基礎動作の重要さを今一度認識させて貰いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、小保内雅行です。

奥利根スノーパークでのレッスンにご参加頂いたI様より、レッスンの感想を頂きましたのでご紹介させて頂きます。

奧利根スノーパークにて 初級コースのグループレッスンを2日間受講させてもらいました。

初日と二日目で寒暖差が大きく、柔らかめと硬めのコブだったので、 異なる状況に応じた滑り方を学べ、二日続けて受講しても飽きる事無く、楽しく学べました。

毎回、新しい発見や新鮮な気付きを貰えるのですが、 今回は、ゆっくりと滑る事の難しさを痛感しました。

前半の整地レッスンで、滑る毎に課題を出され、色々意識しながら滑るのですが、 ゆっくりスピードで滑るので、誤魔化しが効かず、 苦手な動作や癖が露呈し、自分の下手さ加減を直視する事になりました(笑)

基礎動作の重要さを今一度認識させて貰いました。

教えて頂いた事を自分なりに反復し、 また参加させてもらう事を楽しみにしております。

Y様ご参加ありがとうございました!

「ゆっくり滑る」

ゆっくり滑る事を覚えないで、いきなりリズムを上げて滑ろうとしても出来ませんし危険ですね。

まずは、ゆっくり滑る練習を徹底して行いましょう!

コブだけじゃなしに、まずは整地でゆっくり滑る練習ですね。

実は整地でゆっくり滑るのって意外と出来ない方が多いですね。

特に、停止状態から切り返すという動きが出来ない方が多いです。

今までスピードでごまかして滑っていたという事になりますね~

 

ゆっくりと基本動作を練習する。停止状態から切り返しができるか。

今一度、自分が出来ているか確認してみてくださいね^^

 

こちらの動画は、コブの中で低速で滑っている動画ですのでぜひこちらも参考にしてみてください!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

動画:ズルドン脱却その前に!完璧なズルズルドン"ポン"

ズルドン=低レベルな滑りではない!
あなたはズルドンに対してどんなイメージを持ってますか?

ズルドン=下手くそな滑り、低レベルな滑り、コブ初心者がする滑り、こんなイメージを持っている方が多いことに時々ビックリします・・
私はまったく逆で、「ズルドン=コブの基礎である!」そう考えています。

多くの方が、

・ズルドンから脱却したい
・ズルドンしかできない
・あの人の滑りはズルドンだ
・ズルドンならできるのよ


このように多くの方がズルドンから早く脱却したいと考えます。
ところが多くの方がズルドンから脱却できないでいます。

なぜ、ズルドンを脱却できないのか?
それは、ズルドンがまだ完璧ではないからではないか?
そんな考えからできたのがこの動画です。

ズルドン脱却その前に!このくらいは最低でもクリアできてなければズルドン脱却などありえない!という基礎の部分を収録した2019年の新作動画!

この動画の視聴はこちら

SNSでもご購読できます。

LINEでもインストラクターとやりとりできるようになりました!以下の友だち追加ボタンをクリックすると友だち追加されます。

友だち追加

コメントを残す

*

CAPTCHA