スキーのトップではなく、ブーツがコブの出口に当たるように意識してみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

10こんばんは、小保内雅行です。

岩手高原でコブレッスンを行った際の、私の動画を再度撮影してもらいました。

 

今回のレッスンで行ったのは、2種類の滑り方です。

 

1、急斜面や溝が横を向いているコブでコントロールしやすいコブの裏側を削るスライドターン。

2、緩斜面や溝が縦を向いているコブでコントロールしやすいコブの側面をズラすバンクターン。

 

このレッスンにご参加のお客様は上記の2種類の滑りを使い分けて行っていきました。

 

コブの形状や斜面に対してどの滑り方が、ゆっくりとコントロールして滑ることが出来るのか?

こんな事も分かると、どんな斜面でもどんなコブの形状でもゆっくりとコントロールして滑ることが出来てきますね^^

 

さて、今回の動画は1、のコブの裏側を削るスライドターンでコブのどこに向かっていけばいいのか?という点です。

 

コブの一番溝が深い場所に向かってコブに当たると、衝撃も強く大変です。

では、どこに向かえばいいのか?

 

答えは、コブの出口です。

 

ただし、コブの出口にただただ向かうのではなくコブの出口になるべくブーツが当たるように意識してみましょう!

スキーのトップではなく、ブーツがコブの出口に当たるようにです。

 

そうすることで、次のターンへの導入もスムーズに行うことが出来ます。

 

今回は、その説明をした後に私の滑りがあります。

また、今回は2種類の滑り方をしたので下の緩斜面になるところは、バンクでのターンに変えての滑りです。

 

コブの出口にはスキーのトップではなく、ブーツが当たるように意識してみてくださいね^^

 

また、コブに当たったときにはこちらも意識してみましょうね!

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね^^

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 渡部美穂 より:

    この滑りかたは、地元でもアドバイスをもらって少しトライしました。私には合っているように思いました。お陰で、こぶに少し入れるようになりました。シーズンは終わってしまったので残念ですが、来シーズン再チャレンジしたいです。イメージを忘れないためにこの動画は有り難かったです。

    1. 小保内雅行 より:

      渡辺様
      コメントありがとうございます!
      また、動画をご覧頂きありがとうございます^^
      ぜひ、参考にしていただければ嬉しいです!
      来シーズンの初めにまたご覧になってからコブにも挑戦してみてくださいね^^

      小保内雅行

コメントを残す

*