コブレッスン参加者の声

まずは恐怖心をなくして降りられることが重要で、それをしっかりと指導してくれるこのレッスンは、私にとって大きなターニングポイントとなりました。

こんにちは、小保内雅行です。

1月に奥利根スノーパークでのコブレッスンにご参加頂いた、安納順一様よりレッスンの感想を頂きましたので紹介させて頂きます。

連続した二日間、初級コースに参加しました。

初日は以前から苦手だった、安定した横滑り、それも真下方向への横滑りを徹底的に指導されました。

特に苦手だった右回り、つまり左の外向傾を即座に指摘され、常にそれを意識する一日。その夜の下半身の筋肉痛といったらww 午後には中急斜面を使った連続横滑りとプロペラターンの練習。これは翌日のためのコブ内での動作、そしてそのためのコブ作りへの布石でもあります。

通常、他のレッスンではすでに出来上がった深くえぐれたコブに恐怖感を抱えて飛び込むことが多いですが、この二日間のレッスンに参加すると、自分たちの横滑りからコブが出来上がっていくプロセスをリアルに体験することができます。

これが初心者にはとても貴重な体験であり、どうしてコブができるのか、どこを滑るのが効率的なコブの攻略法なのかが身をもって、そしてある意味科学的に体験できます。

レッスンの最後にはビデオでその日の成果を録画してくださいます。あんなに苦手だった真下方向の横滑りが、かなり綺麗に仕上がっている!とても感動しました。

そして2日目のレッスン。この日からの参加者もいらっしゃるので前日とかぶる部分も当然ありますが、私のようなコブ恐怖症初心者にとっては逆に有難い復習レッスンです。 そして気づきました。昼休みに急斜面で小回りを試したところ、驚くほど安定したエッジングが!しっかりと板に乗れているというのはこういうことかと!! 徹底的な横滑りの効果が明確に滑りに反映されてました!恥ずかしながら少し自分に酔ってしまいましたw

もちろんレッスンでは自分たちが作ったコブに入り、ズルどんで至極ゆっくりと滑り落ちる方法を反復練習します。いままであやふやだったコブ内でのラインどりもしっかりと指導され、結局のところ真下方向の横滑りとプロペラターンの連続であることを身をもって体験できました。

さまざまなビデオを見てわかった気になっていましたが、このレッスンでは「どこを滑ると板を下手にたわませずに安定させられるか」を丁寧に指導してくれます。

コブの超初心者にとって重要なのは「スピードを落とす」こと、そしてそのためラインどりです。綺麗さはぶっちゃけ求めてません。まずは恐怖心をなくして降りられることが重要で、それをしっかりと指導してくれるこのレッスンは、私にとって大きなターニングポイントとなりました。

ちなみに私は50歳。48で2級を取得して、今年は1級に挑戦しようと考えているものですが、コブの滑り方が全くわからず、当該レッスンに藁にもすがる思いで参加しました。

結果、大正解です。反復レッスンによって横滑りも得意になり、その影響でターン、特に小回りにも大きな安定感が出ました。 コブだけでなく、「何か安定感が足りない」「他のレッスンでポジションや荷重を指摘されるけどどこを直したら良いかいまいちわからない」方にもオススメのレッスンです。

小保内さん、丁寧なレッスンを本当にありがとうございました‼︎次回は中級レッスンに参加できるよう、ホームで精進してきます!

安納様、レッスンご参加ありがとうございました!

安納様は2日間連続で参加していただきましたが、2日目の滑りは初日に比べて別人のように整地もコブも安定して滑れてましたね^^

ズラしもかなり安定してできていましたが、安納様はスキー操作がしっかり出来ていました!

 

ズラしてスピードコントロールも大事ですが、スキーをしっかり操作できるか?がコブでは重要です。

皆さんも、切り返しでしっかりとスキー操作できていますか?

これが出来れば、かなり楽に滑る事が可能になってきますよ^^

 

さて、今週末より一度東北へ戻ります。

今週末は宮城県・スプリングバレー(初級クラス空きあり)で、その次の週末は岩手県・岩手高原スノーパーク(初級・中級共に空きあり)でレッスンを開催します!

その後、再び2/6(水)より奥利根スノーパークで3月中旬頃までレッスン行います!

ぜひ、ご参加ください^^

小保内雅行グループレッスンスケジュールはこちらから

昨シーズンには得られなかった”なにか掴んだ”って感じがしました。

こんばんは、小保内雅行です。

年末に岩手高原スノーパークでレッスンを受講してくれた、Y様よりご感想を頂きましたのでご紹介させて頂きます。

コブは嫌いです(笑)。

そんなこと言ってるとスキーの楽しさの3分の1位を損してスキーしてる気がして、楽しく華麗に滑る秘策を学ぼうとレッスンを受講しました。

コブ攻略、その初心者としての入り方を、入口と真ん中とズルドンでの出口を狙って行く3パターンで実践して教わりました。

習得したと言えるほどではまだまだいたりませんが、昨シーズンには得られなかった”なにか掴んだ‼️”って感じがしました。

少人数だったこともあって、いっぱい滑れたし、人目を気にすることもなく上手くいかなくても恥ずかしくなく、レッスンを受けられたのもよかったのかなぁ。

ビデオ録りの時に、初日の2本目(後姿)と二日目、我ながらなかなか素直に滑れたと思いました。 ただ、切り替えを急いだ時は、スタンスが広くて内足を上げて回してしまう癖がはっきり写っています。

不整地で両足をもう少しくっ付けて滑るように・・・特に、両足をくっつけた状態で身体をその真上に乗せて切り替えられるようにしなければ。

ストックの位置も目線も傾きもコマネチラインも大切。 横移動を長く取れなかった時、強引に切り替えてしまうのが課題ですね。 次の機会まで、今回教わったことを復習しつつ自主練します。

またよろしくお願いいたします。 ありがとうございました🎵

 

Y様、ご参加ありがとうございました!

2日間連続でご参加頂いたY様ですが、2日目は私が担当させて頂きました。

その日の参加者は、緩斜面の縦コブで暴走してしまう。という感じでしたので、コブの高い所を狙って待つ!ただそれだけです(笑)

ターン弧とか綺麗さとか一切気にしません。

ただ、コブの高い所を狙って待つ!シンプルです^^

 

皆さんも切り返しを焦って足だけのターンになってませんか?

それでは、暴走してしまいますよ~

 

まずは、10コブある中で1コブだけでも待てるように。

それが出来たら、次は2コブ!3コブ!と増やしていけるといいですね^^

いきなり10コブ全て完璧になんて考えてはいけませんよ~

皆さんもぜひ、コブの高い所で待つ!挑戦してみてくださいね^^

 

小保内雅行レッスンスケジュールはこちらから

 

 

本日一日の進歩は ウソのようです。

こんにちは、高橋です。

 

先週末のグループレッスンにご参加頂いたH様よりご感想が届きましたので紹介させていただきます。

 

本日は本当にありがとうございました。
これまで整地ではそこそこ滑れても、
コブになると全く歯が立たずに、無理やり
2、3ターン回って破綻していたのですが、
おかげさまで何とかスピードをコントロール
しながら20ターン以上連続して下りてこれる
ようになりました。
動画で見るとまだまだきれいとは言い難いですが、
これまでのことを考えると、本日一日の進歩は
ウソのようです。
56歳にしてコブが楽しくなれそうで、次のスキー
旅行のことを考えているところです。
ありがとうございました。
 
H様レッスンご参加ありがとうございました。
2,3ターンで発射!!
よく聞きますよね(*_*;
なぜ発射してしまうんでしょうか?
 
答えは簡単ですね(#^^#)
発射してしまう場所を発射してしまう体勢で滑っているからですね!!
たったそれだけのことで20ターン以上は簡単に滑って来れますよ(≧▽≦)
 

 
 

 
 
 
 
 
 

レッスンは繰り返し受けることが大切だと思いました。

こんにちは、高橋です。

先週末のグループレッスンにご参加頂いた皆様からレッスンのご感想が届きましたので紹介させて頂きます。

22日にご参加頂いた立松様より。

レッスンにて抜重の方向、低速で滑るにはどうすれば良いか、分かりやすく教えて頂きありがとうございました。

特に、横移動の方向によって次のターンスペースが決まってくること、“とにかく待つ”こと、忘れないようにします。

今後も練習を積んで頑張りたいと思います。

 

22日にご参加頂いたNさまより。

今シーズン2回目のレッスンでしたが、1回目で習ったことが実は理解できていなかったということがよくわかりました。

やはり、レッスンは繰り返し受けることが大切だと思いました。

次はここに気をつけて自主練してみよう、そしてまたレッスン受けて確認していこうと、前向きな気持ちになりました。

ビデオを見て、全然ダメだなとへこむ一方で、以前はコブが全く滑れなかったのに、上から下までなんとか降りて来られるようになったことに少し感動しています。

もっと頑張ります。来シーズンもご指導よろしくお願いします。

 

2日間連続でご参加頂いたF様より。

4月とは思えないくらい暑かった21日と22日の2日間お世話になりました。

レッスン中に分からない事があった時にその都度質問するとその場で丁寧に分かりやすく答えて頂いた事により、見ただけでは分からなかった事がよく理解出来ました。

又、今回の10合目・8合目狙いのバンクラインレッスンも動画を見ただけではどのあたりを滑っているのかよく分からなかったラインが、

高橋さんが滑った跡を同じ様に滑る事で簡単に分かり、実際にレッスンを受ける事の大切さを感じました。

今回のレッスンを受けるまではバンク滑りというものをほとんどした事が無かったので初めてだからかなり苦労するだろうなあと内心思っていたのですが、

たった2日間のレッスンで最後にはテクニカルコースの上部から下部までバンク滑りっぽく何とか滑り切れたのは驚きでしたし、

個人的にはとても嬉しかったです。(ダメ出しは多々あると思いますが(笑い))

というのも今まではこのような傾斜があって溝が深い(私から見ると)コースは難しい為、

出来るだけ凹凸(おうとつ)の少ないコースを探しながらズルドンで滑っていたからです。

高橋さんの笑顔と分かりやすく丁寧なご指導のおかげで楽しく有意義な時間を過ごさせて頂きありがとうございました。

来シーズンは教えて頂いた声出しと練習内容で自主練を頑張った後で再度レッスンを受けたいと思っていますので宜しくお願いします。

 

皆様レッスンご参加ありがとうございました。

皆さん意外と知らないんですよね、加速と減速の単純な動作(*´Д`)

そしてラインどり!

この二つが分かっているだけでもかなりゆっくり滑る事が出来ますよ。

まずは確実にゆっくり丁寧に滑れる様になることがスタートラインですよね。

そこから「待つ」事でスムースな滑りになり、徐々に加速していき、カッコイイ滑りになっていきますね(≧▽≦)

 

動画をご覧頂いてもなかなか滑れる様にならないという皆様は是非とも今シーズン中にスタートラインに立てる様にご一緒に楽しく滑りましょう!!