コブ攻略の大きなターニングポイントとなりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、小保内雅行です。

1月に奥利根スノーパークでのコブレッスンにご参加頂いた、安納順一様よりレッスンの感想を頂きましたので紹介させて頂きます。

連続した二日間、初級コースに参加しました。

初日は以前から苦手だった、安定した横滑り、それも真下方向への横滑りを徹底的に指導されました。

特に苦手だった右回り、つまり左の外向傾を即座に指摘され、常にそれを意識する一日。その夜の下半身の筋肉痛といったらww 午後には中急斜面を使った連続横滑りとプロペラターンの練習。これは翌日のためのコブ内での動作、そしてそのためのコブ作りへの布石でもあります。

通常、他のレッスンではすでに出来上がった深くえぐれたコブに恐怖感を抱えて飛び込むことが多いですが、この二日間のレッスンに参加すると、自分たちの横滑りからコブが出来上がっていくプロセスをリアルに体験することができます。

これが初心者にはとても貴重な体験であり、どうしてコブができるのか、どこを滑るのが効率的なコブの攻略法なのかが身をもって、そしてある意味科学的に体験できます。

レッスンの最後にはビデオでその日の成果を録画してくださいます。あんなに苦手だった真下方向の横滑りが、かなり綺麗に仕上がっている!とても感動しました。

そして2日目のレッスン。この日からの参加者もいらっしゃるので前日とかぶる部分も当然ありますが、私のようなコブ恐怖症初心者にとっては逆に有難い復習レッスンです。 そして気づきました。昼休みに急斜面で小回りを試したところ、驚くほど安定したエッジングが!しっかりと板に乗れているというのはこういうことかと!! 徹底的な横滑りの効果が明確に滑りに反映されてました!恥ずかしながら少し自分に酔ってしまいましたw

もちろんレッスンでは自分たちが作ったコブに入り、ズルどんで至極ゆっくりと滑り落ちる方法を反復練習します。いままであやふやだったコブ内でのラインどりもしっかりと指導され、結局のところ真下方向の横滑りとプロペラターンの連続であることを身をもって体験できました。

さまざまなビデオを見てわかった気になっていましたが、このレッスンでは「どこを滑ると板を下手にたわませずに安定させられるか」を丁寧に指導してくれます。

コブの超初心者にとって重要なのは「スピードを落とす」こと、そしてそのためラインどりです。綺麗さはぶっちゃけ求めてません。まずは恐怖心をなくして降りられることが重要で、それをしっかりと指導してくれるこのレッスンは、私にとって大きなターニングポイントとなりました。

ちなみに私は50歳。48で2級を取得して、今年は1級に挑戦しようと考えているものですが、コブの滑り方が全くわからず、当該レッスンに藁にもすがる思いで参加しました。

結果、大正解です。反復レッスンによって横滑りも得意になり、その影響でターン、特に小回りにも大きな安定感が出ました。 コブだけでなく、「何か安定感が足りない」「他のレッスンでポジションや荷重を指摘されるけどどこを直したら良いかいまいちわからない」方にもオススメのレッスンです。

小保内さん、丁寧なレッスンを本当にありがとうございました‼︎次回は中級レッスンに参加できるよう、ホームで精進してきます!

安納様、レッスンご参加ありがとうございました!

安納様は2日間連続で参加していただきましたが、2日目の滑りは初日に比べて別人のように整地もコブも安定して滑れてましたね^^

ズラしもかなり安定してできていましたが、安納様はスキー操作がしっかり出来ていました!

 

ズラしてスピードコントロールも大事ですが、スキーをしっかり操作できるか?がコブでは重要です。

皆さんも、切り返しでしっかりとスキー操作できていますか?

これが出来れば、かなり楽に滑る事が可能になってきますよ^^

 

さて、今週末より一度東北へ戻ります。

今週末は宮城県・スプリングバレー(初級クラス空きあり)で、その次の週末は岩手県・岩手高原スノーパーク(初級・中級共に空きあり)でレッスンを開催します!

その後、再び2/6(水)より奥利根スノーパークで3月中旬頃までレッスン行います!

ぜひ、ご参加ください^^

小保内雅行グループレッスンスケジュールはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

動画:見て質問して自主練できる!コブ初心者のための動画マニュアル

通常のDVDとは違い、質問しながら自主練できるステップバイステップ動画をお届けします!普段雪上で行っているレッスンの内容をそのままに、

・階段1 「究極の低速」
・階段2 「シュテムターンでコブを滑ろう」
・階段3 「真っすぐラインとバンクライン」
・階段4 「コブを制覇する4つのラインと無数のバリエーション」
・階段5 「スピードメーターを広げる」

という5つのステップに分けられた動画を見て、質問しながら自主練習が可能になります。遠方でレッスンに参加できない方もぜひご活用ください!

動画マニュアルを見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA