コブレッスン参加者の声

ずらしと切り替えの繰り返し、というのは目からウロコでした。

こんにちは、小保内雅行です。

2月に奥利根スノーパークにてマンツーマンレッスンを受講してくれた、K様よりレッスンの感想を頂きましたので紹介させて頂きます。

二時間たっぷりのレッスン、ありがとうございました!

コブの滑り方は自己流で練習しても、そもそも一体コブのどこをどう滑ったらいいのかもあやふやなままだったので、今回のレッスンで重点的に教えていただいた、ずらしと切り替えの繰り返し、というのは目からウロコでした。

また機会があればぜひ受講してみたいと思います。

K様、レッスンご参加ありがとうございました!

コブが全く滑れないという状況でしたが、2時間のマンツーマンレッスンで滑り降りる事が出来ましたね^^

 

このレッスンでは、ズルドンの滑りを行いましたが切り返しを中心にレッスンさせて頂きました。

ズルドンの滑りでは、スキーの回旋を早く行わなければいけないのですが、ストックを付く位置が悪くスキーの回旋が遅れる事も多くあります。

 

ストックを付く位置は、なるべくコブの高い場所に付きたいです。

そうすることで、体も斜面に対して下方向を向きやすくなりスキーの回旋も早める事が出来ます。

ストック付く場所、皆さんも意識してみてくださいね~

 

3/19より新潟県・かぐらスキー場でレッスンを行いますが、昨シーズン行ったときは横のスペースが無いコブでしたので下のスペースを利用したズルドンがメインになりそうです。

 

かぐらスキー場でのテーマは「ズルドンを極める!」で行こうと思います!

ゆっくりからスピードアップを目指してレッスンを進めていきますよ~

「コブの壁が受け止めてくれる。壁は味方なんだよ」とても気持ちが楽になりました。

こんにちは、小保内雅行です。

2月に奥利根スノーパークでのレッスンにご参加頂いたWご夫婦様より、レッスンの感想を頂きましたので紹介させて頂きます。

レッスンではこけてばかりでダメダメでしたけど、あれから小保内先生に教えてもらった事を復習しながら、コブにチャレンジしたところ、16回連続で成功しました!

まだまだカッコ悪いですけど…。次の目標は、かっこよくコブを滑るです!小保内先生のおかげで、夫婦共々コブにはまってます!

 

初めてコブレッスンに参加しました。

「コブの壁が受け止めてくれる。壁は味方なんだよ」とても気持ちが楽になりました。

遊びでコブに入っていた時は、意を決して突入してましたが今は何度もトライしたくなるくらいになりました。これからは平地以上にコブを滑りもっともっとスキーを楽しみたいと思います。

夫婦共々丁寧に教えて頂き、ありがとうございました。

W様、ご夫婦でレッスンご参加ありがとうございました!

コブにしっかり当たる!というのもスピードコントロールの一つです。

もちろんズレも必要ですが、コブに当たる事でもスピードは落とされます。

 

それが、コブに当たるのが軽くなり次のコブ次のコブへと進もうと焦ってターンをする方が多いですね。

コブには、両足でしっかりと当たりたいですね~

 

谷足だけがコブに当たって切り返しをするのではなく、両足がコブにしっかり当たるまで待つ!

待てないでターンをして暴走する方も多くみられます。

コブにしっかり当たる!皆さんも意識して滑ってみてくださいね^^

コブは味方ですよ~(笑)

 

さて、奥利根スノーパークでのグループレッスンは今シーズン残すは3日!

3/6(水)と3/16,17(土,日)で奥利根スノーパークでのグループレッスン終了となります。

その後は、3/19より新潟県・かぐらスキー場で行います。

かぐらスキー場でのグループレッスンは、火曜日水曜日と土日に行いますよ~

まさに高橋マジックです。

こんにちは、高橋です。

先日の水曜限定平日グループレッスンにご参加頂いた方からレッスンのご感想を頂きましたのでご紹介させていただきます。

T様より。

今までコブを滑る時は精神統一し気合いを入れ持てる筋力とスピードをフルに動員して怪我も厭わない気持ちで滑っていましたが、

今日高橋さんに教わった滑りは全く正反対でした。

信じてもらえないかも知れませんが気合いも、筋力も、スピードも要りません(これに関しては言葉のアヤもあるのですが待てる操作をする事です)。

ましてや精神統一なんてしなくても滑れてしまいました。(レッスンではダラダラと滑ることもやらされました、笑)

まさに高橋マジックです。

高橋さん、ありがとうございました‼︎

 

O様より。

とても楽しかったです。

初めて、コブを最初から最後まで滑ることができました。

今までコブの滑り方を習ったことがなかったので、いつも2.3コブで破綻していました。

コブは気合いではないこと、焦ってはいけないことが、本当によくわかりました。

これからもっともっといろんなコブを滑ってみたいです。 ありがとうございました。

 

T様、O様レッスンご参加ありがとうございました。

今回のレッスンでお二方が一番感じたことはコブは気合ではない、焦ってはいけないという事ですね(#^^#)

レッスンでは今回ダラダラ何も力を入れずに滑る事をやってみました。

その直後から皆さんかなり楽に滑れる様になりましたね(#^^#)

私も先日参加した大会の予選で感じたのは気合を入れると体が動かなくなるという事を痛感致しました。

皆さんもコブを滑るときはやる気なくダラダラ滑りましょう!!

ダラダラレッスンはこちらから。

 

そしていよいよ3月13日(水)、3月27日(水)の元ナショナルデモンストレーター八重樫選手とのコラボが迫って参りました!!

基礎スキーの観点とモーグルの観点でのコブの滑り方を一気にレッスン出来るのは当スクールのこのコラボだけ!!

是非ともご参加下さいね!!

ご予約はこちらからお願い致します。

夫婦とも形はともかく10ターン位滑ることができるようになっていました。

こんばんは、小保内雅行です。

2月に奥利根スノーパークでのコブレッスンにご参加頂いた、M様よりレッスンの感想を頂きましたので紹介させて頂きます。

初めてコブレッスンに夫婦そろって初級クラスに参加させていただきました。

これまで二人ともコブは全く滑ることができず、苦手意識から練習することもなく滑ることを諦めていましたが、少しでも苦手意識を克服し自主トレできるようになりたくインターネットでコブレッスンを探していたところ、本レッスンを見つけました。

ここの初級クラスはいきなり緩斜面のコブから入るのではなく、コブに必要な技術と組み立て方について午前中いっぱい整地で徹底的に個々人毎のアドバイスで練習していくので、非常にわかり易くとにかく楽しいかったです。

午後からのコブでのレッスン時にはその技術を使って滑るので、レッスン終了時には夫婦とも形はともかく10ターン位滑ることができるようになっていました。

これで自主トレをしながら少しずつ上のクラスでレッスンを受けることができるようになれればと思っています。とにかく教え方が上手いです。ありがとうございました。

M様、ご参加ありがとうございました!

レッスンでは基本的に、午前は整地をメインに午後はコブをメインにレッスンを進めています。

まずは、整地でコブの滑り方を徹底的に練習し、それを午後のコブで整地と同じ動きを行います。

整地で出来ないことは、コブでは出来ませんからね~

 

整地の練習があるからこそ、コブに入っても滑れるようになってきます。

ただただ気合でコブに突っ込んで行っても、基本を知らないと滑れませんよ~笑

まずは基本を整地で、それからコブで同じことを行う。これが大事ですね!

 

コブに入った途端、整地で練習した事と違うことをしては意味ないですよ^^

整地で練習したことを、コブでも同じことを行う。しっかり整地とコブの滑りをリンクしてくださいね!

 

さて、奥利根スノーパークでの今シーズンのコブレッスンも残り日程が少なくなってきました。

今週は、水曜日と金曜日と週末にグループレッスンとなります。

金曜日に行うグループレッスンは今シーズンラスト!

週末に行う3名体制でのグループレッスンも今シーズンラスト!

まだ空きもありますので、奥利根スノーパークでの残り少ないレッスン一緒に楽しみましょう!

私の滑りの欠点を指摘して頂き修正点をアドバイスして頂いたところなんとか最後まで破綻せず滑り切る事が出来るようになりました。

こんばんは、小保内雅行です。

2月に奥利根スノーパークでのコブレッスンにご参加頂いた、I様よりレッスンの感想を頂きましたので紹介させて頂きます。

本日はレッスンありがとうございました。

コブレッスンを受けたのは初めてで今まで多くの人に教わりましたがなかなか身に付かず2・3ターンで破綻するのが常でした、本日のレッスンで滑りのポイントと私の滑りの欠点を指摘して頂き修正点をアドバイスして頂いたところなんとか最後まで破綻せず滑り切る事が出来るようになりました。

まだまだコブ斜面の滑りには苦手意識が抜けませんがレッスンで教わった事を復習して上手く滑れる様になりたいと思います。

I様、レッスンご参加ありがとうございました!

人にはそれぞれ欠点はあります。

それは、皆が同じわけではないですよね~

上手い人等の滑りを見て真似してみるけど、出来ないというときは自分の欠点に気づいていないのかもしれません。

 

例えば・・・

ターン時にストックを付いた逆の手が遅れている。滑りながら下を見すぎている。スキーを回旋する時に山側のスキーに早く乗りすぎている。ターン時に体が内側に倒れすぎている。などなど

 

それぞれ違う欠点がある場合が多いです。

まずは、その欠点を指摘してもらい修正する必要があります。

その欠点を修正しないまま、同じことをしようとしても上手くはいきませんね。

レッスンでは、その欠点も指摘しながら進めていきますので滑れるようになった!という事も多くあります。

皆さんは自分の欠点に気づいてますか?

まずは、その欠点を修正していきましょうね^^

 

また、レッスンで良くあるのが滑りながら首をかしげる事。

それでは、軸がぶれてしまいますよ~笑

それはやめましょうね^^

 

今回のレッスンでは、バンクターンでの低速をやらせて頂きましたがこちらのブログで書いたようにコブのどこを通るのかではなく、どこを狙っていくのかを考えると通る場所も分かりやすいですよ!

 

コブの滑るラインも分からない状況でしたが、丁寧な説明で分かりやすかったです。

こんにちは、小保内雅行です。

1月に奥利根スノーパークでのコブレッスンにご参加頂いた、O様よりレッスンの感想を頂きましたので紹介させて頂きます。

先日は、ありがとうございました。

コブの滑るラインも分からない状況でしたが、丁寧な説明で分かりやすかったです。

まだまだですが、気長に自主練をしていきたいと思います。

早く中級のレッスンを受けれるようにがんばります。

O様ご参加ありがとうございました!

コブのどこを滑ればいいかと考えるより、コブのどこに向かえばいいかと考えたほうが分かりやすいです。

ズルズルどんで低速で滑りたければ、コブの出口。

バンクターンで低速で滑りたければ、コブの入口。

コブの出口から次のコブの出口。コブの入口から次のコブの入口。

そうすることで、どこを通ればいいかが分かりやすくなってくると思います。

 

コブのどこを通ればいいかではなく、コブのどこを狙えばいいか。

悩んでいる方は、考え方を変えてみてくださいね^^

 

初級クラスでは、コブを滑れない・直ぐに失敗してしまう方の為に上記の内容も取り入れながらレッスンを行っています!

 

受講生8人全員の完走に結実したことに皆感激しました。

こんにちは、高橋です。

先日の水曜限定平日グループレッスンにご参加頂いた皆様からご感想が届きましたのでご紹介させていただきます。

藤巻様より

本日は楽しいレッスン有難うございました。

レッスン前と後では驚くほどコブの中での感覚が変わり、連続して降りて来られている自分にビックリでした。

「上下動」「前は減速、後ろは加速」忘れないで練習します。 また受講させて頂きますので、よろしくお願いします!

 

ご夫婦でご参加頂いた関口様より

2回目の受講でしたが、新鮮かつ驚きの連続を味わうレッスンでした。

何よりも、冒頭の「抜重と上下動」の反復練習が、4時間後のバンクライン滑りに受講生8人全員の完走に結実したことに皆感激しました。

もう一つの喜びは、普段の小回り等の動きが、自分の意思で運動出来る様になったことです。

高橋先生、とても楽しいレッスンを、有難うございました。

また、カミサンと参加いたしますのでよろしくお願い致します。

 

皆様ご参加ありがとうございました。

今回も大体の方がS〇Jの教えに騙されていましたね(*´Д`)

抜重するな!! 外向傾作れ!!

その真逆をやればコブは誰でも簡単に滑れます(#^^#)

大体そんな風に滑っている技術選の選手います?

みんなその真逆やってますよね(#^^#)

 

コブがなかなか上達しないS〇J信者たち!!

騙されたと思ってレッスン来てみて下さいね(#^^#)

高橋レッスンの予約状況はこちらでご確認下さい。