コブに当たるときは、姿勢が低くなりすぎない事を意識してみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは、小保内雅行です。

本日行った岩手高原でのコブレッスンでの私の滑りを動画で撮影してもらいました。

 

今日の内容は、ズラシ(横滑り)を中心にレッスンを行いました。

参加されたお客様は、2・3コブで弾かれる方でしたがレッスンが進むにつれてゆっくりとズラシの滑りが出来てきたので後半はコブに当たるときの注意点などを細かく行っていきました。

 

今日のお客様は、コブに当たるときに体が折れ曲がってしまい、おへそが引っ込んだ姿勢になりやすかったので、おへそを少し前に出すという意識を持たせてみました。

コブに当たるときに、おへそが引っ込んでしまうとお尻も下がりやすく後傾になりコブに弾かれて失敗しやすくなります。

ゆっくり滑っているときに後傾になっても少しは耐えれますが、徐々にリズムが上がるとコブで弾かれやすくなりますね。

そこで今回は、おへそを前に出すイメージを持ってコブに当たるを意識してリズムをあげてみました。

 

そのときのレッスンでの一部を動画に撮影してもらいましたのでぜひ参考にしてみてくださいね^^

 

姿勢が低くなりすぎない事。

こんな意識をもってコブに当たってみてくださいね^^

 

岩手高原でのレッスンは3/27(日)までとなります。

その後は、夏油高原スキー場でレッスンを開催します!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

動画:見て質問して自主練できる!コブ初心者のための動画マニュアル

通常のDVDとは違い、質問しながら自主練できるステップバイステップ動画をお届けします!普段雪上で行っているレッスンの内容をそのままに、

・階段1 「究極の低速」
・階段2 「丸い意識を消せ・ターンをバラバラに解体する」
・階段3 「完全停止からの始動と2つのラインどり」
・階段4 「コブを制覇する4つのラインと無数のバリエーション」
・階段5 「スピードメーターを広げる」

という5つのステップに分けられた動画を見て、質問しながら自主練習が可能になります。遠方でレッスンに参加できない方もぜひご活用ください!

動画マニュアルを見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*