コブ斜面を滑る際に気を付けたい「背中の傾き」について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、小保内です。

30度のコブ斜面をイメージします。

コブの上って、部分的に斜度が0度になったりしますよね。

多くの方は、斜面が0度になる場所(コブに当たる時)に背中の傾きが失われて失敗します。

斜度変化が激しいのがコブ斜面ですが、滑っている斜面全体が30度ならば、コブの中でもずっとそれに合わせた傾きを維持します。

たとえコブの上で斜度が0度になっても、30度に合わせた背中の傾きでコブに当たります。

1)コブに当たる前 スキー板(斜面)に対して背中の角度が垂直なのがわかりますよね。
$はじめてでもできる!コブ斜面の滑り方
2)そこから実際にコブに当たります。(斜度0度部分)
$はじめてでもできる!コブ斜面の滑り方

この時も背中の傾きは、スキー板の角度(0度)に対して垂直ではなく、コブに当たる前の傾きを維持してますよね。
むしろ、傾きがきつくなってるくらいです。

これ、かなり大事です。

多くの方が、2)の時に背中の傾きが失われて失敗します。

上の画像は以下の動画から切り取ったものです。

スキー板の角度と背中の角度に注目しながら確認してみてください。

特に、横からの場面を一時停止しながら見てみてください。

この背中の傾きをどういう練習で、どういうステップで身に付けていったら良いのか?

この動画のモデル木下さんとは、群馬県の奥利根スノーパークでコラボレッスンしますので、そこでみっちり練習していきます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

動画:見て質問して自主練できる!コブ初心者のための動画マニュアル

通常のDVDとは違い、質問しながら自主練できるステップバイステップ動画をお届けします!普段雪上で行っているレッスンの内容をそのままに、

・階段1 「究極の低速」
・階段2 「丸い意識を消せ・ターンをバラバラに解体する」
・階段3 「完全停止からの始動と2つのラインどり」
・階段4 「コブを制覇する4つのラインと無数のバリエーション」
・階段5 「スピードメーターを広げる」

という5つのステップに分けられた動画を見て、質問しながら自主練習が可能になります。遠方でレッスンに参加できない方もぜひご活用ください!

動画マニュアルを見る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*