最新動画・スキーを思い通りに動かすためのピボット操作を配信開始しました!

レッスン開催スキー場の早割リフト券の販売について

インストラクター及び研修生を募集しています

出張レッスンの予定を組んでいます。

こんにちは。
小保内祐一です。
オフシーズンのトレーニング施設の運営が11月4日で終了しました。
岩手県の雫石町と、仙台市の泉区の2か所で運営しておりますが、今年もたくさんの方にご利用頂き、感謝感謝です。
雫石の施設は、開業して5シーズン、仙台は4シーズンが経過しましたが、ずっと利用者数を伸ばし続けてこれたのは、やはりインターネットのおかげですね。
何故インターネットで集客したことがわかるかというと、ネットでの集客以外何も行っていないからです。
宣伝広告費0円の施設です^^
さて、そんなことより冬です。
岩手高原での常設スクールの他に、出張レッスンを週末に行っているのですが、開催場所に悩んでおります。
今のところ、宮城県のスプリングバレー泉高原での開催はシーズンで2回ほど決めております。
また、昨年まで大好評の群馬県奥利根スノーパークでのF-style木下校長とのコラボ企画も、1月末に開催予定です!
2013出張レッスンスケジュール(仮)
■1/19,20 宮城県スプリングバレー泉高原
■1/26,27 群馬県奥利根スノーパーク
■2/16,17 宮城県スプリングバレー泉高原
■2/23,24 群馬県奥利根スノーパーク
※あくまでも仮の予定で、僕の頭の中でこんな感じかな~と思っているスケジュールです。
他に、あと2か所から3カ所、場所を選定して、スケジュールを組みたいと思っております。
そこで、開催希望場所のリクエストをお願いしたいと思います!
リクエストは、
・この記事へのコメント
・メッセージ
・メール: yuichi@obonai.net
のいずれかにお願い致します。
せっかく出張しますので、より多くの方に参加してもらいやすい場所を選定したいと思っております。
たくさんのリクエストをお待ちしております!

必要な筋肉を意識しながら動く

こんばんは、小保内雅行です。
先日、こちらの施設の営業が終了しました。
今シーズンも、新たなお客さんに沢山出会う事が出来きて嬉しく思います^^
そして現在は、片付け作業に入る所です。
この片付け作業が、実は少し大変で・・・
重い物を運んだりするので。
でも、これをトレーニングだと思いながら作業しようと思っています^^
しかも、スキーに必要な筋肉を意識しながらです。
冬に向けて、体作って行きますよ~!

冷え性でも、このブーツなら大丈夫です!

こんばんは、小保内雅行です。
今日の岩手寒かった・・・。
私たちが常設でスクールをやっている、岩手高原スノーパークもこんな感じです^^
はじめてでもできる!コブ斜面の滑り方
もう間もなくですね^^
でも実は、私・・・
寒いの超苦手です。
男のくせに、冷え性なんです^^;
冬はいつも、ホッカイロを手放せません。
靴下用のホッカイロもして、滑るくらいでした。
ですが、このブーツなら大丈夫になったんです^^
実はこのインナーは、寒さ対策にもなるんです。

コブを滑れる答えは、全てここにあります。

こんばんは、小保内雅行です。
前回、カービングの板でもコブは滑れます!
とお話ししました。
でも、無理だよって思っている方がまだいるようです。
その考えは、完全に間違ってます。
断言できます!
最近のカービング板は、いかに楽にターンが出来き誰でも上手くなった気がするんですよね。
ターンがしやすい!
その通りです。
ターンがめちゃくちゃ、しやすくなってます。
では、なんでそうなのか?
エッジに頼ってターンをしているからです。
要するに、最近の板はエッジに頼って寄りかかって滑って楽にターンが出来るんですね。
それで、カービングの板じゃ滑れないよ!って言ってる方は完全に間違いです。
もう一度言います!
カービングの板だろうが、コブは絶対滑れます!
その答えは、すべてここにあります!

筋肉をつける理由

こんにちは。
小保内祐一です。
冬が近づくにつれ、体を動かしていきたいのですが、やっかいなのが、日に日に強まる寒さです。。
僕はよくこたつから出れなくなります^^
シーズンを前にして、少しでもやっておきたい筋トレや姿勢について、ちょっとづつですが、こちらにまとめていますが、
そもそも筋肉をつける理由とはなんでしょう?
・スキーに必要な筋肉をつけて、技術の向上に役立てる。
・スキーでの怪我防止
これらのスキーに直結する理由の他に、一般的な理由としてもうひとつ。
ダイエットというものがあります。
この言葉、出てくるとドキッとしてしまいますね^^
ダイエットと言えば、多くの方が食事制限に取り組む中、その前にすべきことがあります。
それが、筋肉をつけるということです。
筋肉をつけると、なぜダイエットになるのか?
こちらで解説してくれています。

それにしても凄い筋肉です^^
僕も目指します!

子供を早く上達させる為には

こんにちは、小保内雅行です。
私たちのスクールでは、コブしか教えてないのですか?
と良く聞かれます。
いいえ。
コブ以外にも、パウダーの滑り方なども教えてます。
さらに、子供たちのレッスンも行なっています。
特に多いのが、ハの字を脱却させてほしい
という、お父さん・お母さんが多いですね^^
スキー場で、よく聞くのがお父さん・お母さんの罵声。
・なんで、転ぶの!?
・なんで、足揃えれないの!?
・なんで、それができないの!?
なんで、なんで、なんで・・・
こうやったらできるでしょ!!!!
・・・
・・・
・・・
子供がかわいそうですよ。
間違った事は言ってないんだけど、その教え方だったら子供達も嫌になりますよ^^;
もっと早く、上達させる方法があるんですけどね^^

コブのレッスンと言ってもいきなりコブで練習するわけではありません。

こんにちは。
小保内祐一です。
今年の冬は、どこのスキー場で出張レッスンを開催しようか、考え中です。
例年よりも、出張範囲を拡大しようと考えてます。
より多くの方にコブの楽しみを知って欲しいですからね^^
そのコブレッスンで、参加前に良く聞かれるのですが、
「今までコブを滑ったことがないのですが大丈夫ですか?」
答えはもちろんOKですし、そういった方のためのレッスンなのですが、それでも心配ですよね。
ちなみに、コブ斜面のレッスンだからと言って、
いきなりコブで練習するわけではありません。
レッスンでは必ず、
整地の練習から入ります。
$はじめてでもできる!コブ斜面の滑り方
だって、初めてコブに入る方が、コブを全く滑ったことの無い方が、
いきなりコブに入ったら、怖いですよね^^
まずはコブを意識した整地での練習が大切です。