(おすすめ)アルペンスキーテクニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、小保内です。

本日、白樺湖ロイヤルヒルで初滑りをしてきました^^

まだ人工降雪のみの、狭いコースですが、日中も雪が降っていて、これからどんどんコンディションが上がっていって欲しいですね。

さて、今シーズンの初滑り、先日読んだこちらの本の内容を意識して滑ってみました。

理論的で、シンプルで、本質をついてくれています。
この1冊さえあれば、余計な情報を排除したいくらいです^^

特に「迎え角」と「接雪圧」の章は、コブを安定して滑るためにもとても重要になると感じました。

スピードを求められるアルペンスキーテクニックとして書かれていますが、

「では、ゆっくり滑るためにはこの逆の考えでいいのか。」

と、考えながら読むことができます。

皆さんも、ぜひ参考になさってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料メールレッスン:6日間無料で学ぶ!コブ斜面で失敗する理由と上達の秘訣

コブ斜面を滑ってみたいけど、一体どうやって練習しはじめればいいのか悩んでいませんか?これまで2000名以上のコブの滑りを見てきた中で、

・失敗する理由の8割を占めることとは?
・普段止まるときとは違います!減速の方法とは?
・吸収は必要ありません!

といったコブで失敗する理由と解決策を6日間にわたり無料でメールにてお届けします。ぜひコブ斜面攻略のイメージ作りにご活用ください。

 

無料登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 岡本裕子 より:

    こんばんは、岡本です。
    三年ほど前まで、コブ斜面を見ると怖くて逃げていたのですが
    近年、コブに入ってゆっくり滑る事に挑戦していますが、どこをどのように滑ったら良いかわからず、すぐに横にはみ出してしまいます。何度も人に教えてもらっているのに、どうしても出来ません。コブに挑戦する気持ちはあるのですが、身体が動かないのです。ゆっくりでも、確実にコブの中でターン出来るようになりたいのです。
    まずはどんな事を練習すれば良いですか?

    1. こんばんは、小保内です。

      まず最初に練習したいことはとにかくスキーをズラす事です。
      ターンの前半で、ターンの中盤で、ターンの後半で、全てでズラす。
      ズルズルズル。

      整地を滑りながらスキーの”線”がゲレンデに残らないように滑るよう練習してみてください。
      すぐに横にはみ出してしまうということは、、ターンの後半で線が残るような滑りになっているかもしれませんね。
      そうならないためのポイントは人それぞれで様々ですが、今コメント頂いた文章だけで想像すると(あくまでも想像ですが)まずは、スキーが走っていかない上記のようなズレズレのターンを意識して整地を滑ってみるのがいいかと思います。

      こちらで紹介した本にも大事なポイントが書かれています。
      特に迎え角の章をしっかり読み込んでみてください。

      最初はなかなか上手くいかないかもしれませんが、ゆっくりと練習していくことが大事ですので、焦らずコツコツと練習してみてくださいね^^

      1. 岡本裕子 より:

        ありがとうございます。
        今日、早速
        ターンの全てにおいて、ズレを意識した練習をしてみました。
        そこで気付いた事!
        ターン中盤から後半にかけて、
        私はいつも一気にスキーを踏みつけてターンを早く終わりにしようとしてしまい、腰がまわり、内倒していたので、
        様々な事がうまく行かなかったのかな?と思いました。
        じわじわとスキーを踏んで行き
        ずらしてゆっくりターンをしたら、しっかりターン弧が描く事が出来たような気がしました。
        一気にスキーを踏み込みターンを処理せず、始まりから終わりまで、ずらし続ける練習
        これはかなり効果的でした!
        明日もやってみようと思います。ありがとうございました!

        1. 岡本さま

          おはようございます。小保内です。
          はい、「一気にやらない」大事ですね^^

          ぜひ繰り返し練習して感覚をつかんでみてください!

コメントを残す

*