後傾姿勢は自宅で矯正できる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、小保内です。

オフシーズンいかがお過ごしですか?

フェイスブックなどを見ているとまだ雪上で滑っている方もいて羨ましいですね^^

また、近年サマーゲレンデも増えて、年中滑れる環境が整ってますよね。

充実したオフシーズンを過ごしながら冬を待ちたいですね!

私はというと、オフシーズンは完全にスキーから離れていますが、コブの上達に直結するエクササイズメニューを作ってもらって、空いた時間に気軽に取り組んでいます。

どんなエクササイズかを紹介する前に、今までレッスンをしてきた中で、コブでの2大失敗パターンの一つに後傾というものがあります。(もう一つは内倒ですが、ここではちょっとおいておきます。)

後傾姿勢で止まってしまっているために、コブを安定して滑れないという方は多いのですが、これはスキーで斜面を滑っている中で矯正していくのは非常に難しいと思います。

そのため、オフシーズンに、自宅で、道具を使わずに一人でできる、後傾姿勢を矯正するためのエクササイズを作ってもらったわけです。

ちなみに、後傾が悪い、前傾が良いというわけではなく!

後傾もできる、前傾もできる、そして後傾でも前傾でもないポジションを保持できる。

ということが大切になります。

そもそも後傾した状態というのは、椅子に座った姿勢で例えると、お尻が前にずり落ちて、猫背になったような姿勢です。

 

長年の生活習慣で後傾姿勢で止まってしまっている方は、スキーをはいて斜面を滑っている時も当然その後傾姿勢になります。

この後傾姿勢を治すことはできるのか?

ということなのですが、

 

できます!

 

オフにスキーを繰り返すのもいいですが、後傾姿勢が原因でコブを滑れない自覚がある方は、そのまま滑り込むのではなく!

こちらの動画のエクササイズを行って、スキーシーズンに備えてもらえたらと思います。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

動画:コブでの2大失敗パターンを解消する!自宅でできるエクササイズ

コブでの2大失敗パターン「後傾」そして「内倒」

上手な方でも失敗するときはこの2つで失敗する場合が多いのではないでしょうか。

逆に言えば、この2つを発生させなければ、安定してコブ斜面を滑る事が可能になるという事です。

では、「この2つの失敗パターンを発生させないためにどのような練習を行えば良いのか?」

この動画では、この失敗パターンを発生させないための姿勢とからだの使い方に焦点を当てた動画となります。

道具が必要なく、広いスペースを必要としないので、自宅で気軽に取り組んで頂けます。

「陸上でできない事は雪上でもできない。」ということは間違いないと思います。

雪上で一生懸命練習する前に、このエクササイズを行うことで効率よく上達していくことが可能になるかと思います。

この動画を視聴する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*