「整地で練習したものがどのようにコブで役に立つのか」などを受講者ひとりひとりに伝えることを心がけています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、田中です。

岩手高原スノーパークでレッスンに参加されたKK様より感想をいただきました^^

今回もご丁寧なレッスンを頂きました。 田中先生のレッスン光景をリフト上等から見るとき、 レクチャーが少し長いように見えます。

しかし、実際レッスンを受けると「何故?」をしっかり説明をされ、 「そのためにはこのポジションや動作が出来ることが必要等、 その人のレベルや癖に合わせた大切な雪上レクチャーだと言うことが分かります。

やみくもに実技だけやっても、残念ながら即効で体は覚えてくれませんね。 今日のレッスン、 ストックの突き方のポイント等収穫の多レッスンンとなりました。 ありがとうございました。

 

こちらこそレッスン参加ありがとうございました。また、感想もありがとうございます。

ご指摘ありがとうございます。なるべく簡潔に伝えようとは思っていますが…….. それ以上に「なぜこの動きが必要なのか」「整地で練習したものが、どのようにコブで役に立つのか」などを受講者ひとりひとりに伝えることを心がけています。

 

より意識しやすい陸上で、滑走中の「体の使い方」を行うのもひとつだと思いますが、岩手高原スノーパークのレッスン用のコブコースは、恐怖心が少ない 中・緩斜面にあり、圧雪バーンと並行しているので、実際にスキーを履いていても必要なポジションや動きを整地で練習し、すぐにコブで実践することができます。

さらに、整地とコブでの滑りがリンクできれば、たとえコブがなくても「コブを意識した整地での練習」ができるようになります。

 

また、スキーは基本的には楽しむ!ものだと思いますよ^^ 純粋に楽しむ滑走も大切です!「やみくもに実技だけやっても…」と言われていますが、ただ滑る、楽しく滑る、ことは決して無駄ではないと思います。

一方、ある目的のために練習して、上達する楽しみもあります。コブ斜面には「スキーの基本がびっしり詰まっているんです。」。それに、コブ斜面を滑った後の爽快感は最高です^^(これは個人差があると思いますが… )。

 

陸上での体の使い方 については、プライベートレッスンではご希望に応じて行なっています。その際は事前にお問い合わせいただくか(050-3390-1152 もしくは paddle_or_die_or@yahoo.co.jp)当日受付時にその旨をお伝えください。プライベートレッスンご予約はこちら。

 

今週末 2/29、3/1、来週末3/7,8 の4日間は初級・中級の2クラス体制でのグループレッスン開催です。講師は小保内祐一と田中になります。
小保内コーチが岩手高原スノーパークでレッスンを行うのは3/7,8で最終となります。お見逃しなく!

週末グループレッスンご予約はこちらから

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

LINEでもインストラクターとやりとりできるようになりました!以下の友だち追加ボタンをクリックすると友だち追加されます。

友だち追加

コメントを残す

*

CAPTCHA