楽して滑りすぎです^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。
小保内です。
レッスンをしていて非常に多いのが、
「楽な姿勢で終わらせてしまう。」
ということです。
特にゆっくり滑るとき、止まるときです。
非常に窮屈な姿勢になります。
この窮屈な姿勢をとれるかどうかが、安定して滑れるかの鍵になります。
こちらの動画のように、上手な方はいとも簡単に、楽に滑っているように見えますが、とても窮屈な姿勢をとっています。
かつ、大きく運動しています。
特に板が横になったとき、板をしっかりと斜面に対して横にするのに対して、上体は斜面の下を向いています。
ゆっくり滑る(板を横にする)時も、このひねりが重要になります。
板と同じ方向を向いてしまった方が楽で、もちろんそういった滑りもできますが、今後よりなめらかに、スピードを上げるといったようにステップアップしていくには、絶対に必要なことなので、ターン後半でのひねり、ぜひ意識してみてください。
その時に上体が斜面に対して、下向きにしっかり傾いているのも忘れてはいけません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*