コブ斜面の滑り方動画

コブ斜面を安定して滑るために一番最初に確認すべき事とは?

こんにちは、小保内です。

コブを安定して滑るための練習というと何を一番最初に思い浮かべるでしょうか?

実際のレッスンでも聞いたりするのですが、答えの多くが「ひねり、外向傾姿勢」「ズラシ」の二つです。

どちらもコブを滑る上では必要な事ですね^^

でも、私の場合、この二つの練習の前にやるべき事があると思っています。

それは、

『スキーを回旋させる』

ことです。

ひねりの練習でもなく、ズラシの練習でもなく、スキーの面にのって、クルクルとスキーを思い通りに回せるかどうか?という事です。

最初は、体がローテーションしようがストックに寄りかかろうが、まずは、スキーを回す感覚を掴む!という意味でおすすめしたいと思います。

上達しよう!と真剣に取り組んでいる方に多いのですが、形にこだわりすぎ!というケースが少なくありません。

「コブを滑るときは正面を向いてなきゃいけないんですよね」

「ローテーションしたらダメなんですよね」

こういった特にひねりに対する『形のこだわりがスキーの動きに制限をかけてしまってないか?』

この事をもう一度考えてほしいなと、雪上でレッスンしながら思うことが最近とても多いです。

また、上手な方のお話は、相手が思い通りにスキーを操作できることが前提になっている場合もありますので注意したいですね^^;

コブを滑る上で、色々大事な要素はあるけれど、、まず等速で安定して滑りたいならスキーの回旋をもう一度見直してほしいと思います。

そんな思いで作った動画が12月に配信開始したこちらです。

配信開始!新作コブ攻略動画DVD・スキーを思い通りに動かすためのピボット操作

こんにちは、小保内です。

お待たせいたしました!

本日より最新作のレッスン動画「スキーを思い通りに動かすためのピボット操作」を配信開始しました。

今回は、DVDとオンライン視聴そして動画データダウンロードの3点セットでの販売となります。

この2つに加え、さらにダウンロードもできるので、見たい時に見たい場所で見たい方法で視聴頂けるのではないかと思います。

もちろん今回の動画も無制限で質問できるサポート体制も整えています。

動画の内容に関して詳しくはこちらでご確認ください。

新作動画DVD・スキーを思い通りに動かすためのピボット操作

新作動画のデザインが出来上がってきました!スキーを思い通りに動かすためのピボット操作

こんにちは、小保内です。

製作中の新しいDVDのジャケットデザインが出来上がってきました。

タイトル通り、スキーを思い通りに操作することに焦点を当てたレッスン動画です。

今年中には配信開始できると思います^^

コブ斜面という急斜面で、狭いスペースでいかにスキーを思い通りに操作していくのか?ということは、コブを攻略する上で欠かせないポイントになります。

今回は、DVD+オンライン視聴+ダウンロードの3点セットでの販売を考えています。

この3点セットで動画を見ることができれば、様々なライフスタイルにこの動画が密着できるのではないかと考えたからです。

もちろん、見て勝手にイメージしてね状態にならないように、疑問質問にお答えできるサポート体制も整えています。

12月中旬リリース予定!

新作動画「スキーを思い通りに動かすためのピボット操作」どうぞお楽しみに!

 

その他のレッスン動画も参考にしたい方はこちらからどうぞ〜

「ターンの左右差を無くす方法」特典つき販売は本日までです。

こんにちは、小保内です。

先月から配信開始おかげさまで好評を頂いております「ターンの左右差を無くす方法」の動画ですが、本日8月31日までに購入頂いた方には特典としてもうひとつ動画をプレゼントさせて頂いております。

この動画は、コブでもコブでなくても、スキーで膝に不安を抱えている方のお役に立てればという作った動画になります。

もし、膝への負担がからだの使い方(自分自身の動作)によるものであればこの動画が役立つと思います。

こちらのターンの左右差を無くす方法の動画を本日中にご購入頂けると、特典としてプレゼントさせて頂く動画です。

この動画単独での販売配信は行いませんのでお見逃しなく^^

ターンの左右差を無くす方法

こんにちは、小保内です。

今日は新しい動画ができましたのでお知らせさせて頂きます。

今回のテーマは、

ターンの左右差

になります。

まずこちらの動画を見て頂きたいのですが、左右差が原因でコブ斜面でこんな失敗を繰り返していませんか?

このように、自分の滑りで左右差が気になった事がある方はとても多いと思います。
そういう私も、長年左右差に悩まされてきた一人です^^;

ちなみに私の場合、左ターン(右のコブに入るとき)で体がローテーションする癖があり、何とか見た目でごまかして滑る事が多かったのですが、結局すぐ元にもどるんですよね・・

この悩みをなんとか解決できないか?と思ってトレーナーさんに相談したところ「直せますよ!」とあっさり・・(笑)

こんな会話がはじまりとなって「左右差を無くす方法」という約100分ほどの動画ができあがりました。

5月に撮影を行い、そこからすぐ編集を行ってあれこれと追加や修正を重ねてこの時期になってしまいました。

今回撮影をしながら私自身、超ーー勉強になったのですが、その中でも印象に残ったフレーズを2つ紹介したいと思います。

左右差のある技術を積み上げてないか?

これはかなりドキっとしました。左右差がある状態で練習すればするほど左右差が強固なものになってしまう。つまり左右差があるターンの練習を積み上げてしまっている。

見た目を直すだけでは無意味

例えば「右の肩が上がってるから右の肩を下げよう」といった見た目の修正ではなく、体の使い方からアプローチしなければ根本的に解決しない。
この2つが特に印象に残っていますが、他にも”目からうろこ”が満載でした。

オフシーズンの今のうちに今回の動画の内容を理解して頂くと、雪上に立った時に左右差を根本的に解決できるようになると思います。

シーズン中は、どうしても滑りたい気持ちには勝てませんので(笑)雪上を離れた方が効率的に、結果早く上達できる部分に関してはこのオフシーズンがチャンスです。

今回撮影して頂いたトレーナーさんの良いな~と思うところは、トレーナーとして体の使い方に精通しているだけでなく、すべてをスキーと結び付けてくれている点です。そして自分もスキーを教える事ができる。

これができるトレーナー、インストラクターというのはかなり貴重だと思います。

自分のターンに左右差がある。そして左右差が原因でいつも同じような失敗を繰り返す。といった方はぜひご覧になってみてください。

「ターンの左右差を無くす方法」動画の詳細はこちら

動画をご覧の方には、視聴者限定のFacebookグループにご招待させて頂き動画の内容に関するサポートもさせて頂きますので、ぜひ一緒にがんばりましょう!

それでは、また^^

高橋正二のはじめてのコブSTEP5「脱ズルドン完成編」がDVDになりました!

こんにちは、小保内です。

先日お知らせさせて頂いたSTEP1〜4のDVD版に続き、高橋正二のはじめてのコブSTEP5「脱ズルドン完成編」もDVDになり本日より販売開始しました!

これでSTEP1〜5まで全編がDVDとなりました!

脱ズルドンをテーマにした高橋正二のはじめてのコブシリーズ、ぜひオフシーズンのイメトレに、雪山の景色に少しでも涼しい気持ちになりながらお楽しみ頂ければと思います^^

この動画の購入はこちら

コブ斜面の滑り方動画マニュアル階段1~3をアップデートしました!

こんにちは、小保内です。

本日、コブ斜面の滑り方動画マニュアルの階段1~3をアップデートさせて頂きました。

すでに動画を視聴して頂いている方は、特に手続きなどは必要なく、動画視聴ページにアクセスして頂くとアップデートされた動画をご覧頂けます。

一番最初に階段1を配信したのが2014年ですが、今でも毎年たくさんのお申込みを頂いているため、今年の春に撮影し直して、内容の付け足しなどもしつつアップデートさせて頂きました。(相変わらず素人撮影&編集ですが、内容を理解するのに特に不備は無いと思っています^^)

そもそも格好つけた編集はあまり好きではないというか興味がないです(笑)ストレスなく見れて内容が理解できれば良いという考えです。

わかりずらい部分があった場合、動画の視聴ページに質問欄を用意しているので、質問してもらえればいつでもお答えすることができますので。

以下が今回アップデートした動画のCMになります。

▼階段1 1コブで止まろう

▼階段2 シュテムターンでコブを滑ろう

▼階段3 2種類のラインどりでコブを滑る

コブ斜面の滑り方動画マニュアル、本編の視聴はこちらから