技術について

最大斜度32°のコブ低速「動画」かぐらスキー場

こんにちは、小保内雅行です。

先日のかぐらスキー場でレッスンを受講してくれたお客様に動画を撮影してもらいました!

かぐらスキー場の田代エリアで初めてレッスンを行い、田代ロープウェー降りて直ぐ左にある非圧雪コースのコブと最大斜度32°のチャレンジバーンのコブで低速で滑ってみました^^

 

最初は、田代ロープウェー降りて直ぐ左にある非圧雪コースのコブです。

コース名が分かりませんが、最大斜度も27°・28°くらいあるコースです。

ここでは、かなり深いコブでしたが中を狙って低速で滑ってみました!

 

中を狙っても低速で滑る為には、スキーの回旋が大事になります。

壁でスキーをなるべく横方向まで向ける事が出来れば、低速で滑れます。

 

次の動画は、こちらも田代エリアにあるチャレンジバーン最大斜度32°のコブです。

ここでは、コブの入口側を狙ってバンクターンで低速で滑ってみました!

これだけ急斜面であれば、ズルズルドンの方が楽に滑れるのですが今回はあえてバンクターンで滑ってみました^^

スキーのトップをしっかり入口側に向けて切り返しを行う。

少しピポット操作の要素も入ってます。

正直、これくらい急斜面ですとズルズルドンの方が楽です(笑)

 

実際のレッスンでは、ズルズルドンで出口を狙い、徐々に中側を狙っていく内容で行いました。

ズルズルドンから始めてもスキーの回旋を遅らせていき、狙い場所を変えていけば弧を描いたターンになってきますよ^^

 

かぐらスキー場でのレッスンは、4/19(日)まで開催です!

今週の3/25(水)は今シーズン最後の水曜グループレッスンとなります。

ぜひご参加ください^^

 

テクニカルプライズ検定!!

こんにちは、高橋です。

 

最近はお客様に増えてきたんですよねぇ~、、、

テクとかクラとか受けて合格したいってお客様(#^^#)

という訳で、自分の技量を計るシリーズ第3弾!!

今日は富士見パノラマリゾートでテクニカル受験を受けに行きました。

 

結果は何とか合格出来ました(≧▽≦)

ただ、残念なのが不整地小回りで何点出るか試してみたくガチガチのモーグルの滑りをしたところ、

全く点が出ませんでした。

やはり検定はある程度バンクでないとダメみたいですね(*´Д`)

 

恥ずかしいですが動画をアップさせて頂きます。

 

大回り

 

総合滑降

 

整地小回り

 

不整地小回り

 

リザルトはこんな感じです。

 

応援して下さった皆様ありがとうございました!!

 

曲げ切替(屈伸抜重)でコブ低速「正面&横からの動画」

こんにちは、小保内雅行です。

前回の伸ばし切替(伸身抜重)の動画に続き、今回は曲げ切替(屈伸抜重)でコブを低速で滑ってる動画です。

岩手でのレッスン中に撮影してもらった、正面からと横からの動画となります。

このコブは縦コブで、5合目辺りを狙って滑っています。

 

■正面から

■横から

縦コブでも5合目を狙って、このようにゆっくりコントロールして滑る事が可能です!

縦コブで5合目を狙って滑るとスピードに耐えれないという方が多いです。

 

5合目を狙って5合目を蹴り次のコブへ。

これをしてしまうと自分の持っている限界スピードを超えて、体が遅れるという事が多いです。

限界スピードを超えずに滑れる方は大丈夫ですね^^

 

では、5合目辺りを狙って動画のようにコントロールするにはどうしたらいいのか?

 

コブの壁を蹴る場所を変えるのです。

縦コブで5合目を狙って5合目を蹴るのではなく、5合目を狙って2・3合目を蹴ります。

なのであくまでも、蹴る場所は下側に蹴る事になります。

それをするには、待つ時間が必要となってきます。

これは結構難しいのですが、これが出来ると5合目を狙ってもゆっくり滑る事が可能になってきますよ^^

5合目狙っても低速で滑りたいなら2・3合目を蹴れ!

これはあくまでも縦コブの場合ですよ~

 

今回は曲げ切替(屈伸抜重)ですが、伸ばし切替(伸身抜重)でも同じです。

伸ばし切替(伸身抜重)の動画はこちらからご覧いただけます。

 

ぜひ参考までに^^

 

コブ斜面を伸身抜重で低速「動画」

こんにちは、小保内雅行です。

昨日(2/4)岩手から戻り、奥利根スノーパークに戻ってきました!

今日の午後から雪が降り始め、明日の朝まで続きそうです^^積もる事を祈りましょう!

 

さて、岩手でレッスンを行った際に最後の1本で動画を撮影してもらいました。

レッスンでの内容は、伸身抜重でコブを低速で滑るです。

伸びる・縮むの上下運動をしっかり行い、抜重・加重のメリハリをつける。

コブを両足で蹴る(角付け)を意識して行いました。

そんな内容で行った最後の1本です。

 
コブを蹴る(角付け)は中々難しいですが、それを出来るとよりコントロールをして滑りやすくなります!
 
この内容は、私は初級クラスで行っています。
中級クラスでも少し行いますが、初級クラスでは伸身抜重でコブを蹴る(角付け)という内容を4時間でみっちり行います!(中級クラスは屈伸抜重も)
 
コブで直ぐ弾かれる、暴走してしまうから方はもちろん、もっとコントロールして滑りたいという方にもお勧めのですよ^^
 
 
 
 
 

コブ上達のヒント!伸身抜重と屈伸抜重を使い分ける。

こんにちは、小保内です。

4/20,21の2日間、角皆&小保内コブレッスンにご参加頂いたO様よりレッスンの感想を頂いたので紹介させて頂きます。

前回参加された時は屈伸抜重がまだ身についていないOさんでしたが、今回はどうだったでしょうか?

以下、ご本人からの感想になります。

続きを読む

かぐらスキー場でのコブレッスン中の滑りを動画で撮影してもらいました!

こんにちは、小保内雅行です。

先日、かぐらスキー場でマンツーマンレッスンを受講してくれたお客様より私の滑りを動画に収めたいとの事でしたので1本撮影して今後の練習の参考にするとの事でした。

マンツーマンレッスンだから出来る事ですね^^

 

私もその動画見たくて、お客様にお願いし動画を送ってもらいました!

最近は中々、自分の滑りを見る事が無かったので久しぶりに真剣に見てしまいました(笑)

ズルドンでの低速滑りですが、コブが滑れないという方はぜひ参考にしてみてください。

コブの出口を狙い、伸身抜重で滑っています。

特に注目してほしいのは、ストックを付く位置ですね。

下方向のスペースを利用しての滑りになるので、ストックはなるべく開いて付きます。

 

また、この時はブーツを引く意識も取り入れながらレッスンさせていただきました^^

ブーツを引く動きは、言葉だけでは説明が難しいのですがそれが出来るとスキーの回旋がより早く行う事が出来ますよ~

 

さて、かぐらスキー場でのレッスンは4/14(日)までで、残り2週間となりました!

グループレッスンは、火曜水曜と週末に行っています。

それも残り2回づつで今シーズン終了となります!

 

かぐらスキー場でのグループレッスンはこちらから

かぐらスキー場でのマンツーマンレッスンはこちらから

体の傾きを維持しながら下方向へ「コブ斜面横からの動画」

こんにちは、小保内雅行です。

最近は気温も高く、コブもかなり深くなってきましたね^^

深いコブ、苦手な方も多いのではないでしょうか?

そんな深くなったコブで、また動画を撮影してもらいました。

 

前回は中斜面コブでの正面からの動画を紹介しましたが、今回は横からの動画を撮影してみました!

同じ中斜面のコブで、基本ラインで滑っています。

中々横から見る機会もないと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

体の傾きの維持と下方向へ落ちていく事を意識しながら滑っています!

コブに当たった時に体が起き上がる方が多いですが、体の傾きは維持したいですね^^

落ちた場所で切り返す、基本ラインの正面からの動画はこちらからご覧ください。

他にも撮影してもらった動画がありますので、それはまた後程紹介しますね^^