ズルズルドンからの脱却

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

小保内です。
よくコブ初心者の方が最初にコブに入るときに教わるのが
『ズルズルドン』
かと思います。
スキーをクルッと回して、ズルズルと溝に向かって落ちていき
という動きですね。
何となくイメージつきますか?(笑)
この動き、私はほとんどやりません。
まったくやらないと言ってもいいかもしれません。

「他のスクールに入ると、最初はズルズルドンがスタートしますけど・・」
というお声をたくさん頂きますが、何故やらないのかには明確な理由があります。
それは、
「その滑り、普段の整地でやらないでしょ?」
という事ともう一つ
ズルズルドンを身に付けたのはいいけども、それから脱却できずにいる方をたくさん見ているからです。
コブを上達するために重要なのは、整地とコブで意識と動きを合致させる事ですが、
このズルズルドンは、普段の整地の滑りと、まったくリンクしていないと思いませんか?
(オプション、リカバリーとして覚えることはOKです。)
では、ズルズルドンではなく、あくまでも低速で、どんな練習でコブ斜面に入って行けばいいのか?
それをまとめているのがこちらです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*