スピードを抑えたくても、すぐにターンを仕上げない!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは
小保内です。
春ですね^^
どこのスキー場も雪グサグサだと思います。
以前もお伝えしましたが、この時期特有の縦溝のコブラインについて、たくさん質問を頂いています。
お客様のお話を聞いていると、急斜面のコブの方が板を横にしやすいのでスピードを抑えやすい。
逆に緩斜面の縦溝のコブラインは、板を横にできなくて、スピードがどんどん出てしまいます。
といった声が非常に多いです。
・緩斜面のコブの方がスピードを抑えにくい。
・緩斜面なのにスピードが出てしまう。

普通であれば、急斜面の方がスピードがでやすいですよね。
矛盾しているように思いますが、この悩みを抱えている方が多いんですね。
縦溝(緩斜面)のコブでスピードを抑えられない理由のひとつに、急いでターンを仕上げようとしすぎというのがあります。
スピードを抑えようとする時、板を横にするのを焦ってしまうんですね。
つまり、コブに当たる前に板を横にしようとしすぎちゃうんですね。
すると、溝に入ってしまいます。
しかし、溝は縦溝なので、板を横にできませんね。
すると、”スピードを抑えようと思っているのに”どんどん加速します。
以前もお伝えしましたが、そこで大事なのが、溝の外側(雪がモサモサ溜まっているところ)を使うことが重要になります。
加えてもうひとつ重要なポイントです。
外のモサモサに向かうのですが、そこでも板を横にすることを焦ってはいけません。
イメージとしては、
スキーのトップがモサモサに触れるまでは板を横にしません。
スキーのトップがモサモサに当たってからターンを仕上げようとしてみてください。

コブの出口、最後の最後でターンを仕上げるんです。
ピンポイントで板を横にできる場所が存在しています。
これは、繰り返しになりますが、焦って板を横にしてしまうと、絶対にできません。
縦溝のコブでは、スピードを抑えたいときでも、ターンの仕上げを待つ。
う~ん、最初はかなり難しいと思います。
先日プライベートでレッスンを受けてくれた有資格者の方でも結構苦戦しました。
これができれば、春雪縦溝でもゆっくりコントロール可能です^^
文章だけだと伝わりにくですね^^;
今度滑りに行った時に、まずはイメージしてみて、感想を頂ければと思います。
難しことではありますが、これができると滑りがかなり変わります。
そして、この技術を磨くのは春雪、縦溝のコブが最適です!

すぐに板を横にしてズルズルドンというコントロールしかできない方は、縦溝に苦戦していることと思います。
この時期に、しっかり弧を描いてコントロールする技術も身に付けましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*