コブに当たった後が問題です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは
小保内です。
コブに当たるときに上体がしっかりと傾いているかが大事だと書きました。
下の写真は、コブに当たった後、すでに次のコブへと向かうところですが、
多くの方がここでコントロールを失います。

$はじめてでもできる!コブ斜面の滑り方-コブ斜面の滑り方

コブに当たった後、次のコブへの”向かいはじめ”
つまり、斜度0度から一気に斜面が落ちるところです。
ゆっくり滑る場合、ここでしっかりと雪面を捉えることができるかどうかが安定のポイントになります。
なので、前回書いたように、コブに当たる部分(斜度0度)で、すでに写真の落ち込みに合わせて上体を傾けておかなくてはいけないんですね。
スピードコントロールはコブに当たる瞬間だけで行うものではありません。
ターンの始まりから行うことが重要です。
コブに当たる部分を捉えるのは簡単です。
問題は、コブに当たった後の落ち込みを捉えられるかです。
すると、繰り返しになりますが、以下の動画のように一定した速度を維持することが可能になります。
今日はその部分に着目して動画を見てみてください。
また見方が変わってくると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >ぎゃんさん
    上の動画は群馬の奥利根スノーパークで、下の動画は、岩手の岩手高原です^^

  2. ぎゃん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    何処のスキー場なんだろう~(*´ω`*)空いてるし、天気いいし、

コメントを残す

*