良いひねりと悪いひねりの作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、小保内です。

昨日は直滑降姿勢を確認してみました。

今日は、直滑降からスキーを横に向けた時にできる「ひねり」について気を付けたい事です。

▼まずは悪い例をご覧ください。

上体を引いて、つまり上体でひねりを作ろうとしているのがわかるでしょうか。

ここで気を付けたいのは、そもそも上体は直滑降姿勢のままでいたい。
という事です。

なので、上体がスキーと同じ方向に回ることも無ければ、引く動きも無いはずです。

引いてしまうと、背中が起きて、次のターンに上手く入れなくなったりするので気を付けたいですね^^

ポイント:ひねりは、上体を引くことによって作るのではなく、スキーを動かした事によって作られる。

この点に気を付けて前回の動画をもう一度見てみましょう。

引く動作が出るという事は、その前に一旦回ってるのでは?とも考えられます。

では、体が回ってしまった時はどうするのか?

それは、回ってしまったら、それ以上回らないようにそこで止めるしかない

そしてそのまま次のターンで修正する。という事ですね。

上体を常に正面!
これは間違ってはいないのですが、これを意識した時に、上体を引いちゃう人が多いので注意しておきましょう^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

動画:見て質問して自主練できる!コブ初心者のための動画マニュアル

通常のDVDとは違い、質問しながら自主練できるステップバイステップ動画をお届けします!普段雪上で行っているレッスンの内容をそのままに、

・階段1 「究極の低速」
・階段2 「丸い意識を消せ・ターンをバラバラに解体する」
・階段3 「完全停止からの始動と2つのラインどり」
・階段4 「コブを制覇する4つのラインと無数のバリエーション」

という4つのステップに分けられた動画を見て、質問しながら自主練習が可能になります。遠方でレッスンに参加できない方もぜひご活用ください!

動画マニュアルを見る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*