「コブに入るとスキーが揃わない方」が確認したいポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、小保内(兄)です。

コブに入ると、

・スキーを揃えて滑る事ができない。
・小さなハの字が出てしまう。

そんな悩みをお持ちの方、多いかと思います。

そんな方に大切にしてほしいのが、「スキーを揃えて曲がる」その前に、スキーを揃えて真っ直ぐ滑れてるか?という事です。

ここで大切なポイントは、

・肩幅くらいのスタンスで行う
スキーの幅と同じだけ膝の幅をとる
(雪面に対してスキーがべったりと。膝の位置がスキーの真上。)
・エッジがいきなり立ちすぎないように、ズレながらスキーを横に向ける。

膝がスキーの幅よりもくっついていると、微妙にエッジが立ち、スキーを上手く動かせなかったり、動かしていくと小さなハの字ができたりします。

また、完全にスキーがくっついてるとスキーの幅と膝の幅の差がわかりにくいので、スタンス広めで確認するのがいいです。

コブって間隔が狭く、焦りますよね。

例えば低速で滑ろうと思う場合、スキーを横向きから横向きへ「早く回さなきゃ~!」という意識になりやすいですが、短い時間でいいので、スキーが横向き、そして次の横向きを作る前に、下を向く直滑降姿勢を入れるよう意識してみましょう。

あくまでも短い時間でいいので、しっかりとスキーが雪面に対しべったり(エッジが立っていない状態)を作ってから次のスキー操作を行うように心がけてみましょう。

細かいターンばかり繰り返していると、忘れやすいポイントですので、時々注意してみましょうね^^

この事は、こちらでもみっちり解説していますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

動画:見て質問して自主練できる!コブ初心者のための動画マニュアル

通常のDVDとは違い、質問しながら自主練できるステップバイステップ動画をお届けします!普段雪上で行っているレッスンの内容をそのままに、

・階段1 「究極の低速」
・階段2 「丸い意識を消せ・ターンをバラバラに解体する」
・階段3 「完全停止からの始動と2つのラインどり」
・階段4 「コブを制覇する4つのラインと無数のバリエーション」
・階段5 「スピードメーターを広げる」

という5つのステップに分けられた動画を見て、質問しながら自主練習が可能になります。遠方でレッスンに参加できない方もぜひご活用ください!

動画マニュアルを見る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*