですが上記の内容を初級クラスで良くお伝えしています。

少人数の時は、たまに中級クラスでやるような事も取り入れたりしてますが(笑)

レッスンに参加されない方も、ぜひ参考にしてみてください^^

 

さて、奥利根スノーパークでは3月中旬ごろまで私はレッスンを行います。(その後はかぐらスキー場で)

今週は金曜日(2/15)は兄と、週末(2/16,17)は高橋インストラクターと小保内兄弟でレッスンを開催します!

間もなく定員に達しますが、まだ空きもありますので参加希望の方はお早めにどうぞ^^

 

奥利根スノーパークでのコブレッスン日程・ご予約はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

動画:見て質問して自主練できる!コブ初心者のための動画マニュアル

通常のDVDとは違い、質問しながら自主練できるステップバイステップ動画をお届けします!普段雪上で行っているレッスンの内容をそのままに、

・階段1 「究極の低速」
・階段2 「シュテムターンでコブを滑ろう」
・階段3 「真っすぐラインとバンクライン」
・階段4 「コブを制覇する4つのラインと無数のバリエーション」
・階段5 「スピードメーターを広げる」

という5つのステップに分けられた動画を見て、質問しながら自主練習が可能になります。遠方でレッスンに参加できない方もぜひご活用ください!

動画マニュアルを見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*