スキーインストラクター及び、研修生募集のお知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、小保内です。

スクールを立ち上げて10年以上が経過しました。

私たちのスクールのミッションは、「どんな形であれ、まずコブを滑り降りれるようになってもらう」すなわち、コブを攻略するためのスタートラインに立ってもらうことです。

極端に言えば、そのスタートラインに立った後は、どう滑ろうが、理想がどうであろうが、別のスキーヤーに教わりに行こうが私達には関係ありません。

私達の役割は、ズレズレのターンだろうが、大回りしようが、ストックで体を支えようが、、

とにかく!

今、目の前にあるコブ斜面を安全に滑っておりる!

生きてセンターハウスに帰る!(笑)

そのミッションのために、私たちは、スキーの性能にこだわらず、ズレを多用し、スキーの回旋操作を重視します。

ターンの質にこだわらず、特定の技術に縛られず、流行りに流されず、とにかく自分たちのミッションを成し遂げる(=お客さんがコブ斜面をおりれるようになる)ためのノウハウを積み上げてきました。

私達の滑り方を見て、鼻で笑う人、声に出して批判する人、スピードの無いスキーなんてスキーじゃないと嫌味を言う人、直線的な滑りを押し付けてくる人、キレのある滑りが正義だと言ってくる人。

色々な方がいますが、私達には一切関係ないのです。

それは、私達にはミッションがあり、10年以上もそのミッションがブレた事がないからです。

私達は自分たちのミッションに対し完全な自信をもっています。

・スピードを出してコブを滑りたいですか?
・キレのあるターンでコブを攻略したいですか?
・モーグルのように直線的に早くゴールしたいですか?

すべてスキーヤーの自由です。

でも、ひとつだけはっきると言えることは、

「スタートラインに立っていない人は何もできない」

スタートライン=どんな形であれ、コブ斜面をまずは滑り降りることができる

スタートラインに立てたら、もっとこう滑りたい、スピードを上げたい、キレを出したい。そんな欲がでてきます。

その欲が、理想が、思いが出てきたら素晴らしいです!好きなように滑りましょう!

でも、スタートラインに立っていない人はこんなこと思えないのではないでしょうか?

そこで、私達の役割になります。

コブ専門スクールを立ち上げて10年以上、インストラクターをはじめて20年近く、自分一人または仲間数人でひたすらこの役割を果たすためだけに活動してきました。

しかしここ数年、大変ありがたいことではあるのですが、リピーターのお客様だけでレッスンの参加枠が埋まってしまう状況が続いていて、「一人でも多くの方にコブ攻略のスタートラインに」というミッションが果たしきれていないと感じるようになってきています。

そこで、私達のミッションに賛同してくれて、一緒に役割を果たしてくれるインストラクターまたはインストラクター研修生を募集します。

活動エリア・・北日本〜東日本を中心に活動しています。岩手県岩手高原スノーパーク、群馬県奥利根スノーパーク、長野県白樺湖ロイヤルヒルには各担当インストラクターがいて、毎日レッスン活動を行っています。

または、小保内自身は岩手〜長野あたりの各地で活動をしていますので、同行しながら学んで頂いても構いません。

経験、実績、資格などは全く必要ありませんが、熱意と、覚悟が必要になります。

レッスンという仕事は、個人の人気に依存するという性質上、雇用ではなく、それぞれが自立(自律)した人間の協力と支え合いによって組織作りを行っております。

これまで私達が積み上げてきたノウハウや集客力などを使いながらインストラクターとして生きていくためのお手伝いをさせて頂きます。

人任せ、責任逃れ、言い訳が得意な方は向きません。

おそらく初めは経済的にも精神的にも苦しい事が多いですが、乗り越えられれば冬の間スキーで働いて、夏はのんびりという生活も可能になってきます。

初年度からいきなり成功したインストラクターもいますが、同じノウハウを使ってもインストラクター自身の人間性や、人気にも左右されますので、一律した成果は約束しません。

今、当スクールに在籍しているインストラクターはこちら

責任もありますが、楽しさ、喜び、自由度は何事にも代えがたいものがあります。

スキーインストラクターとして本気で自立したい方の募集をお待ちしております。

ご相談だけでも結構ですので、お気軽にお問い合わせください。

TEL:090-9687-9072 (おぼない)

MAIL:こちらのフォームからメッセージください。

私はこちらのスケジュールで動いていますので近くまで来て頂ける方はお会いしてお話を伺う事もできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*