コブに入った時の上体の傾き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

小保内です。
まずはコブ止まる。
これが大事なのですが、この止まる時の姿勢が成功、失敗の分かれ道になります。
板を横向きにしっかり仕上げて、上体は斜面に対して下を向いている。
この捻りが大事ですが、
もう一点、大事なことが正面を向いている上体の”傾き”です。
コブの上って、斜度がスポット的に0度になったりします。
つまり、コブの上は、斜度が緩いのです。
しかし、そこから次のコブに向かうところはというと、非常に急斜面になっています。
多くの方が、コブに当たった時(斜度0度の部分で)に、上体の前方への傾きが無くなって、上体を起こしてしまいます。
コブの上で斜度が0度になっても、上体の傾きは、その斜面そのものの傾斜に合わせて、前方に傾いていなくてはいけません。
何となくイメージつきますでしょうか?
コブに当たったときに上体の傾きが維持されていることに注目して、
今一度こちらの動画を見てみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*