スピードを出した方が楽

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

小保内です。
昨日、
整地とコブのイメージスピードを合致させることが重要だとお知らせしました。
ほとんどの方が普段整地で滑っているスピードがコブで滑りたいスピードより早くなってしまっている場合が多いので、整地ではかなりゆっくりをイメージしなくてはいけません。
では、何でスピードが出てしまうかというと、
スピードを出した方がターンの切り返しが
”楽だから”
です。
ターンの切り返しで一番難しいのは、スピードが無い状態つまり停止した状態からの切り返しです。
この、停止した状態からの切り返しというのをレッスンの初めにたくさん取り入れてます。
$はじめてでもできる!コブ斜面の滑り方
これ、意外にできない人が多いんですよね^^
斜面に対して、板が横を向いて止まっている状態から、板を下に向けて、反対の横に向ける。
ターンと言う感じはしませんが、まったくスピードが無いので、非常に難しいです。
普段どれだけスピードに頼ってターンを切り返しているのかがわかると思います。
雪面に対して、スキーのエッジが立たないようにべったりと板の裏全体にのり、足元で自らスキーを操作する事がポイントですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >相田研一さん
    なるべく動画を盛り込んでお伝えできるようにがんばりますね。DVDも検討してみます。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >♂のja-pyさん
    沖縄からありがとうございます^^
    少しでもお役にたてると幸いです。

  3. ♂のja-py より:

    SECRET: 0
    PASS:
    沖縄からです。
    20年SKIしてません。
    勉強になります、いまさらですが

  4. 相田研一 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    子保内さん
    いっもメールありがとうございます。
    メールですと、文章なので
    いまいち分かりづらいです。
    前にも申したように、初心者のための
    DVDを作成していただければ
    ありがたいです。
    また、販売も考えてはいかがでしょうか。
    コブのDVDも多数販売されていますが
    今まで、納得するDVDがありませんでした。
    中級以上のものがほとんどです。

コメントを残す

*