つま先支点か、かかと支点か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

小保内です。
こちらをご覧の方にはお見せしていたのですが、こちらにもアップしておきます。
2月にマンツーレッスンを受講してくれたお客様がレッスン後に撮影してくれた動画です。

1.つま先を支点にテールを動かす
2.かかとを支点にトップを動かす

この2つによって、ズラす場所を変えて滑ることができます。
この動画では1のつま先支点を意識しています。
・コブの外側でズラしたいときは1番
・コブの内側でズラしたいときは2番

を使います。
コブは斜面によってバラバラで、ズラせる場所が制限されてきます。
大きく分けて、この2つの使い分けができないと、あらゆるコブ斜面での安定した滑りは難しくなります。
滑るラインにこだわるのではなく、どこなら板をズラせるの?という単純な視点でコブを見る事が大切ですね。
春特有の縦長のコブラインが滑れないという悩みを抱えている方は、この2つの使い分けをマスターして欲しいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >はっぱさん
    自分の滑るべきラインは、自分がどんなスピードでそんな滑りをしたいかによってバラバラですよ^^
    別に決まりはありません。
    ゆっくり滑りたいのであれば、記事にも書いてある通り、ラインどりばかりを考えるのではなく、どこなら板をズラせるのか?という視点でしっかりとコブを観察してみてくださいね^^

  2. はっぱ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    そうでしたか!
    3月の奥伊吹スクールのあと、福井県のスキージャム勝山に練習に行きました。
    が、どうも前回のコブと様子が違う。
    自分が滑るべきラインがわからない。
    後ろからモーグルのほぼ直滑降のような人々がすっ飛ばしてくる状況の中、思うように練習ができず、ヘコんでいました。
    春のコブは縦長なんですね!
    そのときはどんなライン取りをするのですか??

コメントを残す

*