何を練習するか?だけではなく、どうやって練習するか?奥利根スノーパーク・コブレッスン最終日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、小保内です。

昨日で奥利根スノーパークでのコブレッスンが今シーズン最後となりました。

最終日の平日レッスンにご参加頂いた皆さんです^^

また冬に戻ったような寒さで、結局1日雪が柔らかくならず、非常に厳しい状況でしたが、最後までしっかり練習でき、皆さんコブを連続して滑りきることができましたね!

先日こちらで書いたとおり、本当は雪が柔らかくなってほしかったのですが、今回は雪が硬い状況でもコブに入っていきました。

そんな時(硬いバーンでのどうしても滑らなくてはいけない時)は、練習の仕方にも十分気をつけたいところです。

今回気をつけたのは、「コブを下から数える」です。

ゴールがあって、最後の1コブから上に2コブ3コブ・・・10コブ・・15コブと、ゴールに近いところから練習しはじめて、少しずつ上に距離を伸ばしていく、ということですね。

こうすることで安全に滑走距離を伸ばしていくことができます。

いきなりゴールの見えない上から突入して爆裂!を繰り返していると危ないですし、上達の近道になっているわけでもありません。

状況が難しい場合、何を練習するか?だけではなく、どうやって練習するか?という点も気をつけてみてくださいね^^

今シーズン、奥利根スノーパークでのコブレッスンにご参加頂いた皆さん、スキー場の皆さん、コラボして頂いたエフスタイルの木下校長、ありがとうございました!

奥利根スノーパークでのコブレッスンは最後になりましたが、シーズンはまだまだ続きます。

今も、次のレッスン会場である新潟県・赤倉温泉スキー場でこの記事を書いています^^

週末、赤倉温泉スキー場でのコブレッスンにご参加頂く皆さん、よろしくお願い致します!

日曜は満席ですが、土曜日は若干空きがありますので、ご希望の方はこちらからどうぞ^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

動画:見て質問して自主練できる!コブ初心者のための動画マニュアル

通常のDVDとは違い、質問しながら自主練できるステップバイステップ動画をお届けします!普段雪上で行っているレッスンの内容をそのままに、

・階段1 「究極の低速」
・階段2 「シュテムターンでコブを滑ろう」
・階段3 「真っすぐラインとバンクライン」
・階段4 「コブを制覇する4つのラインと無数のバリエーション」
・階段5 「スピードメーターを広げる」

という5つのステップに分けられた動画を見て、質問しながら自主練習が可能になります。遠方でレッスンに参加できない方もぜひご活用ください!

動画マニュアルを見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA