体作りについて

中学時代アルペンスキー全国制覇の高校球児

こんにちは、小保内です。

夏の高校野球が終わりました。
私も元高校球児ですから、大会期間中は普段つけないテレビが1日中つけっぱなしになってました^^;

秋田県の金足農業高校が決勝まで進出し注目を集めましたが、個人的には大阪桐蔭高校の根尾選手の動きに釘付けでした。

根尾君といえば、中学時代にアルペンで全国優勝しているスキー選手ですね。

スキーと野球の二刀流で培った、身体能力の高さが評価を集めていてプロ野球スカウトからも注目されている選手です。

高校野球を見ながら、根尾君に注目していた事もあってか「身体能力」という言葉を多く耳にしたのですが、身体能力ってそもそもなんだ?ということでググって(笑)みたところ、、

「身体能力とは、筋力、持久力、柔軟性など、体に備わっている能力」

根尾選手はこの身体能力が高いと言われているようですが、根尾選手の動きを見ていて思うのは、野球だけをやり込んできた選手に比べて「動きが型にはまっていない」「ダイナミック」といった印象を持ちます。

普通、野球でトップになろうとしたら野球のテクニック的な練習をしますよね。
きっと周りの野球選手もそうだと思います。

一方、根尾選手は中学時代はスキーで全国制覇ですから、野球の練習時間が周りに比べ短いはずですが、高校に入って野球に絞ったらプロ注目なわけです。

これについてお世話になっているトレーナーさんに聞いたところこんな答えが帰ってきました。

「なんでもできる人(身体能力の高い人)が、野球を選んでるだけ」

プロのスカウトもきっと、野球というテクニック的な要素よりも、その子の伸びしろをみてるのかな〜という気がしてます。

スキーが大好きな私たちはスキーの回数を増やしてスキーを上達しようとしますが、色々なスポーツにチャレンジしたり、身体能力を高めるような事も意識してみるといいかもしれませんね。

特に今はオフシーズンですので^^:

それでは、また!

体幹鍛えませんか?

こんにちは、高橋です。

みなさんまだまだ暑い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか?

 

皆さんはコブを滑るときにバランスをすぐに崩してしまったり上体がブレてしまったりしていませんか?

そんなお悩みはオフシーズン中に解消しちゃいましょう(≧▽≦)

という事で何をするかはもうお分かりですよね?

体幹トレーニングです!!

私の友人がサンメドウズ清里スキー場にてイベントを開催致します。

今流行りのスラックラインやトランポリンで体幹を楽しみながら鍛えちゃいましょう(^^)/

私も息子と参加しますので皆様のご参加をお待ちしております。

 

いきなりスピードを上げるのではなく、徐々にスピードアップしていきましょう!

こんにちは
小保内雅行です。
本日の岩手高原は今回の爆弾低気圧で、ゲレンデは全面パウダーでした!
ですが・・・
せっかく作成した、コブコースが埋まっちゃいました(笑)
なので、今日はコブコースの作り直しから。
今日も腿がパンパンです^^
さて、初滑りから徐々に体も慣れてきたので今日はコブで少しリズムアップして滑ってみました。
まだまだシーズン初めなので、無理せずリズムアップです。

皆さんも、いきなりスピードを上げるのではなく体がコブに慣れてから徐々にスピードアップしていきましょう!
まずは、低速からゆっくり滑りましょうね^^
それでは、また!

【カラダカラ】自分の健康を管理する無料ツール

こんにちは
小保内です。
オフに入り、シーズン中に増加してしまった体重を適正に戻そうということで、運動と食事に気をつけはじめました。
ちなみにシーズンオフ直後は適正体重より8KGオーバーしてました・・
これはいかん!ということで、1日30分程度のジョギングと軽い筋トレ、カロリー制限をしているのですが、ブログを読んでくれている方から
「食べたものを記録したほうがいいですよ。」
というアドバイスを頂いたので、カラダカラという無料ツールを使って毎日の食事を記録しています。
・食事の記録
・カロリー比較
・体重の増減
・運動の記録
などを記録して比較していくことができます。
食事の記録をしていくと、徐々にこの食べ物は何kcalというのを、何となく覚えていくことができて、カロリー制限に役立ってます。
また、運動も記録することで、「何日継続できた」というのがモチベーションの維持役だっています。
自分の記録は他のユーザーに公開するか非公開かを選べますが、自分は非公開にして使ってます。
公開してちょっと自分を追い込むのもいいかもしれません。
興味のある方は試してみてくださいね~
健康管理ノート・カラダカラ

年齢が上がるほど、練習に長期計画が必要になります。

こんにちは
小保内です。
師匠のブログにこんな事が書いてありました。
年齢が上がるほど、練習に長期計画が必要になります。
なるほど!と思うと同時に長期計画を立てたことの無い自分に気づきました。
スキー以外のスポーツにおいても、スポーツ以外の分野においても、短期で上達することや、短期で欲求を満たす事に振り回されて自分軸を見失ってしまう。
今までこういう事を繰り返してきたように思います・・
もう一度しっかりと自分と向き合って、本当の自分の目標と計画を立てたいと思いました。
年齢が上がるほど、練習に長期計画が必要になります。

適正体重に戻すためにやるべきこと、まず2つ

こんにちは
小保内です。
昨日、こちらの記事を書いたところ、たくさんの励まし、同情を頂きありがとうございます(笑)
その中で、減量のためのアドバイスも頂いたので、書き留めておこうと思います。
1.毎日測る
とにかく毎日体重を測ることで自己制御が効く。
2.お腹が空いたら有酸素運動
肝臓の脂肪が燃焼して、お腹が空いた事を忘れさせてくれる。
まずは、この2点を日課にしてがんばっていきたいと思います^^
ちなみに昨日の夕飯前、入浴前の体重は、、
76KG!
増えてる~!!

シーズン中数カ月、体重計にのってなかった結果・・

こんにちは、小保内です。
いや、重いな~重いな~とは思ってはいたんですよ・・
なんかちょっとお腹たるんでるな~とは思っていたんですよ・・
わかってはいたんですが、体重計にのるのが怖くて数カ月のってませんでした。
で、昨日いつも行く温泉でそろ~りと静かに体重計にのってみたところ、このありさまですよ・・
ちなみに、僕の身長で適正な体重はどうやら67kgらしいです・・
見事8kgオーバー!!
年齢34歳、身長175cm、体重75kg
オフの課題・その1
適正な体重にする!