上手くいかない部分を修正するには、その前を疑う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは
小保内です。
コブを滑っていて、小さなハの字ができてしまう方、多いかと思います。
↓こんな感じの

この写真はターンの終了、コブに当たった時のものですが、この谷スキーのエッジが残ったままで次のターンに入っていくと、めちゃくちゃたくさん質問を頂く
「内足が邪魔になって足が揃わないんですよ~・・」
という事になります。
つまり、ターンの始動で上手くスキーが揃わないのは、その前の終わり方が正しくないからという事が言えます。
上手くいかない部分を修正するためには、その前の姿勢が上手くできているのか?
一つ前から確認していくといいですね^^

この辺の事は、無料のこちらでもお伝えしてますよ^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >まつたにさん
    そうですね。
    巻き戻して、失敗する部分の前を修正する事で上手くいく場合も多いですね^^

  2. まつたに より:

    SECRET: 0
    PASS:
    この後、谷側に体を落とす動きになるんですよね。少し勇気もいるし、大きな重心移動をすることにもなるし悪循環ですよね。
    巻き戻し理論で頑張ります。

コメントを残す

*