整地での体の使い方から教えていただき、一歩ずつステップアップ出来ました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、小保内雅行です。

2月に奥利根スノーパークでレッスンにご参加頂いたS様より、レッスンの感想を頂きましたのでご紹介させて頂きます。

スクールは初めてでしたがとても楽しく、勉強になりました。

整地での体の使い方から教えていただき、一歩ずつステップアップ出来ました。

いざコブの中に入ると緊張して思う通りに体が動かせなかったりしますが、先生に教えて頂いた練習を実践していきたいです。

本日はどうもありがとうございました、また参加させていただきたいと思います。

S様、レッスンご参加ありがとうございました!

コブを滑れないという方はいきなりコブで練習しようとするのではなく、まずは整地でコブを滑る為の練習をしっかり行う事が大事です。

整地で出来ないことは、コブに入っても出来ませんからね~

整地で、一つ一つ動きを覚えそれからコブで同じように実践する。

コブに入ってもまだ動きが出来ないなら、また整地に戻って練習する。実際は整地・コブ・整地・コブというように交互に練習が出来るとベストです!

 

また、コブに入ると体が動かないという事があるので、コブでは1コブづつ練習するのがベストです。

そこから、徐々に2コブ3コブと数を増やしていく。

いきなり10コブ滑ろうなんて思わないで、1コブづつこなしていきましょう^^

1コブづつこなすことで、恐怖心も少しづつ無くなってきます。

1コブでもダメなら、やはり整地でもっと練習するべきですね^^

コブでの練習も必要ですが、整地での練習は非常に大事になりますよ!

 

今週末(3/28,29)は、今シーズン最初で最後の新潟県・赤倉温泉スキー場で私が初級クラス担当し高橋コーチが中上級クラス担当でレッスンです!

その後は、4/19(日)まで新潟県・かぐらスキー場でレッスンを行います!

どちらもぜひご参加ください!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料メールレッスン:まずはここから!コブ攻略はじめの一歩「6日間無料メール講座」

コブ斜面を滑ってみたいけど、一体どうやって練習しはじめればいいのか悩んでいませんか?
これまで3000名以上のコブの滑りを見てきた中で、

・安全にコブに入り始めるのはどうしたらよいの?
・整地とコブの違いとは?
・1ターンで止まれるならコブに入っていけるんじゃない?

コブ斜面をこれから滑るにあたって、こんな事からはじめたらいいよ!
という内容を動画も交えて6日間にわたり無料でメールにてお届けします。ぜひコブ斜面攻略のイメージ作りにご活用ください。

無料登録はこちら

SNSでもご購読できます。

LINEでもインストラクターとやりとりできるようになりました!以下の友だち追加ボタンをクリックすると友だち追加されます。

友だち追加

コメントを残す

*

CAPTCHA