ゆっくりなのにエッジが立ちすぎていませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。
小保内祐一です。
雪を見てたらイメトレが始まってしまって止まりません。。
さて、コブ斜面をゆっくり滑る中で、エッジングでスピードを抑えようとする。
これ、非常に多い失敗パターンとなっております!
どういう時にエッジがより立つかイメージしてほしいのですが、
エッジはスピードが出れば出るほど立ちます。
つまり、ゆっくり滑るときはあんまり立ちません。
立たせる必要がありません。
エッジが立つということは、自分のスキー板と、重心(おへそのあたり)が離れるから立ちますね。
仮に、平らな場所で静止した状態でスキー板と重心を離してみます。
転びます。
しっかりと板の真上に重心をおいていないといけませんね。
ゆっくり滑りたい時に大事なのは、エッジではなく板の裏全体ということになります。
「ゆっくり滑りたい」

「エッジを立てる」
この2つが矛盾してしまうんですね。
普段整地で滑っているスピード感覚でコブに入ると、大体スピード出過ぎ、エッジ立て過ぎです。
そこで、普段滑っている時から気を付けてほしいことがあります。
それは、
急激に止まらないことです。
ハイスピードのターンから、急激にエッジングして止まる。
子供達の前でピシャ!と止まって、恰好をつけたいお父さんも、これは禁物です^^
コブで減速しようと思った時に、こういう癖が出てしまいます。
ゆっくりと時間をかけて止まるように普段から意識してみてくださいね^^
こんな小さなことからコブの上達につながっていきます。
普段のレッスンでも、いきなりコブで練習するわけではありません。
まずは整地。これが肝心ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*