「山側の手をもっと前に」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、小保内雅行です。

昨シーズン、レッスンにご参加のお客様よりレッスンの感想を頂きましたのでご紹介させて頂きます。

こんにちは。 先日は、楽しい2日間を有り難うございました(^^) 今回も色んな事を学びました。

気が付いたら2日間共に「山側の手を前に」を意識していました。

まずは落ちないと始まらない!と思えたから(^^)体が谷に向き落ちやすい様にと。

整地では頑張れたので、そのイメージのままコブ斜面。撮ってもらったビデオを観て打ちのめされました(T_T)

自分で思ってるより全然動けて無かった(T_T) 今シーズン後、2回滑ります。 冬に比べて、苦手な硬い雪では無い季節なので、ビビらず(^^;整地のイメージの様に谷に落ちて行きます\(^^)/ 今シーズン中にコブに当たる感触を味わいたい!

ご参加ありがとうございました!

「山側の手を前に」

これは切り返し時に特に注意したい点ですね。

ストックを付いた逆の手になるわけですが、切り返し時に手が遅れた事により体も前に出そうとしても出てこない。

このパターンよくあります。

「山側の手をもっと前に」と意識してあげると体も前にスムーズに出やすくなってきます。

最初は体で覚えるまで、大げさに山側の手を出してもいいですね^^

切り返し時は、自分は手が遅れていないか撮影してもらい動画で確認するのがいいですね!

 

レッスンでは、しつこいくらい「山側の手をもっと前に」とお伝えしていますよ~^^

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料メールレッスン:まずはここから!コブ攻略はじめの一歩「6日間無料メール講座」

コブ斜面を滑ってみたいけど、一体どうやって練習しはじめればいいのか悩んでいませんか?
これまで3000名以上のコブの滑りを見てきた中で、

・安全にコブに入り始めるのはどうしたらよいの?
・整地とコブの違いとは?
・1ターンで止まれるならコブに入っていけるんじゃない?

コブ斜面をこれから滑るにあたって、こんな事からはじめたらいいよ!
という内容を動画も交えて6日間にわたり無料でメールにてお届けします。ぜひコブ斜面攻略のイメージ作りにご活用ください。

無料登録はこちら

SNSでもご購読できます。

LINEでもインストラクターとやりとりできるようになりました!以下の友だち追加ボタンをクリックすると友だち追加されます。

友だち追加

コメントを残す

*

CAPTCHA